みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,045

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第27回:「ベルサイユ宮殿」とその庭園②

 

引き続き「ベルサイユ宮殿」について。今回はその庭園について述べます。

「ベルサイユ宮殿」はパリの南西約22㎞の位置にありますが、近くに水源(川など)はありません。そこで、約10キロも離れたセーヌ川から水を引き込み作庭を行いました。これだけでも大変な工事であったでしょう。

この庭園部の設計・監督は「アンドルト・ル・ノートル」(1,613~1,700年)で、「平面幾何学式庭園」様式を確立した人物とも言われており、他に「デュイルリー庭園」「ヴォー=ル=ヴィコント城庭園」などがその作品としてよく知られています。

この庭園の最大の特色はそのスケールの大きさで、100万㎡に及ぶ総面積の大半を占めています。そして、この巨大さ自体が重要であった事を忘れてはなりません。宮殿から見える世界全てが庭園であり、来場者を圧倒するスケールが作庭の基本条件として求められたからです。勿論、その背景には絶対王者「ルイ14世」の意思が強く働いていました。これだけの巨大庭園を造るには約40年の歳月と36,000人の労働力が投入されたとされています(ちなみに、「ベルサイユ宮殿」本体の投入労力は25,000人程度)。まさに、空前の大工事であったという事。

庭園の基本レイアウトを見ると(「平面幾何学式庭園」の基本構成でもある)、まず中央部に「ビスタ」(軸線 or 通景線)と呼ばれる直線状の空間が通っており、全体が左右対称の幾何学的構成となっています。「ベルサイユ宮殿」の場合は、「ビスタ」の中央部を「カナル」と呼ばれる水路が十字に走り、その要所要所に池や噴水が配されています。さらに、その周辺には特有の幾何学模様に刈り込まれた植栽エリアがあり、全体が計算されつくした構成(庭園配置図参照)になっています。

また、本体となる宮殿(配置図右下)以外にも「大トリアノン離宮」「小トリアノン離宮」(配置図左上)があり、さらに庭園の外周を広大な樹林地帯が囲んでいます。庭園の主要部自体が広大であるのに、さらに樹林地帯で囲まれているため、冒頭で確認した通り「ベルサイユ宮殿」の庭園部はまさに<世界の全て>を連想させる唯一無二の空間となっています。

「ベルサイユ宮殿」の庭園でもう1つ注目すべき点は、「アポロン泉水」と言う巨大な池の存在。この池は、「ビスタ」の最後部にあり、庭園の広大さをさらに強調する圧倒的存在感を創り出しています。

最後に、(前項でも触れましたが)「ルイ14世」は民衆にこの巨大な庭園を開講しました事を付記しておきます。そこには自己の権威を見せつけると言った意思も働いていたでしょう。ただし、それだけではなく<民への優しさ>と言った一面も感じ取ることが出来きる行動とも言えます。現に、「ルイ14世」は民衆の間でも人気が高かったと言った評価が現代にまで伝わっています。

配置図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭園の配置図

噴水庭園

 

 

 

 

全景

 

ラトナ噴水

 

 

 

 

ラトナ噴水

 

幾何学的植栽

 

 

 

 

 

「ビスタ」周辺に配された特殊な刈込を行った植栽エリア

 

アポロン泉水

 

 

 

 

「アポロン泉水」・・・「ビスタ」最後部に造られた巨大な池

アンドルト・ル・ノートル

 

 

 

 

 

 

 

「アンドルト・ル・ノートル」・・・庭園の設計・監督。当時最も著名だった作庭家

イラスト1668年

 

 

 

 

 

庭園の全体イラスト(1,668年作画)・・・作庭当初の姿が分かる貴重な資料

所在地

 

 

 

 

 

「ベルサイユ宮殿」の所在地

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,044

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第26回:「ベルサイユ宮殿」とその庭園①

 

「平面幾何学式(フランス式)庭園」で最初に取り上げるのはやはり「ベルサイユ宮殿」の庭。同形式庭園流行の元を創り、しかもそのスケールを上回るものは以後も登場しなかったからです。なお、この機会に「平面幾何学式庭園」の基本構成についてももう少し詳しく補足しておきます。

「ルイ14世」と「ベルサイユ宮殿」

「ベルサイユ宮殿」を創ったには「ルイ14世」です。そして、この宮殿を語るにはどうしても「ルイ14世」についての知識が必要です。彼のある意味特異な存在がこの宮殿を生み出したからです。

「ルイ14世」(生歿:1,638~1,715年 在位:1,643~1,715年)でまず注目すべきは、72年という在位の長さで、ヨーロッパ系の王では最長と言われています。彼はルイ13世の長男として生まれ、父の急死によりわずか4歳で「ブルボン朝」の3代目国王となります。当然のことながら就任当初は補佐役が国を実効運営していたわけで、特に宰相ジュール・マザランが著名。彼の力でフロンドの乱を鎮圧するなど、(臣下にめ恵まれ)ある意味ラッキーな面もあり、王朝の足元を強固なものとします。

1,661年になると「ルイ14世」の親政時代が始まり、中央集権制を敷いた重商主義(商いを推奨するなどして国を富ませる)政策を推進。さらには、各地の紛争を抑え、オランダとの戦いにも勝利するなどして勢力を拡大していきます。そして元々大きな力を持っていた「ブルボン朝」の最盛期を創出し絶対君主体制を確立します。要するに、長いヨーロッパの歴史の中でも<最強の王>であったという事。

その「ルイ14世」が心血を注いだ建造物が「ベルサイユ宮殿」であり、約20年の歳月をかけ1,682年頃に一応の完成を見ます(ただし、この後も改修は続く)。ただし、「ベルサイユ宮殿」の元を作ったのは父ルイ13世で、1,624年頃狩猟のための館として建てられました。また、1,768年にはルイ15世が小トリアノン宮殿を追加建設・1,837年ルイ・フィリップ王が戦いの間を開設・1,871年にはドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われる・1,919年の「ヴェルサイユ条約」(第1次世界大戦終結のための条約。「鏡の間」にて締結)締結場所となるなど、絶えず歴史舞台にも登場してきました。それだけ重要な建造物だと言えるでしょう。

これだけの権力を持った「ルイ14世」ではありますが、王族だけではなく貴族も住まわせた・庭園へは民衆の出入りも許したなど、人心掌握術も身に着けた王で、庶民にもかなり人気があったようです。ただし、5代下となる「ルイ16世」の美妻「マリー・アントワネット」は同宮殿で贅を尽くしかつ反革命派のリーダーであったとして(異説あり)、フランス革命で処刑されるという悲劇の主人公も生み出します。

ルイ14世

 

 

 

 

 

 

 

「ルイ14世」
宮殿

 

 

 

 

「ベルサイユ宮殿」全景

 

鏡の間

 

 

 

 

「鏡の間」・・・第1次世界大戦終結の場(「ベルサイユ条約」締結)になった

 

 

マリー・アントワネット

 

 

 

 

 

 

 

 

「マリー・アントワネット」・・・フランス革命で処刑された悲劇の王妃

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,043

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第25回:「平面幾何学式庭園」の歴史と特性

 

前項ではヨーロッパ庭園の歩みについて述べました。今回からは「平面幾何学式(フランス式)庭園」について検証しますが、最初にどのようにして登場したか(歴史)・どのような特性を持っているのか・・・と言う2点について確認しておきます。

「平面幾何学式庭園」は「フランス式庭園」とも称されるように、フランスで誕生し全ヨーロッパへとその流行が広まりました。このような庭園が造られるようになったのは1,600年代の後半からで、年代的に見ても「露壇式(イタリア式)庭園」より後代の事です。つまり、「ペルシャ式庭園」やルネサンス時代に登場した「露壇式庭園」の影響を強く受けた庭園とも言えます。

ただし、フランスという地形・ルイ14世の影響が大きかったという2点が大きな変化を生み出しました。具体的には、ゆったりとした平野部で生まれた+極めて強い権力意識の支配者が生み出した・・・という事。結果、「ペルシャ式庭園」や「露壇式庭園」よりはるかに広大な庭園となりました。

「平面幾何学式庭園」発祥の最も大きな切っ掛けとなったのが「ベルサイユ宮殿」であったと言う事実も見逃すべきではありません。そう、「ベルサイユ宮殿」は広大な平野部に造られ、しかも圧倒的とも言える権力者(ルイ14世)が、他を制すると言う点も大きな目的の一つとして創出した建造物であったと言う事。従って、そこに併設された庭園も<世界の全て>と言ったイメージが盛り込まれました。もう少し分かりやすく言うと、主要部(宮殿等の建造物)から見た場合、<どこまでも庭園が続いており、他に何も見えない>と言った絶対的パワーが求められたという事です。結果、<広大+どこまでも見渡せる構成>が「平面幾何学式庭園」の最も大きな特性となりました。

「平面幾何学式庭園」の構成上の最大のポイントは、「ビスタ」と呼ばれる軸線を中心に広がって行くという点。つまり、中央部に庭園のメインとなる通路や水路が配置され、そこを中心に左右対称形の幾何学的なデザインンで広がって行くという事。こうすることで、巨大な空間を見通すことが出来、その圧倒的スケールが誇示されました。また、周辺部には巨大な樹木空間が設けられることが多く、塀や建物で囲わなくても<庭園外の景色が何も見えない>と言うのも大きな特徴と言えるでしょう。

1,600年代以前のフランスは様々な争いに巻き込まれ、住人(特に地方の有力者、等)は自ら土地や資産を守らなければならないという環境下にありました。従って、庭園も多数存在しましたが、殆どが建物に囲まれた中庭(プレオ)であり、それなりの高い価値を持ったものもあったようですが、少なくとも広く知られた現存する庭園は殆どありません。

対照的に、「平面幾何学式庭園」は圧倒的スケールと、著名な権力者(王や貴族)が建造したものが大多数で、歴史的な遺産・観光地として数多く残されています。だからこそ、現在のヨーロッパの庭園と言えば「平面幾何学式庭園」をイメージする人が圧倒的に多いというのが実情でしょう。

ブロワ城

 

 

 

 

ブロワ城(フランス・13~17世紀)・・・1,600年代以前のフランスでは庭園と言えば城などの建物内の中庭で、著名な現存物も少ない。

 

ヴィコント庭園

 

 

 

 

 

「ヴォー=ル=ヴェイコント城庭園」・・・典型的な「平面幾何学式庭園」

 

TOSHIBA Exif JPEG「ランブイエ城庭園」・・・広大さにまず目を奪われる

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,042

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第24回:ヨーロッパ庭園の流れ

 

庭園のルーツ探求から始まり、「ペルシャ式庭園」・古代ギリシャとローマの庭園事情・「露壇式(イタリア式)庭園」などに対する検証を行ってきました。この結果、明確にこれが庭園だと言えるものは「ペルシャ」に始まり(それ以前のものは伝説であったり、庭園の原点的なもので、BC500年頃の「ペルシャ」都市で発掘された庭園遺跡が現状では世界最古)、いわゆる「ペルシャ式庭園」と呼ばれるスタイルが最も古く確立された庭園様式と考えて良いでしょう。

建物や塀で囲まれている・幾何学的な構成・水を重視し中央に池がありそこから十字形に水路が走る・・・などがその主な形ですが、その後ヨーロッパで発展した庭園は全て「ペルシャ式庭園」の延長線上にあると見て良いでしょう。1,700~1,800年代になり始めてより自然観を重視した「風景式(イギリス式)庭園」と言うものが英国で登場しますが、それまでの庭園は全て「ペルシャ式庭園」のアレンジ形とも言えるかもしれません。

古代ギリシャ・ローマにおいても庭園(あるいは庭園の前段階的なもの)は造られ、火山爆発で姿を消した古代都市ポンペイの遺跡などにも庭園が存在し、この時点で少なくとも上流階級の人々は庭を造り大切にしていたことは間違いありません。ただ、「ペルシャ式庭園」の登場以後<これがヨーロッパで生まれたた庭園だ>と明確に言えるものが登場するなでには、その後約1,000年の時間を要します。つまり、古代ギリシャ・ローマ~ルネサンス時代までの間は、間違いなく多くの庭が存在したが、**様式と明確に言えかつ広く知られた現存物・遺跡は(何か考古学的な新発見がない限り)存在しないという事。従って、500~1,500年の約1,000年間はヨーロッパ庭園の暗黒時代と言えるのでは無いでしょうか?

ルネサンスとは1,300年代にイタリアで生まれ1,600年頃まで続いた文化・芸術活動の事。言葉自体は<再生>と言うフランス語です。従って、古き良き時代への復古が大きな特性ですが、明確な定義付けは研究者により大きく見解が異なり困難です。ただ、ペルシャ・イスラムとの関係性を無視できない文化であった事は間違いありません。なお、私たちが最もよく知る同時代の芸術家としては「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(イタリア、1,452~1,519年)、「ラファエロ・サンティ」(イタリア、1,483~1,520年)などを上げる事が出来ます。

庭園に話を戻します。既に前項で提示した通りこのルネサンス時代後半に登場し、ヨーロッパ庭園史の1ページを開いたのが「露壇式(イタリア式)庭園」です。幾何学系・丘陵を活かした景観と構成・過剰とも思える装飾性・・・などがその特色で、「ペルシャ式庭園」をルーツとしイタリアの芸術感覚と地形の特性を加えた庭園という事が出来るでしょう。

ヨーロッパ庭園の舞台はその後フランスへと移り、やがて全域に拡大。同時に、建築・文化・生活様式・芸術等の幅広い分野で無くてはならない存在となります。そして、この段階で確立された庭園様式が「平面幾何学式(フランス式)庭園」です。

 

人体図・ダヴィンチ

 

 

 

 

 

 

 

「レオナル・ド・ダヴィンチ」の「人体図」

 

 

ラファエロ

 

 

 

 

 

 

「ラファエロ・サンティ」の「アテナイの学堂」

 

フィレンツェ

 

 

 

 

 

 

 

「ルネサンス」を代表する町「フィレンツェ」

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,041

「世界のガーデン」第六章:「露壇式庭園」とその代表作品

 

第23回:「露壇式庭園」アラカルト

 

「露壇式庭園」について検証中。これまでに「メディチ家」「ランテ荘」「エステ荘」「ヴィラマダマ」を取り上げましたが、当然これ以外にも多数の名園が存在します。しかし、まとまった資料を入手することが困難なものが多いため、これ以降は主要なものをアラカルト(お好み料理)的に紹介しておきます。

*「ヴィラディスカステッロ」

「ヴィラディスカステッロ」はフィレンツェにあり、庭園は別荘とモンテ・モレロの丘の間にある丘陵地に作られています。「ニコロ・トリボロ」と言う人物の設計によるもので、特に植栽にこだわった点が一つの特色となっています。また、オレンジの木を大量に使った上部の庭・イトスギのトンネルがある下部の庭の2段構成となっており、一連の噴水で連結。その中心軸は丘の麓まで伸びています。

ヴィラディスカステッロ

 

 

 

 

「ヴィラディスカステッロ」の庭園内にあるヘラクレスとアンタイオスの噴水

 

ヴィラディスカステッロ・プラン

 

 

 

 

「ヴィラディスカステッロ」の全体プラン

 

*「ヴィラデステ」

「ヴィラデステ」はチボリにあり、ルネッサンス様式の作品としては最も壮大で保存状態の良いもの。イッポリト2世デステ枢機卿の依頼により作られたもので、ラテゥウムの平地を見下ろす丘の中腹を活用し建物と庭園が作られています。特に噴水施設が見事で、質・スケールともに超一流の作品となっています。

ヴィラデステ

 

 

 

 

 

「ヴィラデステ」のネプチューン噴水

 

ヴィラデステ・路地

 

 

 

 

 

「ヴィラデステ」の100の噴水路地

 

 

*「サクロ・ボスコ」

この作品(サクロ・ボスコ)は「マニエリスム」と呼ばれる絵画スタイルを取り入れたもので、ルネッサンススタイルとはかなり異なった特色ある庭。当時(1500年代後半)の同系庭園ではかなり贅沢な作品で、依頼者は「ピア・フランチェスコ・オルシーニ」と言う人物で、ヴォルマルツォと呼ばれる村にあります。庭の碑文には「偉大な旅人(貴方)が見た、恐ろしい顔・象・ライオン・鬼・ドラゴンがここに来た」と書かれています。

サクロ・ボスコ

 

 

 

 

 

「サクロ・ボスコ」の「地獄の鬼の口」

 

 

*「パドヴァの植物園」

ルネッサンス時代は<体系的な植物学が確立された時代>でもありました。その先陣を切ったのが「パドヴァ大学」で、世界発の植物園「パドヴァオルト」も創設。当然の事ながらそこには世界中の植物を集めた庭もありました。

パドヴァの植物園

 

 

 

 

 

パドヴァの植物園(アントニオ聖堂の現代彫刻から)

 

 

« 前のページ次のページ »