門柱にも「スーパーフェンス」! だからブロック代替NO1!

最近のエクステリアでブロックが一番多く使われている部分。答えは塀? 実は間違い! 確かに塀にはブロックを多用しますが、現在では殆どがフェンス設置用ベースとして(従って2段〜4段程度)。だから、<ブロック塀>と言えるものは極端に減りました。

では正解は。それは「門柱」。なぜなら、メーカーがセット販売しているシステム門柱以外、その殆どにブロックが使われているから。しかも、その機能上高さは1.4m以上(1.4m~1.6mが最も多く、時には1.8m以上も)。従って、「門柱」のほぼ全てが建築基準法対象となります。

 

このコーナーの写真は全て画像加工しています。また、提示写真が危険なものと言う訳ではなく、ブロック門柱のサンプルとしてピックアップしたものです。

200712211001000

最も多いモダンタイプのブロックベース門柱

 

中間_LI

 

 

 

 

 

モダン系と装飾系の中間タイプのブロックベース門柱

 

南欧風

 

 

 

 

 

装飾性の強いブロックベース門柱(南欧風?)

 

超多用途! 「スーパーフェンス」を使った「門柱」でお悩み解決!

では、システム門柱ではチョットと言う貴方。「門柱」をどうすれば・・・

ご安心ください。「スーパーフェンス」を有効活用すれば、殆どのお悩みを解決。オーソドックスな門柱から、斬新な門柱。さらにはゲートタイプまで、あらゆるタイプに対応可能であるから。だから、「スーパーフェンス」はブロック代替NO1商品!

 

シンプルな「縦格子タイプ門柱」

縦格子

 

 

 

 

 

 

 

 

天然木と「スーパーフェンス」部材を組み合わせたシンプルな縦格子タイプの門柱

 

 

軽やかな立体トラスを活かした門柱

モダン (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

「スーパーフェンス」部材と「木製立体トラス」を組み合わせた近未来型門柱。植物との相性も抜群!

 

 

「スーパーフェンス」+「木製立体トラス」門柱の展示例

トラス

 

 

 

 

 

 

 

上記プランを使った(最もシンプルなタイプ)の展示例。

 

ゲートタイプの「スーパーフェンス」部材を使えば簡単

ゲート

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなゲートタイプのプラン例(「スーパーフェンス」部材+天然木。

 

 

「スーパーフェンス」部材でシステム門柱スタイルだって!

 

システム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スーパーフェンス」部材を使ったシステム門柱スタイルの門廻り。

 

無敵の天然木「ウリン」・・・「ライフアップ」が断然お得!

樹脂木・アルミ木調製品・発砲系樹脂製品より高品質=「ウリン」 だから最強!

<「ウリン」の素晴らしさをもっと知ろう!>

ハードウッド「ウリン」のことはもうご存知でしょう。でも、「木樹脂(人工木)」「アルミ木調製品(ラミネート加工品)」「発泡樹脂系製品」より、多くの優れた側面を持っていることまではご存じない方も・・・

例えば<耐久性>ですが、一定のルールさえ守れば「ウリン」が最も優れています。また、工業製品の決定的課題と言える<自然との相性の悪さ>も、天然木である「ウリン」なら全く問題なし。風合い(自然観)に優れ、表面が熱くならない。また、冷たさ・自然との違和感もありません。

でも、赤い灰汁(アク)が出る。色が変化する。そのとおりです。ただ、赤い灰汁(ポリフェノール=タンニン)は耐久性をアップさせる要因。また、人体無害・簡単に落とせる(キッチンハイターで拭き取る)など、マイナス要因と考えること自体が問題では? 変色等の経年変化(小さなヒビワレが入る場合も)についても、使用には全く問題が無く、むしろ周辺の景観に溶け込み風合いが増すと考えるべきでしょう。

 

<「ライフアップ」は「ウリン」のオーソリティー>

でも、「ウリン」を使いこなすためには、極めて高い技術と実績が求められます。A:極めて堅く重い木であるため、特殊な加工・施工技術が必要 B:優れたデザインセンス・プラン能力が無いと単純な作品しか作れない C:強い仕入れ体制が無いと高額商品となってしまう・・・と言った事情によるもの。

でも「ライフアップ」なら安心・お得! その理由・・・

A・Bに関して・・・言葉より、「ライフアップ」とそのグループ企業の作品(実績)を見ていただければ(写真参照)一目瞭然!

CIMG5257-column1[1]

 

 

 

 

 

 

 

ハイデッキ①・・・品質だけではなく、「ウリン」を使えば、デッドスペースも有効に活用できます。

 

 

M_1-624x624[1]

 

 

 

 

 

 

 

ハイデッキ②・・・こんな施工は鉄骨でしかできない。とんでもありません。最強の木材「ウリン」なら多くの問題もクリア! でも、極めて高い技術が求められます。

 

2016-08-23-11.32.15[1]

 

 

 

 

 

 

 

パーティション・・・堅いとはいえ、天然木。だから、「ウリン」は高い技術とセンスさえあれば、あらゆるデザイン対応が可能。

 

P-23 画像②

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンステージ・・・「ウリン」は耐久性抜群。だから、地面に近いと言った過酷な条件にたいしても、かなりの無理がききます。だからこそ、お気に入りのガーデンステージは「ウリン」で!

 

IMG_9189-l[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

端材を活かした腰高の水廻りセット・・・このような、腰高位置にシンクのある水廻りはプライベートガーデンの必需品! でも、お値段が・・・ 「ウリン」の端材を使えばこんなお洒落で機能性抜群の水廻りセットもチョーお得に!

 

不二②ウリン塀

 

 

 

 

 

 

 

長尺目隠しフェンス・・・最近<目隠し>の依頼が急増! そんな時の一押しが「ウリン」。強度・耐久性抜群であるため、メーカー商品・他の木材では対応困難な場合も。そう、「ウリン」は<お悩み解決材>でもあります。

 

パネルパターン

 

 

 

 

 

 

アルミとのコラボネートも・・・アルミ柱(スーパーフェンスライト)と「ウリン」との組み合わせも最高! 「ライフアップ」なら「ウリン」も「アルミ柱(スーパーフェンスライト)」も超お値打ち価格で!

 

<「ウリン」は「ライフアップ」が断然お得・・・その理由!>

C:に関して・・・実は木材(当然「ウリン」も)はメーカー商品と異なり、これまでの実績等により、仕入れ価格に大きな差が出ます。でもご安心を! 「ライフアップ」は輸入元からの直接仕入れ。だから、断然お得なお値段でお客様にお届けできます。論より証拠、まずはお見積りを!

 

神戸・北摂耳寄り情報:ガレージバルコニー!

3.3㎡当たり30〜35万円で夢の空間! 一等地&目隠しフェンス付!

1968d8410d226c6aa9819e40b246949a-column1[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

1台用「ガレージバルコニープラン」・・・神戸市・北摂と言う高地価エリアで、3.3㎡当たり30〜35万円で理想の空間が手に入る。それが「ライフアップ」のガレージバルコニープラン!

 

f8197ebd4351b359bc8065c5cd46d862-column1[1]

 

 

 

 

 

 

 

地上2階の最高条件・・・2階だから陽当たり抜群! 家屋から直接ガーデンへ! 目隠しフェンス付だから安心! プライベートガーデン作りの費用も格安!

 

敷地が狭くて、素敵なガーデンライフなど諦めていた。土地を買いたすにも3.3㎡当たり50万円以上もして手が出なかった。いえいえ、「ライフアップ」の「ガレージバルコニープラン」なら大丈夫。提示の通り、3.3㎡当たり30〜35万円(ガレージ1台用・約15㎡≒150万円、ガレージ2台用・約25㎡≒250万円)で理想の空間が手に入ります。しかも、「ウリン」材を使うため、強度・耐久性も抜群で、変形地対応も問題なし。

さらにさらに・・・2階なので陽当たり抜群・建物から直接ガーデンへ・目隠しフェンス付で土処理費用も不要で、ガーデン作りのコストも軽減。まさに言う事なし!

 

haidekki1[1]

 

 

 

 

2台用の施工例

 

haidekki2[1]

 

 

 

 

変形地の施工例

 

「ライフアップ」詳細情報・・・左をクリック!

 

お手入れしにくい草目地と駐車スペース増設リフォーム  枚方市

ホームページの施工事例を更新しました。

 

http://www.ecomake.jp/works/minireform/sekourei133.html

よく、お手軽な駐車スペースのアレンジとして採用されるタマリュウなどの草目地。

でも、車は週末しか使わない、カーポートを後から設置した、などの理由で水不足や日照不足になり枯れてしまった事例をこれまでたくさん目にしてきました。

車をどのくらい駐車しているのかという、ちょっとしたことなのですが、ライフスタイルに直結している内容。
草目地を採用するかしないかの重要なポイントだと思います。

このリフォーム、実は結構ややこしい。

目地の隙間と同じ材料が極めて少ない!!!

ピンコロ石は90mm角といっても実際はぴったりではないし。。。

こんなに細く防草シート切って砂利を敷いてって・・・・その防草シートとコンクリートの隙間から雑草が生えたりして、はたしてその手間に見合っているのだろうかとか。。。。

モルタル塗ったらええやん。

 

なんか変。

 

っていうかなんでもモルタルいうけど・・・きっとモルタルは無敵だという都市伝説があるように思う今日この頃。。。

実はDIYでも苦戦している方多いのでは。。。。

そこで、今回初登場。

雑草の種子の育成を抑制する砂利。

“雑草抑制石ニューバスターズ”

の登場です。

施工前

DSC_0493

 

施工後

施工後2

 

ハードウッド”ウリン材”で作るガーデンステージとジューンベリーを楽しむ庭 高槻市

中古物件をご購入され、建物のリフォームは終了。これから庭造りをというタイミングでお問合せいただいたお客様。
ウッドデッキでも少し通常とは違う配置のご提案。古い立水栓も取替え。洋風外観の建物とイマイチイメージが合わず、またお手入れの大変なマキの木を撤去し、果実・花・紅葉を楽しめるジューンベリーの木とミニロックガーデンを作りました。

これから少しずつ庭作りを進めていこうと考えておられるとのこと。
土のスペースが広くいろんな楽しみ方ができそうなお庭です。

お子様の成長に合わせていろんな景色が産まれてきそうなお庭。

ここからがお庭創りのスタート。

よく、家庭とは「家」と「庭」を合わせて「家庭」であるなんてことをよくこのお仕事をしていると耳にすることが多いのですが、
施工中もお子様がお庭を駆け回ったり、土遊びをされていたり、と、それを体現している空間だなあと感じました。

いろいろありがとうございました。

 

IMG_20160419_145923

 

IMG_20160419_150007

 

IMG_20160421_100519

 

 

この施工事例の詳細は当店ホームページのこちらをご覧ください。

 

ハードウッド”ウリン材”で作るガーデンステージとジューンベリーを楽しむ庭 高槻市

 

 

次のページ »