egg加盟メーカー紹介

木匠ってこんな会社です。 私たちは、「木の復権」を掲げて昭和の時代に会社を設立、伝統的な木の組み方を継承する宮大工さんに基本的な考え方を教わりながら、モノづくりを続けてきました。   そして永年「木製品は手づくりが基本」「住まいは買うものではなく造るもの」という考えに立って、その主旨を理解していただける人達に対し、様々な木製品や住空間を提供してきました。   「木」は触ることからすべてが始まります。 それぞれの樹種の 木目の美しさ、硬さ、重さ、温もり、をまず感じ取り、自ら刃物を入れることで素材の持つ 強さ、匂い、クセ を知り刺激された五感を通して自然界の多くの情報を受け取り、作りながら気付き、感性を磨いていく楽しさを味わうものなのです。   これらの本能を少しでも身近に感じていただけるよう、これからも木製品をみなさまのもとに届け続けようと考えています。   木匠のホームページはこちら → http://www.mokusyou.jp

[2021年03月10日] 木匠:「杉」語り(スギ がたり)②

「杉」語り(スギ がたり)②

 

<「杉」その木材としての魅力と社会的課題>

 

4:「杉」をどう使うか

既に提示した通り、「杉」は日本全国に自生しており、加えて大量に植林されています。従って、<(ヒノキと共に)最も入手しやすい国産木材>となっています。安定供給が可能だと言う事。

ただその一方で、植林材の定期的管理(間伐、等)・伐採が出来ず、人工林が荒れ災害の原因にもなると言った社会的課題も出てきています。また、折角成長した「杉」を伐採しても、チップにしバイオエネルギー用の原料とする・小さくカットし集成材用の材料にするなど、その価値を活かせない使用法も急増。つまり、<「杉」はより多く伐採し、その価値を活かせる使用方法を見つける>事こそ重要課題となっていると言う事です。

災害

 

 

 

 

 

 

災害の要因にもなる日本の人工林

 

 

5:杉材に対する誤解

「杉」の木材としての特性は既に一部提示した通り、軽く加工性が良い・柔らかく風合い(肌ざわり、等)に優れる・・・など、建材など加工用木材に適しています。その一方で、<杉は安物でヒノキは高級品>と言った間違った認識を持つ人も少なくありません。

確かに、<最も安価な国産木材>と言う側面もります。ただし、それはあくまで一般的建材に限られた事。実は、「杉」ほど<廉価木材~超高級木材>まで幅広く活用されている国産木材は他に例を見ないと言う事です。

例えば、「赤無節(あかむぶし)」と呼ばれる部位を用いたもの・北山杉(京都産)の手磨き床柱などは古くから最高級木材として高い評価を得ています。また、屋久杉(屋久島産の樹齢1,000年以上の杉)材も最高級工芸用木材として広く知られています。

従って、「杉」を正しく評価し正しい使い方をするためには、価格ではなく<その特性をどう活かす>が最重要課題となります。

屋久杉の湯飲み

 

 

 

 

 

 

屋久杉製の湯飲み

 

<「杉」がエクステリアに最適である理由>

 

6:「杉」の赤身(芯材)に注目

「杉」の赤身(芯材)は極めて耐久性に優れている(腐りにくい)。既に提示した通りです。この特性は「セコイア」の遺伝子を引き継いでいる事によるのかも?

それだけではありません。大木になると赤身の比率が増える・日本の林業事情で逆に大木が入手しやすい・良材でありながら赤身は建築材としては意外に不人気(白木が好まれる)・・・と言った要因も見逃せません。

つまり「杉」の赤身材は、その価値・希少性・加工に関する手間などの条件の割には、安定的に利用可能なコストでの供給可能だと言う事。

 

7:「杉」に新たな可能性を拓く「エクステリア」と言う世界

では、「杉」の赤身材の最適利用方法とは。それは<屋外での使用>。そう、「杉」の赤身は<最適エクステリア(住まいの屋外空間)材>であるわけです。加えて、その市場を切り拓くと言う事は、「杉」に新たな命を吹き込み・(林業・木材業等を通じ)地域活性化に繋がり・自然災害から日本を守り・環境整備(地球温暖化防止、等)にもつながると言う事です。

今、政府も<国産材の見直し>に力を入れ、各種補助金制度も設けています。ただ、それを利用しようとする殆どの企業も含め<上から目線>である事は否めません

勿論、私達(egg-加盟企業)も条件が合えば補助金を活用する事にやぶさかではありません。ただ、あくまでも<一般のお客様と共に、エクステリア材としての「杉」活用>に全力投球していく所存です。

<奇跡の木「杉」>。このかけがえのない日本の財産に新たなスポットライトを!

杉柾施工例①「myガーデン」

 

 

 

 

「杉」の<柾目引・赤身材(芯材)>を使ったデッキ。耐久性に優れしかも抜群の風合い

 

つづく

取り扱い商品

災害
木匠:「杉」語り(スギ がたり)②
「杉」語り(スギ がたり)②   <「杉」その木材としての魅力と社会的課題>   4:「杉」をどう使うか [...]
スギ
木匠:「杉」語り(スギ がたり)①
「杉」語り(スギ がたり)①   「杉」について少しだけ話したいと思います。それだけのロマンと魅力を持った木であるから。え[...]
EPSON MFP image
木匠:商品情報 注目の国産エクステリア専用材「杉柾」「赤杉」!
「杉柾」・・・1クラス上のデッキ。抜群の耐久性と風合い! [caption id="attachment_51622" align="al[...]
杉柾
話題沸騰! 純国産エクステリア専用木材「杉(スギマサ)柾」
良い物が欲しい! 納得のいく値段! 地球温暖化(環境)対策に貢献!   商品購入時、そんな考えを持つ、ちょっぴりインテリタ[...]