みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,046

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第27回:「ヴォール=ル=ヴィコント城庭園」

 

前項でも指摘した通り、「平面幾何学式(フランス式)庭園」の様式を確立したのは、「ベルサイユ宮殿」の作庭で見知られる「ル・ノートル」だとされています。従って、彼の他の作品から紹介していきます。まずは「ヴォール=ル=ヴィコント城」から。

「ヴォール=ル=ヴィコント城」はフランスのセーヌ県・マンシーと言う場所にあり、17世紀に建てられました。バロック様式の代表的な城としても良く知られています。築城者は「ルイ14世」の家臣で大蔵大臣とも言うべき立場にあった「ニコラ・フーケ」。建物は「ル・ヴォー」・庭園は「ル・ノートル」が担当し、両者とも当時最高の建築&造園家でもあったとされています。

特に、「ル・ノートル」が造った庭園は、バロック様式の流れを汲んだ最高傑作の1つ。特色としては、当時の主流派であった傾斜などの地形を巧みに利用した「露壇式(イタリア式)庭園」の作庭理論を大きく変化させ、フランスの環境に合わせた画期的大変革が行われた点にありました。

具体的には、寒冷で高湿度・平坦な地形と言う2点を最大限に活かした点が決定的相違となりました。従って、イタリア式よりはるかに広い庭園となり、しかもその広さを十分に活用するため、軸線(ビスタ)を設け、主要部から広くても全てが見渡せるレイアウトにしています。そして、池・水路などを有効に使いさらに噴水などのモニュメントで、全体バランスを整える事により平凡さを排除。また、植栽に使われる樹種・草花もフランスに適したものに変え、さらに幾何学状に刈り込んだグリーンゾーンを設けることで、庭園に潤いをもたらしています。

その他、カスケードと呼ばれる、建物のベランダ等のメイン鑑賞ポイントから人工の高低差を設け、広大な庭園の全てを見渡せる演出も、人々を驚嘆させる大きな要因となりました。

このように、「ヴォール=ル=ヴィコント城庭園」を詳細に見ていくと、まさに「平面幾何学式庭園」のベースが内包されたいたことが分かります。

しかし、歴史は皮肉なもので、城主の「ニコラ・フーケ」は「ヴォール=ル=ヴィコント城」があまりに見事な出来栄えであったため、「ルイ14世」の不興を買い没落。建設に従事した「ル・ヴォー」と「ル・ノートル」は、その後、「ルイ14世」の命により「ベルサイユ宮殿」の建設・作庭に従事する事となります。おそらく、「ルイ14世」の<何としても「ヴォール=ル=ヴィコント城」より素晴らしいものを創る>と言う意地が、ベルサイユ誕生の背景にあったという事でしょう。

そして、「ル・ノートル」は「ベルサイユ宮殿」の作庭で、「平面幾何学式庭園」と言う新しい庭園様式を確立し、ヨーロッパ全土の主流派となったばかりか、庭園史に燦然と輝くページを刻み込むことになります。

「ニコラ・フーケ」が「ヴォール=ル=ヴィコント城」を築城しなかったならば? その出来栄えが素晴らしいものでなかったならば? 「ベルサイユ宮殿」もまた別の姿に???

ヴォー=ル=ヴィコント庭園

 

 

 

 

「ヴォール=ル=ヴィコント城庭園」・・・「ベルサイユ宮殿」の前に造られた「ル・ノートル」作品。その素晴らしさゆえに数奇な運命を辿る。

 

 

ヴォー=ル=ヴィコント城

 

 

 

 

「ヴォール=ル=ヴィコント城」

 

 

県の位置

 

 

 

 

 

 

 

フランスのセーヌ県

 

県の紋章

 

 

 

 

 

 

 

セーヌ県の紋章

 

夏季休業のお知らせ

こんにちは!住まいの総合ショップ、リフォームやましたです(^^)/

いつも、当店をご利用いただきありがとうごいます。
誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。

■夏季休業期間:
2020年8月13日(木)~8月16日(日)

※2020年8月17日(月)より、通常通り営業いたします。

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

株)リフォームやました 木藤
神奈川県厚木市上依知1363-1
電話 046-245-0481
フリーダイヤル 0120-45-0408
FAX 046-245-2246
http://www.ofuro-reform.com/index.html
http://www.gaikou1.com

fhdfjd

イベントのお知らせ

8月8日土曜日 朝刊にチラシ入れます。

こんな ご時世ですが ぷちイベントも開催します。

もちろん お庭のお困りごとの御相談も承ります。

チラシ表チラシ裏

ぜひ、遊びにきてください。

 

大葉とシソは同じもの?

大葉とシソは同じもの?

「しそ」と「大葉」違いは呼び名だけです。

「しそ」というのは、シソ科シソ属に分類される植物全般を指します。

「大葉」は、青ジソを葉の形状のまま香味野菜として使用する場合のみに使われる呼称です。食用の香味野菜として販売されるときは「大葉」と呼ばれ、植物として青じその葉を指すときには「大葉」と呼びません。

 

大葉と呼ばれるようになったのは、青ジソを販売する際にシソの芽と葉の区別が必要となったためと言われています。

 

また、地域によっても呼び方の違いがあるようです。

シソと呼ぶのは、中部地方から東の日本海側に多く、関西より西では大葉と呼ぶことが多いそうです。

 

シソと呼ばれるものに赤ジソがありますが、青ジソが通年市場に出回るのに対し、赤ジソは初夏が旬となります。

 

シソの活用方法

 

シソにはβ-カロテンやカリウム、ビタミンK、ビタミンCなど栄養素が豊富に含まれています。

栄養素以外にも、しその爽やかな香りは「ベリルアルデヒド」という成分によるもので、消化不良や食欲不振を解消してくれる効果があるといわれています。

赤ジソは、ジュースや梅干しの色付けに使われることが多い品種です。

赤ジソに含まれるシソニンは梅にたくさん含まれているクエン酸と反応することで、青い梅の実をきれいな赤色に変える役割を担う色素成分で、梅干しを作る際にも活躍しています。赤ジソでつくるジュースは疲労回復効果や食欲増進作用があります。

 

また、シソ自体にピロリ菌の抗菌、防腐作用がありますので、食中毒発生しやすい夏のレジャーやスポーツのお弁当に入れるのもおすすめです。

180度で15分加熱してパリパリにしたシソを砕けば、お手軽自家製ふりかけの完成です。

 

保存方法

濡らした新聞紙やキッチンペーパーにくるんでから冷蔵庫で保存しましょう。

1〜2週間保存しておくことができます。

冷凍する際は、さっと水洗いし水気を切り、シソ同士がくっついてしまわないように密閉袋などに入れて保存します。1ヶ月ほど持つので、長期保存したい場合は冷凍にしましょう。