みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,093

「納得!エクステリア講座」第26回・・・憧れのエクステリアイメージ?

エクステリアの代表的デザインについて検証してきました。その多くが、単に表面的な形だけではなく、それぞれの歴史・社会性・文化をもったののであることをご理解願えたでしょうか。だからこそ、それらの意味を知る事で、あなた自身の世界がより大きな広がりとなるでしょう。

その一方で、代表的エクステリアデザインには加えなかったが、多くの人の憧れとなっている様式(世界)と言うものもあります。この項ではそれについて・・・

<コッツウォルズ・バルビゾン・モネ、etc>

エクステリア(住まいの屋外空間)を考えるうえで、<憧れの世界>は無限にあると言っても過言ではないでしょう。ただ、多くの人に共通する憧れも間違いなく存在します。そして、ほぼ誰もが認めるキーワードとして、コッツウォルズ地方・バルビゾン・モネをピックアップすることが出来ます。この点について、もう少し詳しく・・・

*コッツウォルズ地方・・・イングランド中央部にある地域(都市)。同時に、あの有名な(石灰岩)コッツウォルズ・ストーンの産地でもあります。そして、地元のこの石を建物の外観(壁、等)やエクステリア(塀、等)に使う事で、素晴らしい景観を創り出している事は周知の通り。結果、ガーデン好きの憧れにもなりました。

また、コッツウォルズ・ストーンは世界中で販売され日本にも輸入されています。そればかりか、同イメージを取り入れた擬石(コンクリート製品)も多数開発されています。

*バルビゾン・・・フランス中北部の都市。ミレーを始めとする芸術家が集まり、その多くが農村風景のような心安らぐ作品を発表(最も有名な作品が、ミレーの「落穂ひろい」)し、バルビゾン派と呼ばれ注目を集めました。結果、エクステリアの分野においても、カントリーガーデンの原点と言った役割を果たしています。ただし、現在は観光地となり当時のイメージとはかなら差があるかも・・・

*クロード・モネ(1860〜1926、印象派の画家)・・・モネは個人の名で、コッツウォルズやバルビゾンと同列に並べることは出来ません。ただし、晩年(1900年代)には<池・橋・睡蓮等が描かれた絵>を残し、かつそのイメージを活かした庭も創りました。また、そのイメージを元にした<モネの庭>と呼ばれる作品も世界各所で造られ、一つの<憧れのガーデンイメージ>にもなっています。

これらもまた、単なる形ではなく、歴史・芸術・文化と言った流れの中で確立されたもの。だからこそ、多くガーデン好きを今も魅了し続けていると言っても良いでしょう。

そこで本日の一口アドバイス。

「形の奥に歴史と文化あり! エクステリアデザインを考える時そんな事も・・・」

(みずき りょう)

 

26:コッツウォルズ

 

 

 

 

 

 

コッツウォルズの風景・・・コッツウォルズ・ストーンを使い(現在も)街づくりが行われている。そして<ハチミツ色の街・エリア>として世界の憧れゾーンに! 勿論、ガーデン好きに取っても垂涎の世界。コッツウォルズ・ストーンやその擬石は日本での販売されている。

 

Barbizon_-Atelier_Millet_(2)[1]

 

 

 

 

 

 

バルビゾンにある<ミレーのアトリエ>・・・ミレーを始めとするバルビゾン派の芸術家が多く集まったため、街自体が憧れのエリアとなった。ガーデンの世界においても、カントリーガーデンの原点的役割を果たした。ただし、現在は観光都市となっている。

 

Claude_Monet,_French_-_The_Japanese_Footbridge_and_the_Water_Lily_Pool,_Giverny_-_Google_Art_Project[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

モネの絵(シルヴェーニーの日本橋と水連の池)・・・モネは印象派の代表的画家。晩年には池・橋・水連などのある庭の絵を残した。また、同イメージを取り入れた庭も作った。だからこそ<モネの庭>は現在も、ガーデン好きの聖域にも・・・

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,092

「納得!エクステリア講座」第25回・・・<3種の「和風」>その相違と特性?

「和風」の歴史を探りました。おおよその流れを掴んで頂けたでしょうか? 今回は、それを前提に現代のエクステリアでも生きている「純和風」「新和風」「和モダン」について検証します。

<3種の「和風」=3種類のデザインではない?>

現代のエクステリアでは、「純和風」「新和風」「和モダン」と言うデザイン分類が良く使われます。では、この3種とはどのようなデザインの事で、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか? それを確認する為、まずそれぞれの特性を提示しておきます。

「純和風」:寺院・豪邸の「重厚な門・塀」で囲まれ、内部に「和風庭園(造園)」が造られたようなタイプ。その呼称が示している通り、典型的(あるいは伝統的)な「和風」の外構・庭園(造園)と思われているが、日本建築・庭園の歴史を観ても分かる通り、必ずしもそうとは言えない。また、このようなタイプの外構・ガーデンが造られることはごく希。

「新和風」:特別なデザイン定義があるわけではない。むしろ、現代風にアレンジされた「和風」・・・と言った柔軟な解釈をすべきであろう。特徴としては、雑木を多く使う・全体に軽い感じ・ガーデン部を塀で囲わない場合もある・従ってフロントガーデンの外部から見える部分にも良く使われる、と言った点を挙げることが出来る。「和モダン」≒「新和風」と解釈する事も多いが、厳密に言うと間違い。

「和モダン」:モダン系でシンプルでシャープなイメージ。ただし、「室町時代」に登場した伝統的デザインで、「書院造」「数寄屋造」「露地(茶庭)」と言ったものが大きく影響しており、新しい「和風」と解釈するのは誤り。直線&幾何学的ライン(円形、等)・単純な色使い・雑木や繊細な感覚を重視した植栽、と言った特性を持つ。また、「和」「洋」を問わずモダン系エクステリアが主流となっており、「和モダン」が<「和風」復活>の要因にもなっている。

日本人に取り「和風」は欠かせないものです。エクステリア(住まいの屋外空間)についても同様。それは長い伝統と生活に染み付いたものであるからです。ただし、誤解や誤った認識で敬遠される・質の悪い使い方をされる・・・と言ったマイナスの動きがあったことも事実。無理に「和風」にこだわる必要はありませんが、その長所をもっと引き出し、有効活用すべきでしょう。場合によっては、全体は「洋風」でも部分的には「和」と言った使い分けも面白いでしょう。

そこで本日の一口アドバイス。

「純和風・新和風・和モダンの違いとその特性を理解。そして暮らしをエンジョイ!」

(みずき りょう)

 

25:純和風

 

 

 

 

 

 

 

「純和風」・・・素晴らしい外構・ガーデンデザインである事は言うまでもない。ただ、このようなタイプが伝統的「和」の代表であったかと言うと、必ずしのそうではない。むしろ、江戸時代以降の「大名庭園」が各所で造られるようになり、主流のイメージが出来上がったと言える。

 

25:新和風

 

 

 

 

 

 

 

「新和風」・・・「和」の良さを現代生活に有効活用したもの。<これが「新和風」>と言った定義はないが、このように塀を造らないオープンスタイルにも良くマッチする。ある意味、「純和風」以上にセンスが問われるデザインと言えるかも知れない。

 

25:和モダン

 

 

 

 

 

 

「和モダン」・・・「和モダン」は一見現代的だが、むしろ<伝統的「和」>とも言える。それは、「書院造」「数寄屋造」「露地(茶庭)」等と深いかかわりがあるため。世界に先駆け<モダン系>を登場させたのは日本である事も忘れてはならない!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,091

「納得!エクステリア講座」第24回・・・「和風」デザインの分類と特性②!

引き続き、「和風」デザインについて。今回は、室町時代〜現代に至る日本の庭園・建築・文化の変遷について・・・

<臨済禅・北山文化、そして夢窓疎石???>

前項で指摘したように、鎌倉時代、つまり武家の世になり、「武家造」と言う様式が登場します。しかし、それは「寝殿造」の亜流とも言うべき物でした。

ところが、室町時代になると、武家文化と貴族文化が再度融合し「北山文化」が登場します。その主役を果たしたのが足利義満(足利氏3代目将軍)であった事は言うまでもありません。ただし、「北山文化」が生まれる背景には、「臨済禅」の存在を見逃すわけには行きません。なぜなら、「禅」と言う精神的世界が、デザインに大きな影響を及ぼし、その結果登場したのが「書院造」であるからです。つまり、「禅」のよりシンプルな思考が影響し、一見簡素に見える様式が好まれるようになったと言う事。結果、世界で初めて、シンプルモダン系の建築物・庭が登場し、現代にまでその影響を及ぼしています。なお、「書院造」の進歩系として「数寄屋造」が登場しその後流行しますが、果たして、本当の進歩系か、極端に走り過ぎた退化かは、意見の分かれるところ・・・

また庭園に関しては、「北山文化」発祥前夜、「夢窓疎石」と言う高僧が、作庭に直接関与し、大きな進化を遂げました。あくまでも筆者の意見ですが、「夢窓疎石」の作品が<日本庭園の最高峰>で、その後はむしろ退化傾向にある。そう考えています。

興味をお持ちの方は、「夢窓疎石」の代表作「西芳寺(苔寺)」(京都)、「天龍寺」(京都)、「永保寺」(岐阜県多治見市)、「北山文化」を代表する「金閣寺」(京都)、等を参照してみて下さい。

その後「庭園」に関しては、より精神性を重んじた「枯山水」、よりスケールアップした「大名庭園」、「茶道」の影響でシンプルさをさらに突き詰めた「露地」など、様々なスタイルが出現。ただこれらは、同一線上にあるものではなく、例えば、「大名庭園」の場合は、重厚で大型の「池泉回遊式」が基本ですが、その一部として「枯山水」「露地」などが造られる場合が多く、<重複しながら定着していった>と考えるべきです。

さらに時代が下り、明治になると「小川治兵衛(7代目植治)」が登場し、近代日本庭園の道を開き、今も多くの秀作が残されています。ただし、彼の作品は確かにバランスがとれ優れたものですが、西欧文化・変化する建築に対しては、一定の乖離が見られる。それが彼の限界。筆者はそう考えています。

いずれにしても、室町時代以降の「和風」を語るうえで、「臨済禅」「夢窓疎石」「金閣寺(北山文化)」「書院造」「枯山水」「数寄屋造」「露地」「大名庭園」「小川治兵衛」と言ったキーワードを無視する事は出来ません。

そこで本日の一口アドバイス。

「日本になぜ、世界で初めてモダン系デザインが登場し進化を遂げて行ったのか?」

(みずき りょう)

 

24:夢窓疎石像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢窓疎石像・・・彼は鎌倉時代終盤〜室町時代草創期にかけて活躍した高僧。作庭家としても知られている。地形を活かし、かつ精神性の高い秀作を残しているが、むしろ形式にとらわれず、固定観念で縛られた日本庭園とは一線を画すものがある。

 

24:舎利殿

 

 

 

 

 

 

 

金閣寺(舎利殿)・・・「金閣寺」を代表する建物&景観。金閣寺は足利義満の居所「北山山荘」として整備され、「北山文化」の象徴となった。また、<その規模は御所に匹敵した>とも言われ、その寺院として整備され、現在に至っている。

 

24:小川治兵衛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小川治兵衛・・・第7代目植治。近代日本庭園の基礎を築いたとされる巨匠。池泉回遊式庭園が主力で、そのバランス感覚に優れたデザインには注目すべきものがある。ただ、あくまでも「日本庭園」の作庭家であり、より大きな世界へと足を踏み入れることは無かった。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,091

「納得!エクステリア講座」第23回・・・「和風」デザインの分類と特性①!

エクステリアの代表的デザインとして、「モダン系」「南欧風」「中東風」「アジアンテイスト」「アールデコ調」を取り上げてきました。続いて今回からは「和風」について考えます。

<和風にも分類がある>

「和風」と一口に言っても、複数のデザインパターンがあります。エクステリア(住まいの屋外空間)の世界では、「新和風」「和モダン」「純和風」等に分けるのが一般的。しかし、日本庭園や日本建築、それに日本文化の歴史を辿ると、それほど簡単なものではありません。従って、エクステリアの世界とはやや離れますが、簡単にその流れを追ってみます。

縄文・弥生時代にも庭の原典のようなものがありました。しかし、はっきりとした形での「庭園」が登場するのは飛鳥時代。同地の建物(「板葺の宮」等)とのセットで、「飛鳥苑池」が造られ、ここからがスタートと考えて良いでしょう。ただし、「飛鳥苑池」は池が主体の庭で、和風と言うよりも中国庭園の模倣的なものでした。

その後、藤原京・平城京・長岡京・平安京の内裏などに政治の場とリンクした広場が造られ、これもまた初期的庭園と言えるかも知れません。しかし、貴族がその住宅内に個人庭園を造り出したのは平安時代から。そしてこの段階から(まだ中国の影響が強いとはいえ)「和風」と言える建物・庭が登場します。「寝殿造or寝殿造庭園」と呼ばれるものです。

「寝殿造」は比較的画一的な構造で、北側に建物(地形により例外もある)・その前に広場・広場の南側に大きな池・そして、外周を屋根付きの廊下のようなもので囲む。このような形式になっていました。

さらに、平安時代後期になると、末法思想(お釈迦様のご利益が切れてしまう暗い時代になると言う考え方)や浄土系仏教(来世に幸せを託すといった傾向が強い。ただし、鎌倉時代以降の浄土系仏教とはかなり様相が異なる)の隆盛で、大寺院を中心に「浄土式庭園」(宇治の平等院、等)が造られるようになります。そして、この「寝殿造」「浄土式庭園」の頃から、日本特有の建物・庭園となった、つまり<本格的「和風」>が登場したと考えて良いでしょう。

さらに、時代は源平の争いを経て武士の世「鎌倉時代」に。そして、この段階で貴族と武士の生活様式の違いを考慮した「武家造り」と言う建物・庭園が登場。ただしそれは<「寝殿造」の実用的部分改良>に過ぎず、さらに進んだ(ある意味最高の)和風建築物・庭園が登場するのは、次の「室町時代」からとなります。

そこで本日の一口アドバイス。

「知っとこ。飛鳥苑池寝殿造浄土式庭園武家造りへの変遷とその特色!」

(みずき りょう)

 

23:飛鳥苑池跡

 

 

 

 

 

 

 

 

「飛鳥苑池」の発掘跡・・・「飛鳥苑池」は飛鳥時代に作られた最古の本格的庭園。池が中心でほぼ中国の模倣。「板葺の宮」に近い位置にあるが、建物にセットされた庭園では無い。<画像:飛鳥観光協会のHPより>

 

23:東三条殿

 

 

 

 

 

「寝殿造」の代表とも言われる「東三条殿」の復元略図・・・北側に建物(貴族の住まい)・その前に広場(庭)・広場の南側に大きな池・庭を囲む屋根付きの廊下・建物の下から流れ込む水路、等々。「寝殿造」はこのようなほぼ画一的構成となっている。<画像:ウキペディアより>

 

23:鳳凰堂

 

 

 

 

 

 

 

京都府宇治市の「平等院・鳳凰堂」・・・「浄土式庭園」の代表的存在。大きな池を経て、西方浄土(ここでは「鳳凰堂」)へ渡り、来世の平安に至ると言う「浄土信仰」を具現化したもの。その背景には、平安時代の「末法思想」が強く影響している。<画像:ウキペディアより>

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,090

「納得!エクステリア講座」第22回・・・「アールデコ」の意味とその魅力とは?

引き続き、エクステリア(住まいの屋外空間)のデザインについて。今回は、「モダン系」「南欧風」中東風」「アジアンテイスト」に続き、「アールデコ調」を取り上げます。

<「アールデコ」の本当の意味とその素晴らしさを知ろう!>

「アールデコ」と言う言葉は聞いたことがあるが、本当の意味を知っている人は意外に少ない・・・それが実情かもしれません。「アールデコ」とは、1910〜1930年代頃に流行したデザイン。そして、1925年のパリ万博でピークに達しました。言葉の意味は、アール(美術・芸術)+デコレーション(飾り)で、「装飾美術」と訳されています。でも、欧米のデザインの流れを知らないと、本当の意味を理解することは困難です。

欧米のデザインは、バロック・ロココ〜アールヌーボー〜「アールデコ」〜モダン系と言った変化を遂げてきました。そしてこの変化は<装飾第一主義〜非装飾化>への歴史でもありました。つまり、バロック・ロココ等のスーパー装飾系から、アールヌーボーと言う若干の装飾軽減系。さらに、「アールデコ」で装飾&モダン系の融合と進化したと言う事。

つまり、流行当時では<最も装飾の少ない(あるいは、モダニズムを取り入れた)デザイン>であったと言う次第。ただし、その後のモダン系隆盛で、現代から見ると<適度な装飾が残されたデザイン>と言う事に成るでしょう。

本題のエクステリアデザインに戻ると、バロック・ロココ、アールヌーボーと言った癖(装飾)の強すぎるデザインは、殆ど存在しなくなりました。結果、装飾系≒「アールデコ調」と規定してもほぼ問題ないでしょう。従って、ややノスタルジックで適度な装飾がほどこされている作品グループを「アールデコ調」と呼ぶようになりました。補足するなら、筆者が最も好むデザイン系統でもあります。

ただ、デザインの流れや、「アールデコ」の特性を文章でいくら表現しても、それを頭の中でビジュアル化し、イメージする事は困難でしょう。そこで、代表的建築物と工芸品の写真を掲載しておきます(もっとゴタゴタした作品を想定していた人が多いのでは・・・)。

確かに、近・現代を代表する「モダン系」には洗練された魅力があります。しかし、住宅やエクステリアは人が暮らす空間です。<洗練され過ぎ≒疲れ>そんな危険性もあります。だからこそ、少しだけ時代を遡り、適度な装飾・適度な遊びを求めるのも一考ではないでしょうか。勿論、そんな時に行き着くのが「アールデコ調」だとも言えるでしょう。

そこで本日の一口アドバイス。

「暮らしの場であるからこそ適度な装飾を。そして、振り返ればアールデコが!」

(みずき りょう)

 

22:建築

 

 

 

 

 

 

 

「アールデコ」を代表する建築物・・・「アールデコ」とはもっと装飾性の強いゴタゴタデザインをイメージする人も多い。しかし、その実態は<装飾主義とモダニズムの調和>であり、現代から見ても多くの共通項と魅力を持っている。

 

22:小物

 

 

 

 

 

 

 

「アールデコ」の特性を色濃く持つ工芸品・・・過剰装飾でも、モダニズム一辺倒でもないシンプルさと柔軟性を有する逸品。それが、「アールデコ」の特性で、現代生活にも十分マッチする。

 

22:外構

 

 

 

 

 

 

 

「アールデコ調」の住宅とエクステリア・・・いわゆる「アメリカン系」のデザイン。ただ、視点を変えれば、少しノスタルジックで適度な装飾性を残した「アールデコ調」の建物&外構とも言える。そこには、モダン系とはことなる安らぎも・・・

 

次のページ »