みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,103

「納得!エクステリア講座」第36回・・・フェンスを使いブロックを低く!

門廻りに続き、この項からは塀・フェンスについて検証します。

第12章 最新の塀・フェンス事情

塀・フェンスでも(事実上)<ブロックを高さ1.2m未満しか積んではいけない>時代が到来しました。だからこそ、以前の常識を白紙に戻し、塀・フェンスを検証しなおす必要が出てきました。

具体的には、1:一般的な塀・フェンス 2:ブロックを全く使わない大型塀 3:どうしてもコンクリート系の大型塀が必要となる場合・・・以上3つのケースを想定し、対応方法を考える必要があります。だからこそ、この3点についてもう少し詳しく対応方法を提示しておきます。

1:一般的な塀・フェンス・・・この場合は大きな支障はありません。ブロックを2〜4段程度積み、その上 にフェンス類を設置すれば良いからです。つまり、このスタイルに関しては<以前とあまり変わらない方法>で対応できると言う事。代表的なものが、ブロックベース+アルミフェンス・ブロックベース+発泡樹脂系フェンス・ブロックベース+天然木フェンス、等々。

まず、ブロック上にアルミフェンスを使う場合。言うまでもなく最もポピュラーかつ最も広く使われているタイプです。ただ、それだけに品種も膨大で、メッシュ系・縦格子などシンプルなフェンス・目隠しを意識したタイプ(アルミパネル・アルミルーバータイプなど。木調タイプも多い)・アルミ鋳物などを使った装飾性の強いタイプなど多種多様。それだけに、目的(単なる仕切り境界、装飾性重視、目隠し機能重視、等)に応じた、適切な商品選択がより重要になります。

ブロック上に発泡樹脂系のフェンスを使う商品も急増しています。<目隠し性に優れている割には安価>と言った特性が支持されているからでしょうか? ただし、同系商品には大きな欠陥があります。火災に極めて弱い耐久性・強度が劣るからです。フェンス(屋外設置品)であり、防火に関しては法的違反品ではありません。しかし、極めて燃えやすいばかりか、有毒ガス・煙も発しますので、密集地域等では注意すべきでしょう。

紫外線・温度変化等による経年劣化にももう少し注意すべきでしょう。UV加工(紫外線対策)により大部分のメーカーは<問題なし>と回答。しかし、屋外での自然の厳しさは、エクステリアのプロであれば熟知しています。メーカーの<問題なし発言>のあった商品でも、多くのクレームが発生してきたことを知っています。少なくとも<筆者は「発砲系樹脂フェンス」は使いません>。

そこで本日の一口アドバイス。

「多様なブロック用フェンス。条件・ご要望に応じた選択が極めて重要!」

(みずき りょう)

 

36:形材

 

 

 

 

 

目隠し機能を重視した<アルミ形材製のフェンス>・・・最もポピュラーな素材・タイプで、デザインも豊富。耐久性等にも優れ、広く普及している。

 

36:鋳物

 

 

 

 

 

 

装飾性を重視した<アルミ鋳物製のフェンス>・・・装飾性の強い家屋・外構にピッタリ。強度・耐久性にも優れる。ただ、モダン系の住宅が増えたため、使用頻度は少なくなってきている。

 

36:発砲

 

 

 

 

 

目隠し機能を重視した<発泡樹脂をパネル材に使ったフェンス>・・・安価で急速に普及率がアップしてきている。ただ、火災に対して無防備。紫外線劣化など耐久性・強度等にも課題?

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,102

「納得!エクステリア講座」第35回・・・門廻りは<SF・立体トラス・ウリン>で!

この項では、egg-加盟店ではの<ブロックを使わないオリジナル門廻り>について。

第11章 激変する門廻り③

<門廻りにはブロックが使えない>理由、ご理解いただけたでしょうか。

そこでegg-加盟店はオリジナル部材と天然木を組み合わせ、まったく新しい<門廻りワールド>を創り上げ、高い評価を得ています。その全貌を限られた指数で明らかにする事は出来ませんが、主要ポイントを出来るだけ分かり易く示しておきます。

最も基本となるのは、「スーパーフェンス」「木製立体トラス・GEO(ジオ)」と天然木「ウリン」「杉柾」を組合す事で、より手軽に、しかもワンクラス上の門廻りを創り上げたと言う点。これにより、オーソドックスな門柱〜ハイグレードな門廻りまで、幅広くカバー出来るようになりました。ここでは、3パターンの作品を参照しながらご説明。

1:「スーパーフェンス」+「ウリン」の基本タイプ門柱(写真①参照)

35:ウリン&SF

 

 

 

 

写真①

 

 

「スーパーフェンス」の柱(左右)・最強の天然木「ウリン」のパネル・同笠を組み合わせた、基本デザインとも言うべき門柱。このようなタイプは「ウリン」だけで造るこのも可能ですが、「スーパーフェンス」部材との組み合わせで、A:左右を重厚なアルミ部材にする事で、さらにデザイン性がアップする B:強度・耐久性がさらに増す・・・と言った+αが生まれます。

また、写真左の目隠しフェンス部分(「スーパーフェンス」+「ウリン」)を観て頂くと分かるように、同素材・同デザインでコーディネートされた作品。シンプルではあるが、外構全体と言う観点から見ても、一般的素材・商品では作成困難な作品でもあると言う事です。

 

2:「スーパーフェンス」+「木製立体トラス・DEO」の近未来型門柱(写真②参照)

35:ウリン&トラス

 

 

 

 

 

 

写真②

 

 

「スーパーフェンス」と「木製立体トラス・GEO」とを組み合わせた近未来型の門柱。最も注目される点は<近未来型のデザイン>。従来の門柱とは全く異なった世界を演出してくれます。加えて、強度・耐久性、植物との相性抜群と言った特性もあり、幾何学的な構成でありながら、自然とも見事に調和。また、高さ高さ2.7m×幅3.0mと言った大型サイズもワンスパンで対応できるため、大迫力の門廻りを創り出す事も出来ます。

 

3:「ウリン」の特性を活かした門廻り(写真③参照)

35:ウリン角柱

 

 

 

 

写真③

 

この作品は、最強の天然木と言われる「ウリン」の角柱をベースとした門廻り。egg関連のオリジナル商品と組み合わせたわけではありませんが、一工夫する事で実に様々な門廻りの演出が可能。逆に言えば、素材を知り尽くし、なおかつ柔軟な発想を持つ<真のプロ>だけが使いこなせる素材と言う事が出来るかもしれません。勿論、egg-加盟店はプロ中のプロ集団。安心してご相談ください。

そこで本日の一口アドバイス。

「スーパーフェンス・立体トラス・ウリン等の天然木・・・これさえあれば門廻りは鬼に金棒!」

(みずき りょう)

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,101

「納得!エクステリア講座」第34回・・・脱ブロックのための門廻り商品・素材!

引き続き、<ブロックを使わない門廻り>について・・・

第11章 激変する門廻り②

塀以上に門廻りにブロックが多用され続けている理由、ご理解いただけたでしょうか? ではそんな状況下でどうやって脱ブロック化を進めるのか。それには、ブロック外の商品・部材を探す事が先決となります。

そして、最も手軽で簡単な対処方法は、多くのメーカーが販売している「システム門柱」を使う事。ただし、①:オープン系の外構には適しているが、クローズ系の外構には不向き ②:より重厚な門廻りを求める声が多い ③:差別化・個性化が図りにくい・・・などの課題が残されます。

①:に関しては、特に門扉をセットしたい場合が大きな支障となります。その解決方法としては、アーチ+門扉、門柱・門扉がセットされたよりグレードの高い商品を選ぶ・・・と言った対処方法があります。ただ、かなりの高額となるうえ、デザインが限定されてしまうと言った弱点も。

従って、門柱部分に「型枠ブロック」を使うと言う方法を推奨しておきます。「型枠ブロック」については、専門的になるため詳細説明は割愛します。ただ、世間で問題となっているのは「スタンダードブロック」で、この商品(材料)を使えば、外見はあまり変わらなくて問題はありません。

②:に関しては、天然木を使い特注の門柱(あるいは門廻り)を造るとをお勧めします。この方法であれば、あらゆるサイズ・デザイン対応が可能で、コスト・品質的魅力も見逃せません。ただし、プラン作成者のセンスと高い施工技術が求められるため、レベルの高いエクステリア専門ショップに依頼する事が極めて重要なポイントとなります。

③:についても、前項とほぼ同様の結論を導き出すことが出来ます。また、どの方法を選ぶにしても、植栽とうまく組み合わせることが、もう一つの成功ポイントとなります。理由は、目隠し効果をアップさせると言った実用面と、全体の雰囲気作りと言う感覚面、この両面で大きなメリットがあるため。

また、egg及びegg-加盟店では、以上のような基本対応に加え、「スーパーフェンス」「木製立体トラス」<日本の樹「杉(スギマサ)柾>と言うオリジナル商品を持ち、これらを加える事で、ワンクラス上の門廻りを創り出す体制を整えています。<「門廻り」は住まいの顔であり、それだけこだわるべきだ>そう考えている為。この点に関しては、次項で詳しく取り上げる事にします。

そこで本日の一口アドバイス。

「新時代の門廻り。そのキーワードは天然木・型枠ブロック・オリジナル部材!」

(みずき りょう)

システム門柱

 

 

 

 

 

 

 

様々なデザインの「システム門柱」(「港製器工業」商品より)・・・比較的狭い敷地のオープン的な外構に適している。

 

型枠B(よねざわ)

 

 

 

 

 

 

「型枠ブロック」(「よねざわ工業」商品より)・・・一般のブロックとは工法が異なり強度的な問題もない。なお、一般にブロックと称しているのは「コンクリート・スタンダード・ブロック」の事。

 

7d716edd7b497dc6e0daab8b583d103b-column1[1]

 

 

 

 

 

「ウリン」(天然木)を使った「門廻り」・・・あらゆるデザイン・サイズ対応が可能で、強度・耐久性にも優れる。ただし、本当のプロのセンスと技術が必要!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,100

「納得!エクステリア講座」第33回・・・「ブロックが使えない」理由とは?

この項からは、エクステリア(住まいの屋外空間)の各部門別の<正しい対処方法>について検証していきます。まずは<住まいの顔となる「門廻り」>から・・・

第11章 激変する門廻り①

実は「門廻り」がエクステリアの中で最も激変せざるを得ない分野となっています。にもかかわらず、それに気付か無い人が大部分。一般のお客様にとっては当然のことながら、プロでも大半が(知ってか知らずか)以下に提示する事を無視しています。でもそれは<由々しき問題>でもあります。

<門廻り激変>の原因はやはりブロック問題。大阪北部地震で死亡者を出した高槻市は、第三者委員会で<ブロックNO!>の結論(下記毎日新聞記事参照)を出しました。国もそれに準じる方向で、来年(2019年)には全市町村がブロック補助金制度(=ブロック撤去+代替工事に補助金)を設ける予定。つまり、建築基準法の対象となる<高さ1.2m以上のブロックは事実上積んではいけない時代>が到来したと言う事。

一般的には「それでは塀をどうすれば良い」と考えがち。でも、塀はブロックはベース部分だけ(4段以下)にして、その上部をフェンスにすれば何の問題もありません。住宅メーカーは既にその方向で進んでいるし、世間事情に疎いエクステリア業者もさすがに、ブロック塀を積み続けるケースは希。従って、<塀については大きな問題は無い>と見るべきです。

だが、「門廻り」はより深刻な事情を抱えています。理由は、<ほぼ全住宅に門柱は必要>で<門柱の大半がブロックベース>で<その高さは1.4m以上>であるため。つまり、<従来通りのやり方では門柱が造れなくなった>と言う事。にもかかわらず、門柱の作り方を変えようとしている業者はごく一部にすぎません。

メーカー製品の「システム門柱」を使えば良い。その通り。でも、もう少し重厚な門柱が欲しいと言うご要望も。また、クローズタイプの外構では「システム門柱」は似合いません。つまり、塀(フェンス)とは異なり、門廻りからブロックを排除するには、<プロの高い意識が必要で、その意識を持っているのはごく一部>と言うのが現状です。

では、具体的対応方法は? ①:門扉を付けない(主に)オープンor セミクローズ外構の場合は 代替商品・素材を使う ②:門扉を付ける(主に)クローズ外構の場合型枠ブロックを使う・・・以上です。補足するなら、近年ではおおよそ70%が門扉を付けない門廻りで、①:の対応方法でかなりの部分が解決可能。次項では、<ブロック(正しくは「コンクリート・スタンダード・ブロック」)を使わない門廻りについて、より具体的に検証します。

そこで本日の一口アドバイス。

「ブロックを使わない門柱! これが意外と難題で、高いプロ意識が必要!」

(みずき りょう)

 

200712211001000

(映像処理済み)このようなブロックベースの門柱は高さが1.2m以上であるため、今後使うべきではない。

 

門柱③

 

 

 

 

 

 

ブロックを使わない門柱例・・・最強のエクステリア材と言われる「ウリン」(天然木)を使った特注の門柱。

 

EPSON MFP image

2018年10月30日・毎日新聞朝刊1面の記事=ブロックは施工方法に関わらずNO!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,099

「納得!エクステリア講座」第32回・・・自然環境無視=危険で粗雑な作品!

引き続き、<見えない部分への対応≒意外に高いと感じる>と言うエクステリア(住まいの屋外空間)の特性について。今回は厳しい自然環境への対応について考証します。

③:厳しい自然環境への対応・・・について>

の勝利について前項で説明。実はこの2点も自然環境問題に含まれるもの。ただし、それ以外の、A:地震対策 B:雨・風対策 C:紫外線・温度差対策・・・もエクステリアにとり絶対に無視できない重要課題となります。結果として、屋内ではOKでもエクステリアでは使うべきではない素材や工事方法があると言う事。極端な例ではありますが、最近話題の(紙製)段ボールはインテリアでは興味深い素材ですが、エクステリアでは当然使用不可。また、物性が様々で全て不可ではありませんが、プラスチック系素材を使う場合も細心の注意が必要!

A:地震対策に関しては、素材や製品自体の強度への気配りも必要ですが、それ以上に基礎部分の処理が重要になります。ブロックやRC擁壁などの重量物は特に重要で、基礎部の処理は周辺の土処理も含まれる(土質によっては土壌改良・強化処理が必要になる場合もある)事も忘れてはなりません。

B:雨・風対策に関しては、強度と同時に<劣化・風化しにくい素材>を選ぶ必要があります。特に、天然石・焼き物・天然木に関しては、同素材でも劣化・風化しやすいものと、しにくいものがある事を忘れてはなりません。特に、天然木の場合その差が大きく、エクステリア向きの木材を選ぶ事が大切。また、施工方法によっても耐久性に差が出ます。その判断は一般ユーザーにはかなり難しく、レベルの高いプロにセレクトしてもらう事が最良の策と言えるでしょう。

C:紫外線・温度差対策に関しては、近年より大きな問題となっています。地球温暖化に伴い、その被害が顕著化している為。特に、プラスチック系商品(樹脂木やアルミラミネート材、等を含む)を使う場合は注意が必要です。厄介な事に、この問題に関しては、施工当初殆ど問題になる事はありません。しかし、夏場に支障が出る(例えば、樹脂木デッキが高温で曲がる・表面が熱くて乗れなくなる、等)・5年以上経過した段階で支障が出る(例えば、発泡樹脂系フェンスが白化orひび割れたり折れたりする。樹脂舗装がボロボロになる)。こんなケースも。

以上は自然環境対応のほんの一例。ただ、一見芸術的で評価の高い作品も、実用あるいは5年経過段階では散々な目に・・・こんな例も少なくありません。また、何度も指摘している通り、目に見えない部分の対策がしっかりしている作品ほど<(値段が)高く感じる>場合が良くあります。ただし、本当の価値を考えた場合、<目に見えない部分がしっかりしている作品の方が結局はお得>と言う事になります!

そこで本日の一口アドバイス。

「土・水・自然環境対策のしっかりした作品・・・結局それがお得で安心!」

(みずき りょう)

向後邸3

 

 

 

 

 

 

 

ブロックを使った門柱・・・原色を上手く配したハイセンスなデザイン。ただ、それだけではなくしっかりとした基礎・配筋である事の確認もお忘れなく!

 

杉柾やました③

 

 

 

 

 

egg-グループ一押しの<日本の樹「杉(スギマサ)柾」>を使ったデッキ・・・単に業界初のエクステリア専用国産木材と言う事ではなく、厳しい自然環境下でも自信を持って使えるよう厳重にセレクト!

 

DSC_03151[1]

 

 

 

 

 

劣化した樹脂舗装・・・エクステリアで樹脂系商品を使う場合は特に注意を! 高温・強力な紫外線など、自然環境は年々厳しくなっている。

 

次のページ »