みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,099

「納得!エクステリア講座」第32回・・・自然環境無視=危険で粗雑な作品!

引き続き、<見えない部分への対応≒意外に高いと感じる>と言うエクステリア(住まいの屋外空間)の特性について。今回は厳しい自然環境への対応について考証します。

③:厳しい自然環境への対応・・・について>

の勝利について前項で説明。実はこの2点も自然環境問題に含まれるもの。ただし、それ以外の、A:地震対策 B:雨・風対策 C:紫外線・温度差対策・・・もエクステリアにとり絶対に無視できない重要課題となります。結果として、屋内ではOKでもエクステリアでは使うべきではない素材や工事方法があると言う事。極端な例ではありますが、最近話題の(紙製)段ボールはインテリアでは興味深い素材ですが、エクステリアでは当然使用不可。また、物性が様々で全て不可ではありませんが、プラスチック系素材を使う場合も細心の注意が必要!

A:地震対策に関しては、素材や製品自体の強度への気配りも必要ですが、それ以上に基礎部分の処理が重要になります。ブロックやRC擁壁などの重量物は特に重要で、基礎部の処理は周辺の土処理も含まれる(土質によっては土壌改良・強化処理が必要になる場合もある)事も忘れてはなりません。

B:雨・風対策に関しては、強度と同時に<劣化・風化しにくい素材>を選ぶ必要があります。特に、天然石・焼き物・天然木に関しては、同素材でも劣化・風化しやすいものと、しにくいものがある事を忘れてはなりません。特に、天然木の場合その差が大きく、エクステリア向きの木材を選ぶ事が大切。また、施工方法によっても耐久性に差が出ます。その判断は一般ユーザーにはかなり難しく、レベルの高いプロにセレクトしてもらう事が最良の策と言えるでしょう。

C:紫外線・温度差対策に関しては、近年より大きな問題となっています。地球温暖化に伴い、その被害が顕著化している為。特に、プラスチック系商品(樹脂木やアルミラミネート材、等を含む)を使う場合は注意が必要です。厄介な事に、この問題に関しては、施工当初殆ど問題になる事はありません。しかし、夏場に支障が出る(例えば、樹脂木デッキが高温で曲がる・表面が熱くて乗れなくなる、等)・5年以上経過した段階で支障が出る(例えば、発泡樹脂系フェンスが白化orひび割れたり折れたりする。樹脂舗装がボロボロになる)。こんなケースも。

以上は自然環境対応のほんの一例。ただ、一見芸術的で評価の高い作品も、実用あるいは5年経過段階では散々な目に・・・こんな例も少なくありません。また、何度も指摘している通り、目に見えない部分の対策がしっかりしている作品ほど<(値段が)高く感じる>場合が良くあります。ただし、本当の価値を考えた場合、<目に見えない部分がしっかりしている作品の方が結局はお得>と言う事になります!

そこで本日の一口アドバイス。

「土・水・自然環境対策のしっかりした作品・・・結局それがお得で安心!」

(みずき りょう)

向後邸3

 

 

 

 

 

 

 

ブロックを使った門柱・・・原色を上手く配したハイセンスなデザイン。ただ、それだけではなくしっかりとした基礎・配筋である事の確認もお忘れなく!

 

杉柾やました③

 

 

 

 

 

egg-グループ一押しの<日本の樹「杉(スギマサ)柾」>を使ったデッキ・・・単に業界初のエクステリア専用国産木材と言う事ではなく、厳しい自然環境下でも自信を持って使えるよう厳重にセレクト!

 

DSC_03151[1]

 

 

 

 

 

劣化した樹脂舗装・・・エクステリアで樹脂系商品を使う場合は特に注意を! 高温・強力な紫外線など、自然環境は年々厳しくなっている。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,098

「納得!エクステリア講座」第31回・・・<土と水の処理>その意味と実態?

前項でエクステリア(住まいの屋外空間)は<見えない部分への対応が大切>、だから<思ったより高くなる>と述べなした。その主体となるのが、①:土の処理 ②:水の処理 ③:厳しい自然環境への対応・・・の3種。この項からは同課題について詳述します。

①:土の処理・・・について>

土とは意外に厄介な物。重い・膨らむ・性質がバラバラ・・・など複雑な組成を持っているからです。従って、その処理代が予想以上に高い。このような印象を最も受けやすい分野でもあります。

エクステリア関連の積算書を見ると、殆どが<土工事>と言う小計項目の中で表示されています。具体的には、掘削・鋤取り・残土処理の3種が主要項目で、埋め戻し・整地などが加わる場合もあります。また、関連項目としては、土壌改良・転圧・地盤調整(処理)・化粧土入れ(真砂土・山砂、等)などがあります。

専門的な事はともかく、以上のような<土の処理>は絶対に必要なもの。この部分の対処が甘いと、完成後、ヒビワレ・陥没・傾きなど大きな支障が出るばかりか、人命にかかわる事故につながることさえあります。従って、内容をしっかりと確認する事。特に、残土処理は多額の経費(大都市部ほど高額となりやすい)・労力を要しますので要注意!

エクステリアで<土の処理>は、一般の方々に取り最もミステリアスな分野だとも言えます。悪徳業者の場合、目立つメーカー商品等は安く提示し、「<土の処理>等の分野でボッタクル・手抜きする」と言ったケースも珍しくありません。だからこそ、地元のエクステリア専門ショップへ依頼する・直接来店し積算(工事)内容を確認する・・・この2点をお忘れなく!

②:水の処理・・・について>

以前、「エクステリアに水平は無い」と述べました。なぜなら、全ての現場(物件)で<水の処理>が必要であるからです。具体的には、水勾配を付ける・排水処理(土壌処理、雨水枡・側溝・排水パイプ埋設等の処理、等)など、多種多様な項目・処理方法があります。また、ベランダや屋上でも水処理(防水処理も含め)は必要で、この場合は地上(一般的エクステリア工事)とは大きく異なります。

ただし、<水の処理>の基本である水勾配処理は積算書に現れる項目ではありません。加えて、他の水処理項目も、殆ど馴染みのない物ばかりです。だからこそ、詳細はともかく「<水処理>が確実にできているか否か」をしっかりと確認しておいてください。もし処理が甘いと、「雨が降るたびに水浸し・水溜りだらけ」といった事になり兼ねません。また、家本体に大きな悪影響を及ぼす事も珍しくありません。

そこで本日の一口アドバイス。

「土と水。それは大切ものだが極めて厄介な存在。だからこそ<手抜き厳禁!>」

(みずき りょう)

31:残土・西脇

 

 

 

 

 

 

公共の残土処理上・・・「大都市ほど残土処理場が遠い・処理費が高い」と言った理由で、処理代が高くなることが多い。

 

31:2トンダンプ

 

 

 

 

 

 

2トンダンプ・・・エクステリアの残土運搬によく使われる。ただし、1回で1〜1.5㎥とわずかしか積めない。残土処理が高くつく理由の1つ。

 

31:雨水枡

 

 

 

 

雨水枡・・・水処理の1つの方法。いずれにしても「しっかりとした<水の処理>」をしておかないと、後で大変な事になるので要注意!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,097

「納得!エクステリア講座」第30回・・・「思ったより高い」そう感じる理由?

この項からは、エクステリア(住まいの屋外空間)の基本工程とそこから生じる無視できない特性について述べます。例えば、エクステリア専門ショップに相談した場合、簡単だと思った依頼でも<意外と高い>、そう感じるお客様が少なくありません。何故でしょうか?

第10章 目に見えない部分に要注意!

簡単なエクステリア工事。例えば<土間コンクリート打ち>と言った場合。一般の多くのお客様が、ただ<一定の厚さ(一般的にはカースペースの場合10㎝程度)に生コンを敷けばよい>と考えているケースが圧倒的多数を占めています。ただし現実には、地盤をしっかりしたものにする、一定の傾斜(水勾配)を付ける、鉄筋を入れる(多くはメッシュ筋)・・・などの目に見えない工程が必要になります。つまり、この部分が予算にプラスされ<思ったより高い>と言う印象へと繋がります。

でも一番怖いのは、<目に見えない部分はかなり無視できる>と言う事実。これには2つのケースがあります。第1のケースは<知っていて無視する>と言うもの。第2のケースは<無知ゆえの無視>。前者の場合は悪徳業者、後者の場合はHCや量販店でよくある例と言えます。そして、両者とも始末が悪いのは<安く感じる>と言う事実です。勿論、こんな工事をすれば<すぐにヒビワレして使い物にならない><雨水が逆流し家中水浸し>と言った大問題にも・・・

<エクステリアの目に見えない難題3種>

上記のような事例は無限にあります。つまり、逐一例を上げて説明する事は不可能だと言う事。従って、少し論理的に分析していく事にします。

要するに、クステリアは住宅内部以上に<目に見えない難題>を抱えていると言う事。その主な難題例として、①:土の処理 ②:水の処理 ③:厳しい自然環境への対応・・・の3種を上げることが出来ます。つまり、エクステリアの場合、工事の大小を問わず全てへの対応を行う必要があると言う事。ご予算(費用)と言う面から言えば、絶えずこの部分がプラスされると言う事でもあります。

でも前記したように、この大切な部分を無視し粗悪品が供給されているケースが後を絶ちません。だからこそ、地元のエクステリア専門ショップへ直接足を運び(来店)、プラン(工事)内容をよく確認してから発注する事をお勧めします。逆に、ネット主体の広域販売業者・ホームセンター・量販店等に発注する場合は、より慎重な確認が必要になります。表面上の安さが、文字通り<命取り>になる事も・・・

そこで本日の一口アドバイス。

「目に見えない部分ほど重要! ただし、目に見えない部分ほどごまかしやすい!」

(みずき りょう)

30:前処理

 

 

 

 

 

見えない部分、つまり<前工事>がエクステリアの品質を大きく左右。この部分で手抜きがあると時には大事故にも!

 

30:土間コン

 

 

 

 

一見単純に思える「土間コンクリート」一つにしても、<前処理>で大きく品質を左右。だから、表面的な安さに惑わされない事!

 

30:門柱

 

 

 

 

 

 

よくあるタイプの「門柱」。ベースはブロックで出来ている事が大半。だから、基礎や鉄筋の入れ方のチェックが大切。だから、地元のエクステリア専門ショップで!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,096

「納得!エクステリア講座」第29回・・・緊急報告!ブロックはなぜ人命を奪う③?

<欠陥商品と認定し使い方を限定せよ!>

恐ろしい事に、過去に造られ欠陥現場で甚大な事故が起きるだけではなく、今後造られる現場でも甚大な事故が起き続ける。これが<ブロックの実態>と言わざるを得ません。その理由(前項参照)、ご理解いただけたでしょうか。

つまり、過去100年間<ブロックは人命を奪い続けてきました>が、このままでは<今後も人の命を奪い続ける>と言う事。繰り返しになりますが、<施工基準の順守>を呼びかけるだけでは、決してそれを防ぐことは出来ません!

ではどうすれば、最低でもこれから作られる現場で重大なブロック事故を防ぐにはどうすべきでしょうか。それは、2つのルールを作り・守ること以外にありません。1つは:<ブロックを欠陥商品>であると言う認識の徹底! 2つ目は:(欠陥商品であるゆえに)極めて限定した使い方しかしない! 以上です。

以上を前提に、egg では<「スタンダード・ブロック」の使用範囲基準>を設けました。正直、加盟企業が100%この基準を守ってくれるか否かは分かりません。しかし、繰り返し呼び掛けて行きます。また、お客様にも理解を求めていきます。

egg の<「スタンダードブロック」使用範囲基準>

1:土留め上の継ぎ足し施工・・・3段以下とする(それ以上は、フェンス・板塀などにする)

2:土留め部分・・・高さ1m以下(それ以上高い場合は「型枠ブロック」「RC擁壁」等を使う)+過剰気味の基礎・厚さ・配筋

3:ブロック塀・・・高さ1.2m未満(それ以上高い場合は、全体or 上部をフェンス・板塀等にする)

4:門柱・・・高さ1.6m以下+過剰気味の基礎・厚さ・配筋。高さ1.6mを超える場合(ただしマキシム高さ1.8m)はL型とする。

5:ブロックに対する基本的判断基準・・・可能な限り使わない、あるいは少なく・低く使う。

以上です。

要するに、<欠陥品>であるがゆえに<使用できる範囲を極めて狭くする>と言う事。確かに、ブロックは便利で安いエクステリア資材です。しかし、代替品は無数にあります。樹木(植栽)、フェンス類、天然木の板塀、型枠ブロック、RC擁壁・塀・・・ そう、エクステリア(住まいの屋外空間)において、無理にブロックを使う必要などないのです。

にもかかわらず使い続けると言う事自体、エクステリア関係者の怠慢と言わざるを得ません。ただし、ブロックと略称していますが、あくまで「スタンダード・ブロック」のこと。他に優れた(コンクリート製の)ブロックがあり、それらは対象外。念のため・・・

そこで本日の一口アドバイス。

「ブロックは欠陥品=(だから)使用範囲を厳しく限定! これ以外に無い!」

(みずき りょう)

29:倒壊現場

 

 

 

 

 

 

倒壊した土留め上ブロック・・・子のように危険な現場は過去のもの? いや、今後も造り続けられる可能性大! だから、<施工基準の順守>を呼びかけるだけでは駄目。

 

29:土留め上

 

 

 

 

 

 

土留め上の目隠し天然木フェンス・・・継ぎ足しブロックは2段(しかも新規継ぎ足しは1段のみ)。その上には「スーパーフェンスライト」を使った天然木フェンス。

 

29:門柱

 

 

 

 

 

 

ブロック(表面は石貼)+天然木(ウリン)を組み合わせた門柱・・・門柱もブロックを使う場合は高さ1.6m以下に。しかも幅も出来るだけ狭く。このように、他素材と組み合わせればよりハイセンスに・安全に!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,095

「納得!エクステリア講座」第28回・・・緊急報告!ブロックはなぜ人命を奪う②?

<土留め・塀用としては欠陥商品?>

「スタンダード・ブロック」とはどのようなものか、ご理解いただけたでしょうか。そして、100年に渡り人の命を奪い続け、今後もその危険がある・・・残念ながらそれは事実です。

理由は2つ。1つ目は、<過去に造られた危険な現場が、無尽蔵にある>と言う事。極端な言い方をすれば、<危険でないブロック塀の方が少ない>と言えるかも知れません。勿論、今回の人命事故で改善されるブロック塀もかなりあるでしょう。それは、犠牲を伴ったとしてもひとつの進歩と言えます。ただし、前述のように危険な塀(現場)は無尽蔵にあります。その全ての改善は困難で、例えば土留めなどに使われている場合は<積み直しが不可能>、と言うものも少なくありません。その場合は、補修・補強と言った処理を施す事に成りますが、それでも十分とは言えません。

2つ目は、<今後も危険なブロック塀が、造り続けられる可能性が極めて高い>と言う事。「これだけの事故を起こしながらそんな馬鹿な」そう思われる方も多いでしょう。でも残念ながら事実です。だから、100年に渡り事故が多発してきたと言う次第。

ではなぜ、新しい現場でも危険なブロック塀が造られる可能性が強いのか。A:極めて順守しにくい施工基準である B:エクステリア業界の知識・技能・モラルが低い C:ユーザーが無理な要望を行う・・・この3点によります。

A:に関して、一般のお客様に説明する事はかなり難しいのですが、例えば<鉄筋の入れ方>の一例ですが、<縦筋は基礎部~最上部分まで継いではならない>と言う規定。特に背の高い塀の場合、これを守ることは至難の業と言わざるを得ません。勿論、守るのが難しい規定は他にも。

B:に関しては、<**資格が無いとブロックを積んではいけない>と言った法律でも無い限り、上記の難しい施工基準を守ることは極めて困難であるため。正直なところ、現在も<何の公的教育も受けていない職人が、ブロックを積み続けている>のが現状で、状況が急好転するとはとても考えられません。

C:に関しては、お客様の要望を大部分施工業者が受け入れ、現場を造り続けている為。例えば、最も危険な<土留め上の継ぎ足し施工>の場合。本来は土留めの内側に塀を造らなければなりません。しかし、活用敷地が狭くなるため、「土留め上に積んで欲しい」と言いった要望は日常茶飯事。この時、毅然と断る業者はそれほど多くありません。

このような現状から判断し、新規現場に関しては<ブロックは欠陥品>と考え、<絶対安全な場所にしか使わない>このような対応以外に無い。筆者はそう考えています。既存現場に関しては、焼け石に水として諦めるのではなく、可能な限り積み替え(ただし、大部分はブロック以外の代替商品を使う)・補修・補強を続ける以外にありません。

そこで本日の一口アドバイス。

「ブロックは欠陥品! この意識が無くては本当の危険回避はあり得ない!」

(みずき りょう)

北摂地震少女死亡現場図h

 

 

 

 

 

 

 

大阪の地震で起きた死亡事故現場説明図面・・・各所で報じられている通り、最も危険な<土留め上の継ぎ足しブロック塀>であった。しかも、公共(学校)のエリアで。

 

126c62a8c074bc2841dd461e423ef710_1529484361_1[1]

 

 

 

 

 

 

 

上記現場での<コア抜き・差し筋>施工説明図・・・残念ながら、現在もこのようなブロック塀が造り続けられている。その責任の一端はお客様にもある。

 

ブロック基礎図

 

 

 

 

 

 

ブロック基礎の一例(L形+布基礎タイプ)・・・ブロックにはL型・T型・I型など様々な基礎バリエーションがある。しかし、その正しい知識を持つ職人は残念ながら少ない。

 

次のページ »