みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,043

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第25回:「平面幾何学式庭園」の歴史と特性

 

前項ではヨーロッパ庭園の歩みについて述べました。今回からは「平面幾何学式(フランス式)庭園」について検証しますが、最初にどのようにして登場したか(歴史)・どのような特性を持っているのか・・・と言う2点について確認しておきます。

「平面幾何学式庭園」は「フランス式庭園」とも称されるように、フランスで誕生し全ヨーロッパへとその流行が広まりました。このような庭園が造られるようになったのは1,600年代の後半からで、年代的に見ても「露壇式(イタリア式)庭園」より後代の事です。つまり、「ペルシャ式庭園」やルネサンス時代に登場した「露壇式庭園」の影響を強く受けた庭園とも言えます。

ただし、フランスという地形・ルイ14世の影響が大きかったという2点が大きな変化を生み出しました。具体的には、ゆったりとした平野部で生まれた+極めて強い権力意識の支配者が生み出した・・・という事。結果、「ペルシャ式庭園」や「露壇式庭園」よりはるかに広大な庭園となりました。

「平面幾何学式庭園」発祥の最も大きな切っ掛けとなったのが「ベルサイユ宮殿」であったと言う事実も見逃すべきではありません。そう、「ベルサイユ宮殿」は広大な平野部に造られ、しかも圧倒的とも言える権力者(ルイ14世)が、他を制すると言う点も大きな目的の一つとして創出した建造物であったと言う事。従って、そこに併設された庭園も<世界の全て>と言ったイメージが盛り込まれました。もう少し分かりやすく言うと、主要部(宮殿等の建造物)から見た場合、<どこまでも庭園が続いており、他に何も見えない>と言った絶対的パワーが求められたという事です。結果、<広大+どこまでも見渡せる構成>が「平面幾何学式庭園」の最も大きな特性となりました。

「平面幾何学式庭園」の構成上の最大のポイントは、「ビスタ」と呼ばれる軸線を中心に広がって行くという点。つまり、中央部に庭園のメインとなる通路や水路が配置され、そこを中心に左右対称形の幾何学的なデザインンで広がって行くという事。こうすることで、巨大な空間を見通すことが出来、その圧倒的スケールが誇示されました。また、周辺部には巨大な樹木空間が設けられることが多く、塀や建物で囲わなくても<庭園外の景色が何も見えない>と言うのも大きな特徴と言えるでしょう。

1,600年代以前のフランスは様々な争いに巻き込まれ、住人(特に地方の有力者、等)は自ら土地や資産を守らなければならないという環境下にありました。従って、庭園も多数存在しましたが、殆どが建物に囲まれた中庭(プレオ)であり、それなりの高い価値を持ったものもあったようですが、少なくとも広く知られた現存する庭園は殆どありません。

対照的に、「平面幾何学式庭園」は圧倒的スケールと、著名な権力者(王や貴族)が建造したものが大多数で、歴史的な遺産・観光地として数多く残されています。だからこそ、現在のヨーロッパの庭園と言えば「平面幾何学式庭園」をイメージする人が圧倒的に多いというのが実情でしょう。

ブロワ城

 

 

 

 

ブロワ城(フランス・13~17世紀)・・・1,600年代以前のフランスでは庭園と言えば城などの建物内の中庭で、著名な現存物も少ない。

 

ヴィコント庭園

 

 

 

 

 

「ヴォー=ル=ヴェイコント城庭園」・・・典型的な「平面幾何学式庭園」

 

TOSHIBA Exif JPEG「ランブイエ城庭園」・・・広大さにまず目を奪われる

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,042

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第24回:ヨーロッパ庭園の流れ

 

庭園のルーツ探求から始まり、「ペルシャ式庭園」・古代ギリシャとローマの庭園事情・「露壇式(イタリア式)庭園」などに対する検証を行ってきました。この結果、明確にこれが庭園だと言えるものは「ペルシャ」に始まり(それ以前のものは伝説であったり、庭園の原点的なもので、BC500年頃の「ペルシャ」都市で発掘された庭園遺跡が現状では世界最古)、いわゆる「ペルシャ式庭園」と呼ばれるスタイルが最も古く確立された庭園様式と考えて良いでしょう。

建物や塀で囲まれている・幾何学的な構成・水を重視し中央に池がありそこから十字形に水路が走る・・・などがその主な形ですが、その後ヨーロッパで発展した庭園は全て「ペルシャ式庭園」の延長線上にあると見て良いでしょう。1,700~1,800年代になり始めてより自然観を重視した「風景式(イギリス式)庭園」と言うものが英国で登場しますが、それまでの庭園は全て「ペルシャ式庭園」のアレンジ形とも言えるかもしれません。

古代ギリシャ・ローマにおいても庭園(あるいは庭園の前段階的なもの)は造られ、火山爆発で姿を消した古代都市ポンペイの遺跡などにも庭園が存在し、この時点で少なくとも上流階級の人々は庭を造り大切にしていたことは間違いありません。ただ、「ペルシャ式庭園」の登場以後<これがヨーロッパで生まれたた庭園だ>と明確に言えるものが登場するなでには、その後約1,000年の時間を要します。つまり、古代ギリシャ・ローマ~ルネサンス時代までの間は、間違いなく多くの庭が存在したが、**様式と明確に言えかつ広く知られた現存物・遺跡は(何か考古学的な新発見がない限り)存在しないという事。従って、500~1,500年の約1,000年間はヨーロッパ庭園の暗黒時代と言えるのでは無いでしょうか?

ルネサンスとは1,300年代にイタリアで生まれ1,600年頃まで続いた文化・芸術活動の事。言葉自体は<再生>と言うフランス語です。従って、古き良き時代への復古が大きな特性ですが、明確な定義付けは研究者により大きく見解が異なり困難です。ただ、ペルシャ・イスラムとの関係性を無視できない文化であった事は間違いありません。なお、私たちが最もよく知る同時代の芸術家としては「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(イタリア、1,452~1,519年)、「ラファエロ・サンティ」(イタリア、1,483~1,520年)などを上げる事が出来ます。

庭園に話を戻します。既に前項で提示した通りこのルネサンス時代後半に登場し、ヨーロッパ庭園史の1ページを開いたのが「露壇式(イタリア式)庭園」です。幾何学系・丘陵を活かした景観と構成・過剰とも思える装飾性・・・などがその特色で、「ペルシャ式庭園」をルーツとしイタリアの芸術感覚と地形の特性を加えた庭園という事が出来るでしょう。

ヨーロッパ庭園の舞台はその後フランスへと移り、やがて全域に拡大。同時に、建築・文化・生活様式・芸術等の幅広い分野で無くてはならない存在となります。そして、この段階で確立された庭園様式が「平面幾何学式(フランス式)庭園」です。

 

人体図・ダヴィンチ

 

 

 

 

 

 

 

「レオナル・ド・ダヴィンチ」の「人体図」

 

 

ラファエロ

 

 

 

 

 

 

「ラファエロ・サンティ」の「アテナイの学堂」

 

フィレンツェ

 

 

 

 

 

 

 

「ルネサンス」を代表する町「フィレンツェ」

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,041

「世界のガーデン」第六章:「露壇式庭園」とその代表作品

 

第23回:「露壇式庭園」アラカルト

 

「露壇式庭園」について検証中。これまでに「メディチ家」「ランテ荘」「エステ荘」「ヴィラマダマ」を取り上げましたが、当然これ以外にも多数の名園が存在します。しかし、まとまった資料を入手することが困難なものが多いため、これ以降は主要なものをアラカルト(お好み料理)的に紹介しておきます。

*「ヴィラディスカステッロ」

「ヴィラディスカステッロ」はフィレンツェにあり、庭園は別荘とモンテ・モレロの丘の間にある丘陵地に作られています。「ニコロ・トリボロ」と言う人物の設計によるもので、特に植栽にこだわった点が一つの特色となっています。また、オレンジの木を大量に使った上部の庭・イトスギのトンネルがある下部の庭の2段構成となっており、一連の噴水で連結。その中心軸は丘の麓まで伸びています。

ヴィラディスカステッロ

 

 

 

 

「ヴィラディスカステッロ」の庭園内にあるヘラクレスとアンタイオスの噴水

 

ヴィラディスカステッロ・プラン

 

 

 

 

「ヴィラディスカステッロ」の全体プラン

 

*「ヴィラデステ」

「ヴィラデステ」はチボリにあり、ルネッサンス様式の作品としては最も壮大で保存状態の良いもの。イッポリト2世デステ枢機卿の依頼により作られたもので、ラテゥウムの平地を見下ろす丘の中腹を活用し建物と庭園が作られています。特に噴水施設が見事で、質・スケールともに超一流の作品となっています。

ヴィラデステ

 

 

 

 

 

「ヴィラデステ」のネプチューン噴水

 

ヴィラデステ・路地

 

 

 

 

 

「ヴィラデステ」の100の噴水路地

 

 

*「サクロ・ボスコ」

この作品(サクロ・ボスコ)は「マニエリスム」と呼ばれる絵画スタイルを取り入れたもので、ルネッサンススタイルとはかなり異なった特色ある庭。当時(1500年代後半)の同系庭園ではかなり贅沢な作品で、依頼者は「ピア・フランチェスコ・オルシーニ」と言う人物で、ヴォルマルツォと呼ばれる村にあります。庭の碑文には「偉大な旅人(貴方)が見た、恐ろしい顔・象・ライオン・鬼・ドラゴンがここに来た」と書かれています。

サクロ・ボスコ

 

 

 

 

 

「サクロ・ボスコ」の「地獄の鬼の口」

 

 

*「パドヴァの植物園」

ルネッサンス時代は<体系的な植物学が確立された時代>でもありました。その先陣を切ったのが「パドヴァ大学」で、世界発の植物園「パドヴァオルト」も創設。当然の事ながらそこには世界中の植物を集めた庭もありました。

パドヴァの植物園

 

 

 

 

 

パドヴァの植物園(アントニオ聖堂の現代彫刻から)

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,040

「世界のガーデン」第六章:「露壇式庭園」とその代表作品

 

第22回:「エステ荘」と「ヴィラマダマ」

 

前回は「メディチ家の庭」と「ランテ荘」を紹介しましたが、勿論この他にも多くの「ヴィラ」(別荘)などがあり、「露壇式庭園」もイタリア中心に各所に造られました。しかし、資料が乏しい・「ヴィラ」や宮殿などの建物だけで庭園は無かったもの・当時は存在したが建物だけが残り庭園は保存されていないもの・・・などの事情で、紹介できる作品はかなり限られます。ただし、断片的であっても確認可能な現存「露壇式庭園」に関しては、出来るだけ取り上げていきます。この第22回は「エステ荘」と「ヴィラマダマ」をピックアップ。

「エステ荘」は前回紹介した「ランテ荘」と共に、最も有名な現存する「露壇式庭園」です。ローマの東約30㎞の位置にある街ティヴォリの丘陵地に造られたエステ家の別荘で、敷地は4.5ヘクタールに及ぶ広大なもので、特に噴水の見事さはイタリア随一との評価を持っています。

「エステ荘」の庭園は、オルガンを模した噴水・その他多くの噴水・子宝の神アルテミスを表したエリアなどが特に有名で、作曲家「フランツ・リスト」のピアノ曲のモデルになったとも伝えられています。

少しその歴史を追ってみると、元はベネティクト会の修道院をエステ家の一員であり枢機卿でもあった「イッポーリット2世」と言う人物が1,563年頃から大改装を始めたのがスタートとされています。ただ、改装はその後延々と続き、彼は1,573年に死去しますが、まだ完成には至っていなかったとの事。設計は「ピーロ・イーゴリット」(1,500〜1,583年)で彼は考古学にも精通しており、古代ローマ時代のデザインなども取り入れられた可能性があります。

その後、所有者が代わるなどの変遷を経ますが、大規模改修が繰返し行われ、1,600年代後半になっても進化し続けました。ただ、18世紀には「エステ荘」は放棄されてしまい、1,920〜1,930年の修復、1,941年(第二次世界大戦)の爆撃による破損などの苦難を超えた、イタリア史の象徴的建造物とも言えます。また、「ランテ荘」は自然の地形を活かしたのに対し、「エステ荘」は大掛かりな土木工事が行われ地形そのものにも手を加えられたとされています。

エステ所在地

 

 

 

 

 

 

「エステ荘」の所在地

 

エステ全景

 

 

 

 

 

「エステ荘」とその周辺の景観

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

オルガン型の噴水

 

「ヴィラマダマ」はローマを見下ろすモンテマリオの斜面に造られた「ヴィラ」。1,516年から建造が始まり、レオ10世からジュリオ・デ・メディチ枢機卿へとバトンタッチされようやく完成に至ったと伝えられています。また、全体監修に関しては当時最も著名な芸術家であった「ラファエロ」が担当したとの事。従って、ルネサンス時代を代表する建造物であったことは間違いありません。ただ、庭園部分の資料が乏しく、入手できる画像も限られています。

ヴィラマダマ

 

 

 

 

 

「ヴィラマダマ」の全景

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,039

「世界のガーデン」第六章:「露壇式庭園」とその代表作品

 

第21回:「メディチ家の庭」と「ランテ荘」

 

「露壇式庭園」の登場はルネッサンスの頃からで、表現を変えれば同時代初期の庭を探れば当初の姿を知ることが出来ます。そして、ルネッサンス時代を代表する富裕者と言えば何と言っても「メディチ家」で、庭園もまた同家のものが元祖的存在。勿論、スケールもまた別格でした。ただし、その庭は現存せず、図画等により往時の姿を知るのみです。

同庭園は創始者:コジモ・デ・メディチの息子ジョヴァンニ・デ・メヂィチ(1421〜1463年)によってヴィラ(別荘)に付随する庭として築かれました。建設・作庭期間は1455〜1461年の約6年間とされています。ただし、他の農地に付随した平地のヴィラと異なり、フィレンツェの景色が一望出来る丘の中腹に造られました。<主要な別荘には素晴らしい眺望が必要>とする「アルベルティ」(前項・第20回参照)の庭園論を参考にしたためで、スケールの大きな庭園でありながら高台にありかつ傾斜を有効活用した設計になっていました。<元祖「露壇式庭園」>と言われる所以がそこにあります。なお、メヂィチ家の庭園プランに関しては第20回に掲載した画像を参照して下さい。

現存する「露壇式庭園」あるいはヴィラとしてもっとも著名なものの一つに「ランテ荘」があります。

「ランテ荘(ヴィラ)」はローマの北約90キロの位置にある都市・ヴィルテボの郊外にあり、ゼロからではなく廃墟となっていた建造物を活用し造られました。ヴィラと呼ばれる建造物は、元貴族が所有する狩りのための小屋を改装したものが多く、「ランテ荘」の場合も教会に所属した司教たちが狩りをするとき、雨宿り用として利用していた建物を活用。ただし、大改装を行いイタリアを代表するヴィラ・庭園として大変身を遂げました。

大改装の依頼者は、当時このエリアを統治していた枢機卿「ガンバーラ」で、建造期間は1560年代後半からで20年の歳月を要したとされています。設計者は「ヴィニョーラ」と言う人物で、彼は当時もっとも著名な建築・庭園設計家の一人でした。このような経緯と現存する「ランテ荘」を観ると、この頃教会と言うものが極めて大きな権力を持ち、かつ財を成していたかが分かります。同時に、ルネッサンス時代に富裕層がヴィラ(及びその庭園)を重要視し、そこでの暮らしにどれだけ憧れたかが推測できます。

「ランテ荘」は「露壇式庭園」と2棟の建造物で構成され、その特色としては、自然の地形を有効活用している(他のヴィラは地形自体に手を加えたものが多い)・植栽は樹木のみ(草花を使わない)・トピアリー(幾何学的な刈込を施した植栽)の多用・・・などを上げることが出来、現在もほぼその全てが保存されています。

このような環境下で生まれた「露壇式庭園」は、極めて高度作庭技術により創出されたものであるかが分かります。また、幾何学系の庭園で「ペルシャ式庭園」の影響を色濃く受け継ぎ、かつフランスで生まれた「平面幾何学式庭園」などに引き継がれて行きます。

21:ランテ景観

 

 

 

 

 

「ランテ荘」とその周辺の景観

 

21:ランテ荘

 

 

 

 

 

「ランテ荘」の全景

 

21:ランテ主要部

 

 

 

 

 

「ランテ荘」の主要部

 

21:ランテ・ペガサス噴水

 

 

 

 

 

 

ペガサス噴水

 

 

次のページ »