みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,035

「世界のガーデン」第四章:イラン以外のペルシャ式庭園④

 

グラナダ編②「ヘネラリフェ」と「アルバイシン」

 

前項ではグラナダにある「アルハンブラ宮殿」を取り上げました。同宮殿程有名ではありませんが、実は同じ市街にもう2ヶ所ペルシャ由来のエリアがあります。「ヘネラリフェ」と「アルバイシン」です。両地区とも、「アルハンブラ宮殿」とセットで1984年に世界遺産に指定されており、ここで紹介しておきます。

「ヘネラリフェ」

「ヘネラリフェ」はムハンマド3世(在位1,302〜1,309年)時代に別荘として建設された建物と庭園で、「アルハンブラ宮殿」の北に位置する太陽の丘にあります。しかも、元々「アルハンブラ宮殿」とは渓谷をまたぐ歩道で結ばれていたとのことで、深い関連性があった建造物でもあります。

また、規模はそれほど大きくありませんが、建物・庭園(中庭)共にイスラム様式を色濃く残しており、文化・歴史遺産・芸術性などの面で高い評価を受けており、「アルハンブラ宮殿」とセットで訪れる観光客も多数います。

特に、建物内の中庭にある「ペルシャ式の庭園は」<アセキアの中庭>と呼ばれ、細長い池を囲むように花壇・噴水・柱廊などがあり珠玉の空間となっています。しかも、保存状態も極めてよく、創建当時の面影が色濃く残されています。

今日の姿になったのは、1931〜1951年にかけて行われた補修作業後。歴史を大切にしながらも、地元の川で産出する白と黒の石を使ったモザイク歩道も加わりより素晴らしいエリアとなっています。

ヘネラリフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヘネラリフェ」のメイン空間とも言える<アセキアの中庭>

H噴水

 

 

 

 

 

 

 

 

噴水

 

H階段

 

 

 

 

 

 

 

太陽の丘に向かう階段

 

H側面

 

 

 

 

 

水路

 

 

「アルバイシン」

「アルバイシン」とは、「アルハンブラ宮殿」の西側にある丘陵地帯でムーア人(アフリカ在住のイスラム教徒)支配したエリアの事。当然の事ながらイスラム色の強く残った歴史エリアとなっています。

この地区は、白壁の建物と石畳が特色で、イスラム式の浴場(ハマムーン)・グラナダ考古学博物館・モスク(イスラム教の教会)を改造したサン・サルバドール教会などがあり、特有の雰囲気を作り出しています。

Aアルハンブラより

 

 

 

 

 

「アルハンブラ宮殿」から見た「アルバイシン」エリア

 

Aモニュメント

 

 

 

 

 

 

 

町中のモニュメント

 

A通路

 

 

 

 

 

 

 

石畳の通路

 

A街並み

 

 

 

 

 

「アルバイシン」の街並み

 

 

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,034

「世界のガーデン」第四章:イラン以外のペルシャ式庭園③

 

第16回:グラナダ編①「アルハンブラ宮殿」

 

イラン以外の「ペルシャ式庭園」を紹介中。今回は、スペインのグラナダ市にある「アルハンブラ宮殿」を取り上げます。

実は南仏・イタリア南部・スペイン南部など、ヨーロッパの地中海沿岸は、何度かイスラム勢力の進出を許し、その統治下時代も経験しています。このため、ペルシャ式の建造物・庭園等も数多く造られました。スペインのグラナダにも、3つ(「アルハンブラ宮殿」「ヘラリーフェ」「アルバイシン」)の歴史建造物が残されています。今回はその中の「アルハンブラ宮殿」を取り上げますが、世界中のペルシャ式遺跡・建造物の中で、インドの「タージマハル」と共に、もっとも有名な物と言えるかもしれません。勿論、世界遺産にも指定されています。

「アルハンブラ宮殿」は宮殿と呼ばれていますが、実際は城壁都市と言った方がふさわしい建造物で、ここを舞台とした戦いも何度も経験しています。つまり、イスラム勢力がヨーロッパに基盤を築くための城のような役割を果たしていたという事。だからこそ、丘の上にあり頑健な外壁で守られています。従って、一人の支配者が短期間に建造したものではありません。

「アルハンブラ宮殿」が現在のような大規模なものになったのは、グラナダを首都とした「ナスル朝」(1238〜1492年)時代のことで、同期に、水道の設置・コマレス宮とその関連建造物・マチューカの塔・コマレスの塔・正義の門・スィエテ・スエーロの門・ライオンの中庭とその関連建造物などが造られ、現在に近い形となりました。

これらの建造物の中でも、ライオンの中庭(長さ28m×幅16m)に関連するものは特に著名で、質・スケール共にもっとも高い評価を受けています。

現在の主要構成物としては、ファサード・マチューカの中庭・コマレス宮とその関連物・ライオンの中庭とその関連物・パルタルと呼ばれる建物とその関連物・フェネラリーフェと呼ばれる建物とその関連物・カルロス5世の宮殿とその関連物・・・などをピックアップする事が出来ます。

「アルハンブラ宮殿」建造後の歴史を見ると、1492年にカトリック勢力の「レコンキスタ」が奪還し、イスラム勢力統治時代が終了。ただし、ヨーロッパ人も建造物の素晴らしさは認めており、カルロス5世は避暑地として使用し、彼の宮殿(カルロス5世の宮殿)も増設しています。

さらに、現在のスペインになった後も、他地区ではイスラム系建造物をカトリック系建造物に建て替えた事例もありましたが、「アルハンブラ宮殿」はイスラム様式のまま残しました。適切な選択であったと言えます。結果、歴史遺産が保存されたばかりか、同国でも最も有名な観光名所にもなっています。勿論、「アルハンブラ宮殿」は日本人にも大人気で、多数の人が訪れています。

全景

 

 

 

 

 

グラナダ市南東の丘にある「アルハンブラ宮殿」

 

アラヤネス

 

 

 

 

 

 

 

アラネヤスのパティオ

 

パルタル

 

 

 

パルタル庭園

 

ライオンの中庭[1]

 

 

 

 

 

ライオンの中庭

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,033

「世界のガーデン」 第四章:イラン以外のペルシャ式庭園②

第15回:「ラホール城」&「シャーラマール庭園」

イラン以外の「ペルシャ式庭園」を紹介中。インドの「タージマハル」に続き、パキスタンにある「ラホール城」と「シャーラマール庭園」を取り上げます。

この2つの歴史的建造物はパキスタンのパンジャーブ州の都市ラホールにあります。共に世界遺産に指定されており、勿論同国有数の観光拠点。ただし、別々の歴史を持ちセットで創られたものではありません。

「ラホール城」の歴史は古く、起源を辿ると神話の時代まで遡ることが出来るとの事。ただし、発掘調査では、1,000年頃〜1,200年頃の建造と見るのが定説。最も、現存する建物は殆どが「ムガル帝国」(1,516〜1,858年)時代の1,500年代中頃に再建されたもののようです。また、1,618年・1,631年・1,645年・1,674年などの増設記録が残されており、長い年月をかけて現在の姿となったと見るべきでしょう。

日本人にとっては、前項で紹介した「タージマハル」ほどの知名度はありませんが、ペルシャ様式の歴史的建築物として高い評価を受けています。

一方、「シャーラマール庭園」は1,641年に「ムガル帝国」第5代目の皇帝「シャー・ジャハーン」により造園がスタートし、翌1,642年に完成しました。造園の実際の指揮(監督)を執ったのは宮廷につかえていた「ハリールッラー・ハーン」と言う人物で、協力者として「アリー・マルダーン・ハーン」「ムッラー・アラーウル・ムルク・トゥーニー」などの名が残っています。

この庭園は、南北658m×東西258mの長方形で、高い煉瓦塀で囲まれており、そこに繊細な透かし彫りの彫刻が施され、そのデザイン性・技術力に対し高く評価が下されています。また、「ペルシャ式庭園」の特性でもある幾何学的構成+水の有効活用も注目点の一つ。南側から北側に向け約5mの高低差があり、階段状にテラスを創ることで、より魅力的空間となっています。つまり、テラスの使い方がゾーニングの妙でもあり、最上段のテラスを「喜びを与えるテラス」、2段目を「美徳を与えるテラス」、3段目を「命を与えるテラス」と呼び、「シャーラマール庭園」の象徴にもなっています。

さらに、410にも及ぶ噴水、建築物ではサーワーン・ブハドゥム・パビリオン、皇帝と家族用の建物や部屋、大広間、休憩室、(噴水施設を活用した)涼を求める空間、VIPルーム、門と塔などがあり、贅をつくした庭園でもありました。

また、植栽・果樹類の栽培にもこだわり、アーモンド・リンゴ・アンズ・サクラ・マンゴー・クワ・モモ・プラム・ポプラ・マルメロ・イトスギ・それに複数の柑橘類などが植えられています。熱帯イメージの植物が主力ですが、ポプラ・イトスギなどかなりイメージの異なったものも含まれており、欧米・日本などの植栽感覚とは少し異なった一面を持っています。

アーラムギーリー門

 

 

 

 

 

 

「アーラムギーリー門」・・・「ラホール城」正面入り口

 

修道場

 

 

 

 

 

 

「ラホール城」内の古い修道場

 

ロシュナイ門 - Side Entrance (2)

 

 

 

 

 

 

「ラホール城」内の「ロシュナイ門」(正面で出入口)

 

シャーラマール庭園

 

 

 

 

 

 

「シャーラマール庭園」内部

 

シャー・ジャハーン

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャーラマール庭園」を創った「シャー・ジャハーン」(「ムガル帝国」第5代皇帝)画

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,032

「世界のガーデン」 第四章:イラン以外のペルシャ式庭園①

第14回:世界の至宝「タージ・マハル」

引き続き「ペルシャ式庭園」を紹介。ただし、イラン以外の庭園を取り上げます。ペルシャ及びその後に繁栄したイスラム勢力は、西はヨーロッパ、東はインド〜東南アジアまで活動範囲を伸ばし、様々なペルシャ・イスラム様式の建造物を残したからです。

最初に取り上げるのは、世界の至宝とまで言われるインドの「タージ・マハル」。

「タージ・マハル」を造ったにはトルコ系の「ムガル帝国」(1,526〜1,858年)5代皇帝「シャー・ジャハーン」で、実は彼が寵愛した「ムムターズ・マハル」(1,631年死去)の墓廟です。着工は1,632年で、完成したのは1,653年。実に22年もの歳月を要した事になります。また、このような豪壮な墓廟を造った一因は、謀反討伐に同行しその遠征先で死去した彼女の、<後世に残る墓を造って欲しい>と言う遺言も一因と伝えられています。また、「タージ・マハル」と言う名前の由来は諸説あるとの事ですが、「ムムターズ・マハル」と言う名前が元になっている事は間違いなく、その意味は「宮殿の光」「宮廷の選ばれし者」と言ったもの。

「タージ・マハル」はインド北部のアーグラと言う都市にあり、南北560m×東西303mの敷地を持つ。全体構成は、南端4分の1が前庭、その北に大楼門。同門の南側には正方形(一遍296m)のメイン庭園があり、墓廟へと繋がっています(平面図参照)。なお、メイン庭園は中央に噴水(池)があり、そこから水路が十字に走り、完全に4等分されています。つまり、最も典型的な「ペルシャ式庭園」の構成となっていると言う事。また、全体も完璧なシンメトリーとなっています。

主要構造物についてもう少し詳しく記すと、「大楼門」は赤色の砂岩で造られ、大きなアーチを持ち、両側に八角形の大きな塔を配置。アーチの上には11個の丸屋根があり、ペルシャ・イスラム様式の典型的な構成だとの事。

最も重要な墓廟は白大理石で出来ており、正方形(一遍57m)だが、四隅がカットされており、実際には変則的な八角形となっています。また、高さは丸屋根最上部までが58mで、さらにその上には頂華と呼ばれる装飾物が設置されています。このため、目前から見上げると迫力が倍増するとの事。しかし、遠方から見るとバランスが悪くなり、それを防ぐため墓廟が置かれている基壇の両端に塔が設置され、全体のバランスに配慮した構成となっています。

墓廟の左右には集会所とモスクがありますが、これまたシンメトリーを崩さないように同形となっています。

以上のように、「タージ・マハル」は贅をつくしたと言うだけではなく、完璧な美を持つ建造物とも言えます。だからこそ、多くの人々が知る通り、世界の至宝・世界最高の美的建造物とも・・・

14:外景・ヤナーム川より

 

 

 

 

 

ヤナーム川から見た遠景・・・北側にある墓廟(中央)とその両サイドの集会所・モスクが見える。

 

14:平面図

 

 

 

 

「タージ・マハル」の平面図(左が北)・・・右(南)から前庭・大楼門・主庭・墓廟

 

14:大楼門

 

 

 

 

 

 

大楼門・・・墓廟側(北)からの景観。赤色の砂岩で出来ている。

 

14:庭園・廟より

 

 

 

 

 

 

主庭・・・墓廟(北側)からの景観。中央に噴水(池)・水路で4分割と言う典型的な「ペルシャ式庭園」。

 

14:廟

 

 

 

 

 

 

墓廟・・・世界で最も美しい建造物とも。白大理石で出来ている。

 

14:地図

 

 

 

 

 

 

 

 

「タージ・マハル」の位置・・・インド北西部のアーグラにある。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,031

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園⑨

第13回:「アクアバリーエ庭園」!

イランにあり世界遺産に指定されている、9ヶ所のペルシャ式庭園紹介。今回がラストで、取り上げるのは南ホラーサーン州の州都ビールジャンドにある「アクアバリーエ庭園」。ただし、この庭園に関しても一般入手出来る資料は極めて乏しく、今回も「Pars Today」の力をお借りします。

「アクアバリーエ庭園」のある南ホラーサーン州はイランの東部に位置し、人口は約70万人。そのうち州都ビールジャンドに約22万人が住んでおり、同州一番の都市ではありますが、決して大都市とは言えず、首都テヘランからも遠く離れています。確かにホラーサーン州は歴史的にも文化的にも重要な地域で、周辺2州を含めたホラーサーン3州で1,119箇所もの文化指定遺産があり、加えて巡礼地・自然の名勝が多いなど、観光地としても注目のエリアとなっています。ただし、日本から訪れる人は稀であり、この点も素晴らしい庭園でありながら(日本では)あまり知られていない要因となっているのではないでしょうか?

「アクアバリーエ庭園」はザンド朝(1,750〜1,794年)〜ガージャール朝(1,779〜1,925年)にかけて造営されました。従って、ペルシャ式庭園の様式を守りながらも、独自のアレンジも加わっており、多様性と作者の個性・才能を強く感じさせる作品と言われています。

メインとなるのは敷地の中心部にある建物とその周辺。建造物の前には独特の形状をした池があり、そこに映し出された世界と現物が見事なハーモニーを創出し、特有の三次元世界が広がっています。加えて、庭園自体が斜面にある事、斜面の一番高い部分に建物がある事、周囲が壁で囲まれており外部とは異空間となっている事、シャープな直線が多く使われている事・・・などにより、ボリューム感がありながらモダンで重苦しさを感じさせません。

ペルシャ式庭園の場合は水をどのように使うかが重要ポイントとなりますが、同庭園でも池・大きな水路・小さな水路が見事に組み合わされており、目を楽しませてくれる上、あたかもせせらぎの音が聞こえるような雰囲気を創り出しており、特有の理想郷となっています。

「アクアバリーエ庭園」はおよそ4.5万㎡の広さがあり、前出のメイン建造物に加え、東端により古い建物があります。この建物は2階建てで、廊下・2つの中庭・馬小屋などから成り立っており、貴重な歴史建造物となっています。

中央部(メイン)の建物は1フロア面積約600㎡で2階建て+塔から成り立っています。そして、この建物には2つの博物館があります。2階は考古学博物館になっており、これもまた見どころの一つと言えるでしょう。この博物館には、先史時代・古代・イスラム期の3コーナーに分かれており、先史時代コーナーでは4,000年前の文化・産業、古代コーナーでは2,000年前の出土品・道具、そしてイスラム社会の歴史を知ることが出来ます。

1階は人類学博物館で、ホラーサーン州とその近辺の100年間の歩み・文化・産業・風俗等を知ることが出来ます。

南ホラーサーン州

 

 

 

 

 

 

 

イランの地図・・・ホラーサーン州はイランの東部に位置している。

4bprf401193c1717zvl_800C450[1]

 

 

 

 

 

遠景・・・真ん中奥にあるのがメインの建物

 

4bpr4d8243f5bd17zvr_800C450[1]

 

 

 

 

 

中央の建物アップ

4bprcd010a8b8817zvm_800C450[1]

 

 

 

 

中央の建物(別角度から)・・・塔も直線が多くモダンな感覚

 

4bprffd740da1617zvx_800C450[1]

 

 

 

 

中央の建物内にある中庭

 

4bprf35e3f96ff17zvy_800C450[1]

 

 

 

 

 

東側にあるより古い建造物

 

次のページ »