みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,107

「納得!エクステリア講座」第40回・・・これが最新のアプローチプランだ!

現代のアプローチについて検証中。この項では、機能・デザインについて、具体的にプランポイントを提示しておきます。

第13章 外観重視から機能重視のアプローチへ②

現代のアプローチは歩きやすさが最優先されます。従って、広い・短い・滑りにくい・階段は低くゆったり・(夜も)明るい・・・と言った点が重要視されます。ただし、だからと言って、デザイン性を忘れてはその価値が半減されます。アプローチは玄関・門廻り・道路を結ぶもので、最も目立つ場所にあるからです。

逆に言えば、以上を満足させるプラン・資材選択が<良いアプローチを創る>事につながると言う事。前項とも多少ダブりますが、幅(広さ)は90㎝以上・階段の蹴上げ高は15㎝以下・ステップ幅(奥行)は30㎝以上だが出来る限りゆったり・濡れても滑りにくい仕上げ材を使う・凸凹しつまずきやすい仕上げ材は避ける・水が溜まらないように細心の注意・ハイセンスな仕上がり・・・などがプランポイントとなります。

例えば、外観的には優れたものが多く貼石等が良く使われますが、<つまずきやすい・滑りやすい>ものも少なくなく、より慎重な資材選択が必要になっています。逆に、30㎝角以上の大型サイズが安価になった・品質が向上した・デザイン面でも優れたものが多数登場した・主流のモダン系とコーディネートしやすい、などの条件から、大型タイルが多用されるようになりました。

ただし、カースペース土間と異なり、アプローチはあまり強度面を気にする必要がありません。加えて、平米数も少ないため、多少の高額材料も使用可能。従って、上記条件を満たすものであれば、かなり幅広い材料選択が可能です。

また、近年はバリアフリーを意識するのもアプローチの常識! 従って、頑丈な手すりの設置・スロープの基準等を知っておく、といった事もプラン作成上の必須条件となっています。例えば、スロープの公的基準は、傾斜角8%未満・幅120センチ以上・5mごとに踊り場・・・などとなっています。しかし、住宅でこの基準を満たす事はまず不可能です。従って、筆者の場合は、幅1m以上・傾斜角度10%以下を目安としています。

いずれにしても、その店・その担当者自体の基準を持つ事が大切。逆に、お客様側から言えば、スロープ等が必要な場合、即可能か否か・不可能であればその代替方法(リフトの使用・特殊階段の設置、等)を提示してくれる店・担当者を選ぶ事が一つの選択ポイントとなります。

そこで本日の一口アドバイス。

「アプローチのバリアフリー化にもっと意識を! それが優れたプラン作成の元に!」

(みずき りょう)

 

40:多種材

 

 

 

 

 

 

 

ガレージ一体型のゆったりアプローチ・・・このような場合、間の抜けたデザインになりがち。だから、複数仕上げ材を組み合わせ変化を付ける事も!

 

40:デザイン性

 

 

 

 

 

 

 

天然石の敷石(インド砂岩)を使ったアプローチ・・・デザイン性+歩きやすいさ+滑りにくい、を意識。幅もゆったりと!

 

40:階段

 

 

 

 

 

 

 

インド砂岩と植栽を有効活用したアプローチ階段(大型のインド砂岩使用)・・・ワンクラス上の外観。そして、あるきやすいゆったり幅と奥行き。勿論、滑りにくくて安全。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,106

「納得!エクステリア講座」第39回・・・激変したアプローチプランとその理由!

門廻り・塀廻りに続きアプローチについて考えます。実は、生活環境の変化に伴い、アプローチに対する考え方が根本的に変わりました。まず、その変化理由を知り、暮らしに適したアプローチプランを作成する事が、極めて重要になります。

第13章 外観重視〜機能重視のアプローチへ!①

エクステリア(住まいの屋外空間)のアプローチとは、敷地内通路の事。従って、1:庭内のアプローチ 2:車庫と勝手口を結ぶアプローチ 3:勝手口と門廻りを繋ぐアプローチ 4:玄関〜門廻り〜道路を繋ぐアプローチ 5:以上の複合型アプローチ・・・等様々。ただし、3と4が最も重要でこの2点に焦点を絞り検証します。

アプローチ=人の通路。従って、<人が歩き(通り)やすい>と言う事を最優先しなければなりません。しかし、この当たり前ともいえる考え方が定着したのは最近の事。少し前までは、外見的な美しさが優先されてきました。結果として、<細く・長く・先が見えにくい>と言ったアプローチが長い間良いとされてきました。おそらく、「露地(茶庭)」的発想が強く影響していたのでしょう。

しかし、人間優先の考え方・高齢化社会・・・等の影響で、アプローチも<機能優先型>へと大きく変化しました。従って、<幅広い・短い・歩きやすい+α美しい>が最も重要なプランポイントとなり、その内容が激変しました。

以上を前提に、最新のアプローチプランについて検証します。

アプローチは人の通路。具体的には絶対的に必要な2大ポイントがあります。1つ目は<人が通れる幅の確保>。2つ目は<人が通れる段差処理がなされている事>。以上です。当たり前・・・その通りです。しかし、最新のアプローチプでは、単に<通れる・登れる>だけでは落第。<通りやすい・登りやすい・+α美しい>でなくては及第点とは言えません。しかも、高齢者・ハンデを持つ人もその対象とすべき時代となりました。

例えばアプローチの幅ですが、つい最近まで90㎝が標準とされてきました。しかし、現状では90㎝が最低と考えるべきです。階段に関しても、蹴上高15㎝程度・ステップ幅(奥行)30㎝程度と言う考え方も、これが限界点で、出来ればもう少し低目・長めと言う考え方を持つべきでしょう。

以上を前提に、次項ではより具体的に<現代のアプローチはどのようなものであるべきか>について考えます。

そこで本日の一口アドバイス。

「狭く・長く〜広く・短くへ! 激変するアプローチプランにあなたはどう対処すべきか?」

(みずき りょう)

 

39:一体型アプローチ

 

 

 

 

 

 

周囲と一体型のアプローチ・・・このように周囲との仕切り・段差をなくし、より通りすくしたアプローチが増えている。ただし、土間素材を変えるなどしてでデザイン的工夫も!

 

39:ゆったり型

 

 

 

 

 

 

南仏イメージを取り入れたアプローチ・・・このように少しノスタルジックな作品でも、アプローチは<幅広・短め>が近年の主流!

 

39:ゆったり階段

 

 

 

 

 

 

ゆったり階段・・・スペースに余裕があれば、<階段の高さ(蹴上)はより低く・ステップ幅(奥行)はより広く>した方が良い!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,105

「納得!エクステリア講座」第38回・・・ブロック塀に必要な場合の対処方法!

基本的には塀(フェンス)に高さ1.2m以上ブロックを積まない。これが原則。しかし、どうしてもより高いブロック積が必要な場合も・・・この項ではその時の対処方法について。

第12章 最新の塀・フェンス事情③

高さ1.2m以上のブロック積が必要な塀とは? 門扉を設置する場合の門袖(門柱)部分、低い土留めを伴うクローズ外構の塀・・・などです。勿論、その場合もRC擁壁・塀等を使えば対応可能ですが、コスト・施工性等を考慮すると、ブロックの方が・・・

どうしても塀に高さ1.2m以上のブロック積を行う場合には2つの方法があります。1つ目は、「型枠ブロック」を使う。 2つ目は、建築基準法を順守し積む。以上です。

前者については、土留めを伴う場合が特にお勧め。「型枠ブロック」とは、我々が一般にブロックと呼んでいる(正確には「スタンダード・コンクリート・ブロック」)とは根本的に異なり、孔(空洞部)が大きく、そこに充填したコンクリートにより強度を出します。つまり、工法的には(一般のブロックとは異なり)組積造ではなくRC造となり、耐震性等が大幅にアップします(ただし、充填量の差により、コンクリート擁壁・塀よりは強度は劣る)。

「型枠ブロック」にも化粧タイプと一般タイプ(表面の化粧加工無し)がありますが、化粧タイプでもデザイン性に関しては(少なくとも現商品群では)課題があり、通常は一般タイプを使い表面塗装・左官仕上げ等の処理を行います。ただし、この点が一つの難点である事は否めません。

となれば、後者の一般のブロックを使い<施工基準を順守すれば良い>と言う事に・・・ 残念ながら、問題はそう簡単ではありません。(専門的になり詳細提示は避けます。詳しくはegg-加盟店にご来店の上ご確認ください)A:基礎の立ち上げ部分処理(布基礎にするか、最低1段は「型枠ブロックウィ使う必要がある) B:縦筋を基礎内〜最上部まで継いではならない C:最上部の横筋と縦筋をしっかり結線する必要がある D:長さ3.4m以上の場合は正しい控え壁が必要・・・など難題が多いからです。

また、施工基準を順守しても、ブロックには大きな課題が残ります。それは、経年劣化が激しい・鉄筋が錆びやすい構造・・・等によるもの。つまり、施工基準が順守されたブロック塀でも、20年・30年後には危険なブロックになってしまう可能性がある(ちなみに、「型枠ブロック」「RC擁壁・塀」の場合は50年以上の耐久性があると言われている)と言う事。

補足するなら、施工基準を順守する以上、少なくともこれまでブロックが多用されて来た最大理由<安さ>を維持する事は不可能となります(少なくとも従来価格の1.5倍以上になる)

そこで本日の一口アドバイス。

「ブロックの施工基準順守は難しい? 少なくとも値段は従来の1.5倍以上に!」

(みずき りょう)

38:施工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックの施工基準(全国コンクリートブロック工業会HPより)・・・この施工基準は建築基準法を参考に同工業会が作成したもの

 

38:型枠

 

 

 

 

 

 

 

「型枠ブロック」基本形(化粧タイプ)・・・よねざわ工業HPより

 

38:型枠施工例

 

 

 

 

 

 

 

同上「型枠ブロック」の施工例・・・外見上は一般のブロックと変わらない。よねざわ工業HPより

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,104

「納得!エクステリア講座」第37回・・・大型塀には天然木・スーパーフェンス!

一般的なフェンスに続き、大型塀を取り上げます。具体的には、前項の、2:ブロックを全く使わない大型塀 3:どうしても件クリート系の塀が必要な場合・・・が対象となります。

第12章 最新の塀・フェンス事情②

このコーナーでは大型の塀を取り上げます。だがここで大きな問題が! そう、大型の塀の場合、これまではブロックが主体でしたが、<出来るだけ使わない方が良い>と言う社会評価が強まっており、どう対処すべきかを最初に考える必要があるからです。

と言っても、対応方法は3つしかありません。①:コンクリート系以外の代替品を使う ②:RC塀(土留め)or 型枠ブロックを使う ③:ブロックは使うが建築基準法を順守する・・・以上です。

そして、結論から言えば、どうしてもコンクリート系の塀を必要とするとき以外は、の方法お勧めします。その場合、天然木・天然木+「スーパーフェンス」・大手メーカー部材に大別することが出来ます。

オール天然木製の場合は、最もオーソドックスな方法と言えます。ただし、素材選び・工法の選定・デザイン選択などがより良い商品を作るポイントで、エクステリア用天然木の事を熟知している店を選ぶ事。一般的な大工・工務店・住宅企業などは、屋内での木の使い方については詳しくても、屋外は不得手と言うケースが多いもの。だからこそ、レベルの高いエクステリア専門ショップに相談を!

それでも、高さが高い(H2.5m以上)・特別な強度が求められる(風邪当たりが強い)・柱が腐りやすい土壌(水分が多い・畑や田の土、等)と言った場合は、②の天然木+「スーパーフェンス」の組み合わせがお勧め。少しコストアップにはなりますが、頑丈なアルミ柱・笠材等と組み合わせる為、強度・耐久性が大幅にアップする為です。

大手メーカー部材を使う場合は、ガーデンルーム系のパネル用部材・専用の部材(デザイナーズパーツ、等)などが主力対象となります。後者の場合はデザイン性に優れるなど、多くの魅力を持っています。ただし、非常に高額である、現場応力に課題がある・・・などの欠陥も。特に、複雑な形状・条件の現場に関しては、使えない場合も少なくありません。

いずれにしても、ブロック問題がこれだけ社会問題化している以上、可能な限り上記のような代替品を採用すべきです。しかし、塀である以上<どうしてもコンクリート系でなければならない場合>があります。その場合は、冒頭でも提示した通り、の方法を採用します。この件に関しては、次項で詳しく説明させて頂きます。

そこで本日の一口アドバイス。

「大型塀の場合は、天然木・天然木+「スーパーフェンス」・メーカー部材がお勧め!」

(みずき りょう)

37:ウリン塀

 

 

 

 

 

 

 

天然木を使った大型塀・・・最強の天然木「ウリン」を使っている為、強度・耐久性面でも安心。加えて、コスト・多様なデザイン性・同現場対応力など多くの魅力が・・・

 

18年12月:ルーバー (2)

 

 

 

 

 

 

 

天然木+「スーパーフェンス」・・・天然木と頑強なアルミ柱・笠木当の組み合わせで、さらに強度と耐久性がアップ。一工夫すればデザイン面でも幅広い対応が可能。

 

37:デザイナーズパーツ

 

 

 

 

 

デザイナーズパーツを使った塀・・・優れたデザイン性が魅力。ただ、非常に高額である事・現場対応力に限界がある事などの課題も。

 

年頭所感:デザイン・機能+安全性 それがプロの仕事!

2019年 充実のガーデンライフに必要なものとは・・・egg-代表:藤田 哲夫

 

藤田哲夫

 

 

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

皆様方に取り、2019年が素晴らしい年となる事を、祈念しております。

昨年を振り返ると、世界事情・国内事情を問わず、激動の一年であったことは間違いありません。そんな中、私どもエクステリア(住まいの屋外空間)に関わるものに取り、関連性の深い最大の出来事は、やはり台風・洪水・地震に代表される<自然災害>であったと言えます。つまり、外廻りのデザイン・機能性に加え<安全性>に対し、認識を新たにさせられる一年であったと言う事です。

最近のエクステリアはデザイン・機能が重視され、お客様のご要望に対応出来る優れた商品(あるいは資材)が続々と登場しています。それは、間違いなく進化でもあります。しかし、その反面<目に見えない部分を大切にして、安全性に最大の注意を払う>と言う視点がおろそかになっていた。その反動が、昨年の自然災害を助長する結果となった。そう思えてなりません。

例えば、1:利便性とコスト重視から安易に樹脂系商品を使う 2:基礎部・強度・耐久性等の配慮に欠ける 3:耐候性への知識不足 4:ブロックの安易な使用・・・など反省すべき点が多数あります。

1:の樹脂製品に関しては、勿論、全てが悪いわけではありません。と言うより、エクステリアにおいても樹脂製品無しでは成立出来ないと言っても過言ではありません。しかし、昨今急伸している発泡樹脂のフェンス系商品に関しては、強度・耐候性(劣化)・火災に対する無防備さ、廃材処理、などの問題を抱えているにもかかわらず、場所をわきませず使ってしまうなど、無神経さが目立ちます。

2:の見えない部分への配慮については、施工資料の充実・同指導・さまざまな改良など、改善もなされてきました。しかし、その一方で「こんな施工基準・商品使用では極めて不安」「メーカーの施工基準が無視されている」と言った現場を見る事も日常茶飯事です。

3:耐候性の関しては、地球温暖化の影響で、紫外線・高温被害が明らかに増しています。にもかかわらず、安易な樹脂使用・疑問の残る表面処理材の使用など、再確認が必要な商品・材料が多数出回っています。

4:のブロックに関しても、大阪北部地震の死亡事故以降、公的機関が脱ブロックを推奨しているにも関わらず、従来と変わりない使用実態が目につきます。確かに、心ある人たちは<正しい施工の徹底>を呼びかけ、改善への努力を行っています。しかし、限られた世界での動きで、根本的な解決には程遠い状況です。

ブロック問題は、昨年最も大きな話題となった(不幸な)テーマでもあります。だからこそ、少なくとも今後施工される現場での解決方法を示しておきます。それは、(極めて難しい内容ではあるが)施工基準を順守(建築機銃法に従う)する以外にありません。しかし、現状でそれは不可能です。理由は明確で「ブロックは誰が積んでも良い」からです。

逆に言えば、少なくとも<(建築基準法の対象となる)ブロックは有資格者しか積んではいけない>・・・と言う法律を制定すれば(完璧ではないにしても)状況は大幅に改善されます。しかし、勉強会・関連資格などはあっても、<誰が積んでも良い>と言う実情に変わりはありません。となれば、現状では<(少なくとも建築基準法の対象となる)ブロックは積んではいけない>と言う以外にありません。

以上を前提として、私どもeggに所属する店舗(企業)は、2019年以降、以下の方針を設定し、安全対策に全力で取り組みます。

第1項:高さ1.2m以上のブロックは基本的に積まない。どうしても必要な場合は、「型枠ブロック」を有効活用するか、建築基準法の施工を順守する。

この点をもう少し具体的かつ分かり易く説明しておきます。「型枠ブロック」と言うのは一般のブロックと異なり、空洞部が非常に大きく、ここにコンクリートを充填する事で強度的に優れた(地震等に強い)塀・土留めを造ることが出来ると言う事。「型枠ブロック」を使わない場合は、「布基礎」と呼ばれる地上部にまで顔を出した基礎形態にすると言う事。勿論、鉄筋・控え壁も建築基準法に従い入れます。

第2項:ブロックに代わる有効な代替商品を用意する。

第2項に関しては、既に万全の態勢を整えています。幸いにも、eggの加盟メーカーが有効なブロック代替商品を製造・販売しているからです。具体的には、「スーパーフェンス」とエクステリアに最適の「天然木」がその主力商品となります。

「スーパーフェンス」は「港製器工業」(大阪府高槻市)の商品で、アルミのフレーム材と天然木などのパネル材(面材)を組み合わせると言う商品。既に何度も紹介済みで、ここでは詳細内容には触れませんが、大型塀の場合は「スーパーフェンスα」、ブロック上の目隠しフェンスの場合は「スーパーフェンスライト」が適しています。

 

18年12月:ルーバー (2)

 

 

 

 

 

 

 

「スーパーフェンスα」の施工例

 

CIMG5780

 

 

 

 

 

 

「スーパーフェンスライト」の施工例

 

ブロック代替用の天然木に関しては、最強と言われる「ウリン」と、国産で初のエクステリア専用材<日本の樹「杉(スギマサ)」>を用意しました。

「ウリン」に関してはeggの専用材ではありません。しかし、他店には真似のできない有利な仕入れ体制を整え、お客様に取りメリットのある価格で提供させていただきます。また、施工の難しい材料ですが、高いレベルでの対応が可能な技術力を確立しています。

<日本の樹「杉(スギマサ)」>は「木(もくしょう)匠」(大阪府泉北郡忠岡町))のオリジナル天然木でegg専用材と言っても過言ではありません。50年以上の杉・赤身(芯材)・柾目と言うのが三大特性で、エクステリア専用木材として絶対の自信を持っております。

 

杉柾やました①

 

 

 

 

<日本の樹「杉(スギマサ)」>を使ったデッキ。勿論、目隠しフェンスにも最適

 

20×90

 

 

 

 

 

 

 

<日本の樹「杉(スギマサ)」>のフェンス用材

 

当然のことながら、地域に根付いた店舗、プラン・設計・施工等の技術力をバックボーンそして、デザインや機能性に関しても、従来以上の研鑽を重ねて参ります。

2019年も、2018年以前にもましてegg-加盟店へのご支援、オリジナル商品・プランへのご愛顧をお願いし、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

 

2019年元旦 egg-代表:藤田 哲夫

 

次のページ »