みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,087

「納得!エクステリア講座」第19回・・・「南欧風」デザインの特性と魅力!

エクステリア(住まいの屋外空間)のデザイン分類について検証中。今回は、「南欧風」を取り上げます。

<地中海の風、それは永遠の憧れ!>

既に述べた通り、現在、エクステリアデザインの主流派は「モダン系」です。ただそれ以前(20年程前)は、いわゆる「南欧風」が大流行しました。また、「南欧風」は<すたれた>と言う事では無く、根強いファンがいて、今も着実に一定規模の市場があります。また、ヨーロッパの地中海沿岸の代表的エリア・プロヴァンス地方の名を取り、「プロヴァンス風」と呼ぶ事もあるのは周知の通り。

補足するなら、ヨーロッパの地中海沿岸(≒南欧)エリアは、イスラム文化との関連性が深く(何度かイスラムからの侵略を受け)、次に取り上げる「中東風」とも相通じる部分も多いデザインとも言えます。

「南欧風」を語るには、デザイン特性の前に基本イメージをしっかりと頭に叩き込むことが重要。地中海の風・陽光・煌めく海岸線・広大な平地が少ない・素朴な暮らし・・・などです。そして、このイメージは<イギリスのコッツウォルズ地方>、フランスの<バルビゾン>などと共に、日本人に取り永遠の憧れでもあります。

以上の結果として作り出されたのが「南欧風」デザインで、白(日本では白に近い淡い暖色も)・柔らかな曲線・ラフな仕上げ・カラフルな草花・暖地エリアの樹木・・・などをキーワードとして上げることが出来ます。

ただし、①:本場「南欧風」と「日本の南欧風」には大きな相違がある ②:過剰装飾~悪趣味と言った結果を招きやすい・・・と言う点も見逃してはなりません。平たく言いうと、<本場の南欧風をそのまま日本に持ち込むことは、(日本人の性格から言って)不可能(あくまでも日本的南欧風)><過剰な曲線・装飾による悪趣味な作品が非常に多い>と言う事です。従って、<ハイセンスな日本的「南欧風」を創り上げる>これが成功のポイントとなります。

「南欧風」のエクステリアでも、クローズ・セミクローズ・オープン、3スタイルの選択は可能です。ただ、比較的クローズスタイルのウエイトが高くなり、しかもフェンスを使う頻度が低くなります。つまり、ブロック塀・門柱+左官仕上げ(塗り仕上げ)が多くなると言う事。だからこそ、A:塀を高く長くし過ぎて、倒壊の危険を招くようなプラン・施工は絶対に行わない B:左官仕上げが粗悪になり、短期間で表面劣化するような施工は行わない・・・以上、要注意!

そこで本日の一口アドバイス。

「日本人には日本の<南欧風>を! そして、どうすればハイセンスに纏められるか!」

(みずき りょう)

19:街並み

 

 

 

 

 

 

プロヴァンス地方の街並み・・・地中海に隣接する「南欧」は、日本人に取り永遠の憧れ。そこには、温暖な気候・降り注ぐ陽光・美しい海岸線・そして何より素朴で陽気な気質が。しかし、過酷で複雑な歴史も・・・

 

19:住宅

 

 

 

 

 

南欧の伝統的家屋・・・ブドウ畑に囲まれた邸宅。まさに「プロヴァンス風」の原点が。ただ、日本で作られている「南欧風」とは根本的に異なるものがある。

 

DSCF0016_R[1]

 

 

 

 

 

 

日本の「南欧風」外構・・・淡い色調・おおらかな曲線・そして何より明るく温かみを感じさせる空間。日本には<日本特有の「南欧風」>が根付き、そして今も多くのファンが!

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,086

「納得!エクステリア講座」第18回・・・モダン系は「和」との相性も抜群!

<モダン系エクステリアの特性>

前項に続き、モダン系デザインについて。今回は、我々と直結する<モダン系エクステリア>について述べます。

<モダン系エクステリア>は20年ほど前から急速に人気が高まり、現在では最も多いデザイン系統となっています。それ以前は、南欧系などやや装飾性の高いデザインの人気が高かったのですが、なぜモダン系にシフトしたのでしょうか? 住宅本体の流れ(モダン系が多くなった)・デザイン的に纏めやすい・ローコスト対応も行いやすい・日本人好み・・・など様々な要因があるでしょうが、特に<日本人好み>と言うに点を見逃す事は出来ません。

日本人は元々西欧程に装飾性を好みません。北山文化・東山文化・書院造など、世界で最も早くモダン系デザインが登場した事でもそれは明らか。だから、住宅・エクステリアでモダン系が主流となるのも、ある意味当然の事と言えます。同時に、<和モダン>に代表されるよう、モダン系の流行は「和風」の部分的見直しにもつながり、それは大きなプラス要因にもなっています。

ただし、モダン系は、没個性的になりやすい・中途半端な作品(似たり寄ったり)が多くなる・・・と言った危険性も内包しています。誰でもそこそこのものは作れるが、一歩抜け出た作品を作りには図抜けたセンスが必要と言う事。だからこそ、モダン系に場合は<どのように個性とセンスを引き出すか>が大きなポイントとなります。

具体的には、単純だが強烈なラインを一部で使う・原色の部分使い・小物(ポスト・ネームプレート・照明・インターホンカバー、等)へのこだわり・植栽へのこだわり・・・などが特に大切になります。

また前述のごとく、「和」との相性が良いので、全体を洋風モダンで纏めるか和モダンで纏めるか、洋風モダンの場合でも部分的に「和」を融合させる(逆もあり)、と言った点も重要ポイント。例えば、全体は洋風モダンでも、シャープな坪庭を配する・モミジ系など一見「和」的な植栽を使う・あえて天然木の縦格子フェンスを組み合わせる・・・等々。

いずれにしても、超モダン建築・書院造・数寄屋造・露地(茶庭)・モダン系家具(特に北欧・イタリアなど)・現代アートなど、幅広い視点で<モダン系エクステリア>を見つめなおす事が大切です。

余談ですが、今復活で話題騒然の太陽の塔。当時の万博(EXPO’70)テーマ館は現代建築の代表者・丹下健三×(縄文時代など)超パワーの岡本太郎がぶつかり合った作品とも言われています。太陽の塔(岡本太郎)と周辺建物(丹下健三)は全く異質なもので、それが巨大な超現実的世界を生み出したのでしょうか・・・

そこで本日の一口アドバイス。

「魅力一杯のモダン系エクステリア。でも、<それなり>で終わらせない工夫を!」

(みずき りょう)

18:縦格子

 

 

 

 

 

 

洋風モダン住宅の外構・・・モダン系外構であるため、シンプルな直線ライン・色使いに纏められている。ただし、家屋は洋風モダンだが、あえてエクステリアは<縦格子>にこだわった。結果、個性と見事な調和が・・・

 

18:和モダン

 

 

 

 

 

和モダン外構・・・大都市部の狭小敷地住宅。にもかかわらず<和モダン>にこだわった作品(プラン)。円形透かしが組み込まれた門柱・同系色の階段・そして土間のシャープなライン。結果、<それなり>ではない空間に!

 

18:EXPO'70

 

 

 

 

EXPO’70のテーマ館・・・モダンの騎手「丹下健三」 対 生命パワーの「岡本太郎」。異質だが巨大なパワーがぶつかり合った作品。そこに中途半端な妥協は無かった。結果は・・・

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,085

「納得!エクステリア講座」第17回・・・モダン系デザインの歴史と特性?

第8章 外構の基本デザイン分類と各特性

外構(≒フロントガーデン)のプランポイント、クローズ・セミクローズ(セミオープン)・オープンと言う3スタイルについて言及しました。続いて、この項からはデザインについて考えます。勿論、デザインパターンは無限にありますが、代表的デザイン(第15回参照)をピックアップし、それぞれの特性について確認していきます。まずは<モダン系>から・・・

<モダン系のデザインの系譜>

モダン系デザインとは何を指すのでしょうか? ヨーロッパのデザイン史を見ると、バロック・ロココ、アールヌーボー、アールデコ、モダンと言った変遷を遂げます。デザイン歴史講座では無いので、それぞれの詳細については割愛しますが、非常に装飾性の強い物〜装飾性の少ない物への移行史でもあったことが分かります。つまり、欧米では中世の<デザイン≒装飾>と言った感覚〜1800年代後半から1900年第初期のやや装飾性を抑えた感覚〜1930年頃からのモダニズムと装飾の融合〜近代モダニズム・超モダン(ほぼゼロ装飾)と言った変遷があったと言う事。そのは背景には<デザインの大衆化>があったことは言うまでもありません。

日本でも同じような変遷を示しますが、元々ヨーロッパよりも装飾性が低かった、モダン系の本格登場は室町時代(北山文化の頃。書院造〜数寄屋造、等)と、ヨーロッパよりはるかに古かった、と言った特色を持ち、元々日本人は過剰装飾を好まなかった・・・と考えるべきかも知れません。

以上から、モダン系は、①:比較的新しい時代に登場したデザイン ②:装飾性が少ない・・・以上2点を二大特性として上げる事が出来るでしょう。そして、住宅本体・エクステリア共に、20年ほど前からモダン系デザインのウエイトが次第に高くなり、現在では完全に主流派となりました。

もう少し具体的に述べると、直線・円など単純なライン(ある意味幾何学的)、シンプルで少ない色使い、個性表現のための強烈なワンポイント・・・などを上げることが出来るでしょう。また、モダン系は元々日本人好みであった影響か、洋風化が進む中にあり、<比較的和風ウエイトが高い>と言う傾向も見逃すことが出来ません。

つまり、「洋風モダン」だけではなく「和モダン」と言われる作品も結構多いと言う事。見方によっては、モダン系デザインの普及により、<洋風化一辺倒という住宅・エクステリアの流れに一定の歯止めをかけた(和風の見直し)>とも言えるかもしれません。

そこで本日の一口アドバイス。

「比較的新しいデザインモダン系。ところが、和風見直しの切掛けにも・・・」

(みずき りょう)

17:バロック

 

 

 

 

 

 

バロック建築(オーストリア「メルク修道院」)・・・バロックは中世を代表するデザイン。重厚で非常に装飾性が強い。皇族・貴族・教会など限られた者が主力対象で、莫大なコストがかかった。従って、民衆の暮らしとは直接的かかわりは少なかった。

 

17:アールヌーボー

 

 

 

 

 

 

 

アールヌーボー建築(ベルギー「タッセル邸」・1893年)・・・アールヌーボーは1800年代終盤〜1900年代初頭に登場した芸術・デザイン。その対象は皇族・貴族だけではなく<一般のお金持ち>にまで広がった。商業製品としてはティファニーなどが著名。

 

17:モダン建築

 

 

 

 

 

モダン系建築(建築家ミース・ファン・デルの作品。バルセロナ)・・・モダン系建築は1900年代前半頃から次第に造られるようになった。装飾性が極めて少なく、シャープなライン・シンプルな色使いが特徴。この段階で、デザインの対象が大衆にまで広がったと言えるかもしれない。

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,084

「納得!エクステリア講座」第16回・・・スタイル・デザイン・ゾーニングの確定!

<マクロ的視点でまず3ポイントを決定>

この項からは「外構≒フロントガーデン」の具体的なプラン作成ポイントを提示していきます。そして、その前提となるのが<マクロ〜ミクロへ>というセオリーです。つまり、<プランはまず大まかな部分を決め、それから細かな事を決める>と言う事。

では、マクロ的な部分で決めるべきものとは。A:スタイル B:デザイン C:ゾーニング・・・以上です。ただし、この3ポイントは重要であるばかりか、多様な要素を秘めています。従って、ABCの3項目については、少し詳しく説明していきます。

<A:スタイルとは>

「外構」のスタイルは、クローズ・セミクローズ(セミオープン)・オープンの3種に大別されます。クローズとは<ほぼ全体を塀やフェンスで囲う>スタイルの事。セミクローズとは、<部分的に囲う>スタイルの事。オープンとは<囲いを殆ど設けない>スタイルの事です。勿論、*%以上囲めばクローズ・*%~*%がセミクローズ・*%以下がオープンと言った規定はありません。しかし、大まかな判断は誰もが出来る事で、必ずこの点を最初に決めるようにしてください。

<B:デザインとは>

スタイルの確定だけでは具体的なプラン作りに入ることは出来ません。全体的にどのようなデザインに纏めるか分からないと、何もできないからです。また、強引に進めてもバラバラで悪趣味なものになる可能性が極めて強くなります。ただし、ここで言うデザインとは全体的なイメージの事。従って、部分的なものは後回しでも構いません。基本デザインの決定と表現した方が良いでしょう。

ただし、「外構」を含めたエクステリア(住まいの屋外空間)は無限パターンで、デザインもまた無限。でもそれでは意思疎通が図れないため、近年良く使われるデザインパターンを知り、その中での選択or その他と言う形で、基本デザインを決定するようにしてください。では、基本デザインパターンとは? モダン系(洋風モダンor 和モダン)・南欧風・中東風・アジアンテイスト・アールデコ調・新和風・純和風・その他・・・など。

ただし、デザインは視覚的なものだけに、このように言葉を並べただけでは理解することは困難でしょう。従って、次項で各々の代表的画像を提示し、かつその説明を加えていく事にします。日本の住宅では各デザインが曲解されている場合が多いため、あえて<基本に忠実>と言う原則に従い、それぞれの紹介を行いたいと思います。

そこで本日の一口アドバイス。

「外構プランは<スタイル・デザイン・ゾーニング>を決める事から・・・」

(みずき りょう)

16:クローズ

 

 

 

 

 

 

クローズスタイルの外構・・・全体が門扉・門柱・塀・フェンス等で囲まれた外構の事。昭和中期までは殆どがクローズスタイルであったが、その後オープン化が進んだ。ただし、最近は再度クローズ外構が増える傾向にある。

 

16:セミクローズ

 

 

 

 

 

 

セミクローズ(セミオープン)スタイルの外構・・・一部だけを囲った外構。というより、必要分のみを囲った外構と言った方が良いかもしれない。目隠しが重要視される昨今、最も有効な考え方・スタイルと言えるかも知れない。

 

16:オープン

 

 

 

 

 

 

 

オープンスタイルの外構・・・門柱以外殆ど囲いを設けない外構。昭和終盤〜平成初期にかけて一大ブームとなったが、近年はセミクローズ・クルーズの比率が少し増えてきている。また、広い敷地では<間が抜けた感じ>になりやすいので、それを防ぐポイント作りをどうするかが腕の見せ所。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,083

「納得!エクステリア講座」第15回・・・フロントガーデンの比率が高い理由?

第7章 フロントガーデン(外構)のプランポイント

今回から、フロントガーデンのプラン作成ポイントについて検証します。なお、日本では<フロントガーデン≒外構>と考えて良いため、以後はなじみ深い外構と言う言葉を使います。

<外構の対象空間>

エクステリア(住まいの屋外空間)の中で、外構と呼ばれる部分は、メインの道路に接している空間を指します。ただし、同部分でも目隠し塀(フェンス)などで囲われた内部は、次項の対象となるプライベートガーデンと考えた方が良く、同部は除外します。

となると、門廻り、メインアプローチ(道路〜玄関までの通路)、塀(フェンス)とその周辺(目隠し塀の場合はその前面)、メイン道路側のその他の空間、カースペースなどが外構の主力対象となります。同時に、<外構の場合は敷地内でありながら、公共的側面も含まれる>と言う特性も忘れてはなりません。

そして、日本の最大の特色として、<欧米と比較するとエクステリアの中で外構の占める比率が高い>という点を挙げることが出来ます。理由は、A:新築外構の市場に秘める比率が高い B:敷地に余裕がある場合でも、家屋の位置を後ろに持っていき、前面部を大きくとる場合が増えている C:カースペースの大型化・・・など。その背景には、プライベートガーデンがおろそかにされると言う、外廻り(ガーデンライフ)に対する意識の低さも影響していますが、以上が偽らざる我が国の実情です。

ここで、<外構の公共性>について補足しておきます。この点については、法的or 順法的意味合い同義的意味合いに大別することが出来ます。前者の場合は、国・市町村・地域により決め事があり、それに従う事が必要なケース。道路交通法・建築基準法・風致地区・緑化率・地域協定などがその主力対象となりますが、要するに自分の土地であっても守らなければならない制約が多数あると言う事。詳細を記すと、あまりにも煩雑で難しくなるため省略しますが、外構を大きく触る場合は、プラン作成前に必ずプロ(エクステリア専門ショップ)に確認してください。

後者の場合はあくまで<道義的問題>で違反しても罰せられることはありません。しかし、外構には周辺環境を守ると言う大きな役割があり、ご近所に迷惑を掛けない、同なるべく好印象を残す・・・と言った心がけが必要です。極端な例ですが、自分の土地だと言って<草ぼうぼうで放置する>と言った事は絶対に避けなくてはなりません。そこまでいかなくても、なるべく美しく保つと言った心使いが必要であることは、言うまでもありません。

そこで本日の一口アドバイス。

「外構は半公共的空間! この点を絶えず考慮しプランを作成しよう!」

(みずき りょう)

15:プレゼン

 

 

 

 

 

 

 

新築外構プラン(プライベートガーデン部を含む)・・・外構全体のプランを作成する場合は、お客様の要望を大切にし纏めるが、同時に、法律や地域の協定、周辺の環境保持も考慮し作成。優れたプレゼンには、その全てが分かり易く提示されている。

 

15:パース

 

 

 

 

 

 

 

オープン外構のイメージパース・・・一見デザインだけを考えプランされているようだが、法的ポイント、道路との兼ね合い、街の景観なども考慮し、初めて適切な外構となる。

 

15:施工例

 

 

 

 

 

 

 

地方都市の外構施工例・・・このように敷地に余裕があっても、建物(家屋)配置を奥に持ってくる例が多い。この時、どの様なゾーニング(全体配列)をどう行うかが、大きなポイントとなる。

 

次のページ »