みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,026

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園④

第8回:謎多き「フィン庭園」!

世界遺産に登録されている「ペルシャ式庭園」。4ヶ所目の紹介は「フィン庭園」。

「フィン庭園」はイランのエスファハーン州北部にある都市カシャーンにあります。同市は人口約270,000人で、カヴィール砂漠に隣接しており、典型的な砂漠の中の都市。従って、同庭園もまた砂漠の中の理想郷と言う事が出来ます。

「フィン庭園」は「サファヴィー朝」(16〜18世紀)から「ガージャール朝」(18〜20世紀)にかけて建設されました。つまり、かなりの長期間にわたり変化し続けてきたわけで、その間1743年の大地震での大破損、「ガージャール朝」2代目の「ファトフ・アリー・シャー」(在位:1797〜1834年)による増築などが主要な記録として残っています。また、「ガージャール朝」の近代化を進めた大宰相「アミール・キャビール」暗殺の舞台(浴場で殺された)にもなりました。庭園自体の素晴らしさと同時に、その歴史に触れてみる事で、存在感がさらに増すのでは・・・

「フィン庭園」は「サファヴヴィー朝」以前から存在していたとされていまます。また、カシャーン以外の場所から移設されたと言う説もありますが、残念ながらそのルーツは殆ど明らかになっていません。また、上記事項以外にも度重なる増築・放置など数奇な歴史を辿ったようですが、謎の部分も多い庭園とも言えるでしょう。

「フィン庭園」の構造を見ると、メインとなる中庭は4ヶ所の塔を持つ城壁で囲まれ、2.3ヘクタールの規模を持ちます。また、メインの庭(中庭)に至るには、入り口となる建物を通り、前庭とでも言うべき庭園を通り、さらに中庭への入り口となる建物を通過しなければなりません。そして、前庭には細い水路・中庭に至る建物には大きな池(プール)、中庭の中心部には池(プール)兼水路・噴水などがあり、他の「ペルシャ式庭園」同様(あるいはそれ以上に)、水が贅沢に使われています。

にもかかわらず、現在もポンプ設備(機械)等は使われていません。このようなことが出来るのは、近接している丘(高台)の豊富な水を活用しているからで、ペルシャ時代から極めて高い<水利技術>を持っていたことが分かります。世界のどの庭園を見ても、水を有効利用しています。しかし、「ペルシャ式庭園」は別格とも言える存在で、ヨーロッパの庭園水利技術にも大きな影響を及ぼしたと考えられます。

なお、「フィン庭園」は1935年にイランの国家財産の一つにリストアップされ、2007年にユネスコの世界遺産に指定されました。

入口付近

 

 

 

 

 

 

 

 

入口部分となる建物

 

前庭

 

 

 

 

 

 

入口となる建物と中庭に至る場所にある前庭(?)

 

第二建造物

 

 

 

 

 

前庭(?)とメインの中庭を結ぶ建物。大きな池(プール)を持つ

 

Fin Garden, Bagh-e Tarikhi-ye Fin. Kashan, Iran.

Fin Garden, Bagh-e Tarikhi-ye Fin. Kashan, Iran.

 

 

 

 

 

 

 

中庭(メイン庭園)。2.3ヘクタールの規模を持つ

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,025

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園③

第7回:「チェヘル・ソトゥーン庭園」!

世界遺産指定の「ペルシャ式庭園」。3番目に取り上げるのは「チェヘル・ソトゥーン庭園」。

「チェヘル・ソトゥーン庭園」は「サファヴィー朝」の「アッバース2世」(在位:1642〜1666年)により造られ、1674年に完成しました。従って、前出の「パサルガダエ庭園遺跡」からは2,000年以上、「エラム庭園」から見ても500年程後に造られた庭園(建造物)と言う事になります。従って、十字の水路+中央の池と言う基本構図からは少し変化していますが、中央部に水路がありそこを中心に理想郷(空間)を創造すると言う、ペルシャ〜イスラム系の作庭思想が引き継がれた建造物である事に変わりはありません。

同庭園は古都「エスファハーン」にあります。同市は現在のイランの首都「テヘラン」の南約340キロに位置し、現在も「エスファハーン州」の州都となっています。同市は元々交通の要所で、古くからヨーロッパ系民族・イスラム系民族・アジア系民族が入交り自然発生的に発展したようです。そこに、「アッバース1世」が目を付け、首都としさらに発展を遂げました。従って、元々あった旧市街と、「アッバース1世」以後に造られた新市街に分かれています。そして、新市街の象徴でもある「イマーム広場」は「チェヘル・ソトゥーン庭園」同様世界遺産に指定。「エスファハーン」は当然のことながら、美しい都市で<イランの真珠>とも呼ばれています。

また、「テヘラン」から遠く離れている為でしょうか、言葉の鉛が強くすぐ判別がつくとの事。日本の標準語(関東系)と関西弁との関係のようなものでしょうか。なお、我が国では同市を「イスファン」「イスファーン」などと表記する事も多く、聞き覚えのある方も・・・

「チェヘル・ソトゥーン庭園」に話を戻しましょう。名前の「チェヘル・ソトゥーン」とは<40本の柱>と言う意味で、宮殿(建物)は20本の柱で支えられており、これに池に写る20本の柱を加え(合計40本)この名前が付けられました。もし来園の機会があればご確認を!

なお、「チェヘル・ソトゥーン庭園(宮殿)」は現在は博物館になっており、容易に見学できる点も観光客等にとってはうれしい事実。そして、玉座が置かれた部屋の壁には、6枚の壁画が掲げられており、「サファヴィー朝」当時の宴・戦いなどが描かれています。当時の状況を今に伝える貴重な資料でもあり、ぜひ庭園と共にじっくり鑑賞を!

 

エスファハーン

 

 

 

 

 

 

州都「エスファハーン」の主要部分

 

チェヘル・ソトゥーン遠景

 

 

 

 

 

「チェヘル・ソトゥーン庭園」の全景・・・まさに砂漠の中の理想郷!

 

チェヘル・ソトゥーン②

 

 

 

 

 

 

正面から見た「チェヘル・ソトゥーン宮殿」

 

チェヘル・ソトゥーン庭園

 

 

 

 

 

 

宮殿を支える20本の柱・・・この繊細な美しさが、ペルシャ・イスラム様式の特徴

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,025

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ庭園②

第6回:「エラム庭園」とその魅力!

既に述べた通り、「ペルシャ式庭園」を知るには、9ヶ所の同世界遺産を観るのが最も合理的方法と言えます。従って、この「世界のガーデン」シリーズも9庭園を取り上げます。ただし、最も古く遺跡でもある「パサルガダエ」は紹介済みであるため、残りの8庭園を順次ピックアップ。まずは、「エラム庭園」から。

「エラム庭園」は9世界遺産の中でも最も有名で、イラン観光の目玉的存在でもあります。その理由として、建築物・庭園自体の魅力もありますが、所在地の魅力と言う点も見逃すべきでありません。

「エラム庭園」はイラン南西部の都市「シーラーズ」(「ファールス州」の州都)にあります。同市は人口約105万人の大都市で、そのルーツを辿れば約2,500前まで遡れると言います。つまり、「ペルシャ文明」発祥当時から存在したと言う事。加えて、「ササン朝ペルシャ」(1750〜1794年)の首都となるなど、数々の歴史の表舞台にも登場します。

加えて、「シーラーズ」は標高1,600mの高地にあるため、気候的にも恵まれており、そんな環境からか30以上の庭園が散在しています。つまり、ペルシャ・イスラム文明圏最大の庭園都市でもあるわけです。そして、言うまでもなくその最高峰と言えるのが「エラム庭園」。

「エラム庭園」が造られたのは「セルジューク朝」時代(1037〜1193年)とされています。となれば、「パサルガダエ」から1,500〜1,600年程後で、ペルシャと言うよりもイスラム系の王朝の作庭で、別物とも言えます。しかし、イスラム文化は民族もほぼ同じで、ペルシャから引き継がれた部分も非常に多く、庭園もまた同様であったことが分かります。ただし、「パルサガエ」〜「エラム庭園」までの間にどのような変遷があり、どの様な庭園造られたか、一般人が手にする資料で把握する事は極めて困難。従って、その間の庭園史を明らかにする事は、少なくとも現時点ではできません。

話を「エラム庭園」に戻します。同庭園はその後の王朝変遷とともに、何度か所有者が変わり、現在は「シーラーズ大学」の持ち物となっています。ただし、博物館としても一般公開されている為、より人々に親しまれている「ペルシャ式庭園」となっています。勿論、庭園様式も「ペルシャ式」と呼ぶにふさわしいもので、他の8ヶ所の庭と共に世界遺産にも指定されています。

なお、「エラム」とは<地上の楽園>と言う意味で、単なる庭を超えた理想空間を創造しようとしたものであったと解釈して良いでしょう。

シーラーズ

 

 

 

 

 

 

現在の庭園都市「シーラーズ」

 

エラム②

 

 

 

 

 

 

「エルム庭園」・・・中央に水路があり「ペルシャ式庭園」であることが分かる。

 

エラム①

 

 

 

 

 

 

 

 

建物付近・・・水を贅沢に使う。それが「地上の楽園」の必須条件であるのかも・・・

 

shira_54[1]

 

 

 

 

 

 

「エラム庭園」の平面略図

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,024

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園①

第5回:ペルシャ式庭園の様式と特性!

庭園のルーツを探ると、メソポタミア文明から生まれたものが最も古く、かつ資料も多数残されている事が分かってきました。つまり、BC4,000〜BC3,000年頃まで遡れると言う事。しかし、それはあくまで文献・伝説等によるのもので、現物が確認されたわけではありません。

では、現物か遺跡が残っている(現時点での)最古の庭園とは。すでに紹介した通り、現時点ではペルシャ(現イランと書の周辺が中心)文明草創期の首都「パサルガダエ」に造られた庭園(BC550〜BC500年頃)で間違いなさそうです。

以上のような歴史背景を踏まえ、この「世界のガーデン」シリーズも「ペルシャ式庭園」からメスを入れていく事にします。そして、ありがたい事に「ペルシャ式庭園」は現存するものも多く、加えてその代表的9作品が世界遺産に指定され、比較的資料も入手しやすくなっています。要するに、<世界遺産9作品の内容を探れば、ほぼその概要が分かる>と言う事。従って、次項から同9作品の紹介作業に入ります。

ただその前に、「ペルシャ式庭園」とは現在のイランとその周辺から起こった、「ペルシャ文明」のエリア内に造られた庭園の単なる総称なのでしょうか? その他の共通点は無いのでしょうか? 実はこの点も極めて明確で、<「ペルシャ式庭園」には明確な作庭様式>が定められています。つまり、この様式から外れたものは、「ペルシャ式庭園」とは呼べなくなると言う事。逆に言うなら、現代の作庭家が同様式を順守し庭園を造れば、「ペルシャ式庭園」を蘇らせたと言う事になるでしょう。

ではその様式とは? 1:四分割形式になっている 2:中央に池がある 3:4つのエリアを水路で分けている 4:正面に宮殿がある・・・と言ったもの(図面参照)。ちなみに、「パサルガダエ」庭園も既にこの様式が採用されていました。

ではなぜこのような様式となったのでしょううか。どうやら「エデンの園」を模したもので、古代のペルシャ人はこの形が<理想郷>と考えていたようです。そんな形状の中で、池・水路など水が極めて重要な役割を果たしています。砂漠の民であるペルシャの人々にとっては、ある意味当然のことと言えるでしょう。

いずれにしても、「ペルシャ式庭園」は<建物の単なる付帯物ではなかった>と言う事。付帯物どころか、庭園こそが理想の空間で、そこで過ごす時こそ至福に時間と考えていたようです。だからこそ、「ペルシャ文明」発祥と共に「ペルシャ式庭園」が造られ、都市の最重要空間の一つとなっていたのでしょう。

ペルシャ式庭園

 

 

 

 

 

 

 

「ペルシャ式庭園」の作庭様式を表した図・・・4分割形式が最大の特色で、その境界に池(中央)・水路が・・・

 

パルサガエ庭園遺跡

 

 

 

 

 

 

「パサルガダエ」の庭園遺跡・・・BC550〜BC500年頃の最古の庭園遺跡にも、既に四分割様式が採用されていた。

 

Taj_1_agost_05[1]

 

 

 

 

 

 

「タージマハル」(インド)・・・世界一美しく贅沢な建造物と言われる「タージマハル」にも「ペルシャ式庭園」が併設されており、ペルシャの影響を強く受けていたことが分かる。

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,023

「世界のガーデン」 第二章:中東の古代史と庭園遺跡②

第4回:古代ペルシャ、2つの庭園遺跡!

遺跡など明確な証拠が残る世界最古の庭園は、(少なくとも現段階では)古代ペルシャにあると分かってきました。そこで、この「世界のガーデン」シリーズも<ペルシャ式庭園>と呼ばれるものから検証していく事にします。

実は、このタイプの主要庭園を探す事はそれ程困難ではありません。9ヶ所の代表作が世界遺産に指定され、資料も集めやすいため。ただ、<ペルシャ式庭園>と一口に言っても、作庭年代には大きなバラツキがあります。そこで、可能な限り古い物から紹介していく事に・・・

そして、作庭年代が飛びぬけて古いのが、前項(第3回)で紹介済みのアケメネス王朝時代の遺跡。具体的には、キュロス2世が同王朝最初の首都として建設した「パサルガダエ」にある庭園遺跡。2つ目は、その後ダイオレス1世(BC550年頃〜BC486年)が遷都した「ペルセポリス」(BC520年頃〜アケメネス朝がギリシャに屈服したBC330年頃まで)の「ダリウス宮殿」にせ併設された庭園。ただし、「ペルセポリス」全体は世界遺産に指定されており、「ダリウス宮殿(または、同庭園)」は単独指定はないため、前述した9ヶ所の世界遺産指定<ペルシャ式庭園>には含まれていません。

両庭園で最も注目すべき点は、<ペルシャ式庭園>最大の特色である<中央に方形池、そこから十字の水路、明確な幾何学式(同形式に関しては次項で詳述)>と言う様式がすでに採用されていたと言う点。つまり、<ペルシャ式庭園>の基本仕様はBC550年頃〜BC500年頃にはすでに確立されていたと言う事!

「パサルガダエ」「ペルセポリス」にある庭園の中で、前者は既に前項で説明済み。そこで、今回は「ペルセポリス」内に造られた庭園遺跡についてもう少し詳しく説明しておきます。

まず宮殿名ですが「ダリウス」=「ダイオレス1世」で、「ダイオレス宮殿」と呼んだ方が分かり易い。しかし、何故か「ダリウス宮殿・庭園」と言う名称が浸透しています。この点、まず誤解が無いように。と言う事は、同庭園の作庭年代はBC500年前後と考えて良いでしょう(おそらく、「パサルガダエ庭園」より20〜30年程度新しい)。

庭園様式に関しては、「パルダガエ庭園」とほぼ同じで、完全な<ペルシャ式庭園>であったと見て間違い無し。砂漠の中に人工的オアシスとして作られた庭園で、自然調ではなく幾何学式となったことは当然と言えます。なお、このような空間(庭園)の事を「パラダイサ」(光り輝く場所)呼んでいたようで、後にヨーロッパ人が創出した「パラダイス(楽園)」の語源との事。

4:ペルセポリス

 

 

 

 

 

 

 

「ペルセポリス」遺跡の(「ダイオレス1世」がここに遷都し、アケメネス王朝崩壊まで・・・)

 

4:ペルセポリスの庭

 

 

 

 

 

 

「ダリウス宮殿」の復元画像・・・等テラスの前から庭園へと続く。実際には池・水路・そして植栽等があったと推測される。

 

4:復元画

 

 

 

 

 

別の「ダリウス宮殿・庭園」復元画・・・中央に池(噴水)が見えるが、実際にこのような形であった可能師が強い。

次のページ »