みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,055

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第37回:「マルリー宮殿」とその庭園

 

「平面幾何学式(フランス式)庭園」を紹介中。今回は「マルリー宮殿」とその庭園を取り上げます。ただし、宮殿・庭園とも現存せず、資料として残された絵画で存在していた当時の姿を類推する以外にありません。

「マルリー宮殿」は、イル=ド=フランス圏(パリを中心としたエリア)にあり、パリの西約15㎞・「ヴェルサイユ宮殿」の北約10㎞に位置するイヴリーヌ県のコンミューンにありました。この街は北半分が都市・南半分がマルリーと呼ばれる森に覆われており、その森の名をとって「マルリー宮殿」と名付けられたとの事。

マルリー・コミューンと「マルリー宮殿」の歴史を辿ると、同地の領主「モンモランシー家」が建築したものですが、1,676年に「ルイ14世」が買い上げ宮殿となりました。当然、宮殿としての規模・豪華絢爛さと言った面では「ヴェルサイユ宮殿」の方がはるかに上であったわけですが、<皮肉なことに気楽にくつろぐことが出来る「マルリー宮殿」を好む王族が多かった>と言った事も伝えられており、サブ的存在でしたが、かなり重要な役割を果たしていたようです。

また、「マルリー庭園」は池・水路・噴水などをふんだんに配した<水の庭園>でもありました。しかし、宮殿(庭園)はクール=ヴォランと言う丘にあったため、水源となるセーヌ川から大量の水を汲み上げるための大規模な「マルリーの機械」と「水道橋」が設置されこれが大きな特色でもありました。その、「マルリーの機械」を描いた絵画が現存(画像参照)しており、改めてルイ家の財力を痛感させられます。

なお、「マルリーの機械」は直径12m弱の水車14機と200にも及ぶポンプで構成され、一度154m高さまで大量の水を汲み上げ、さらに「マルリー宮殿」と「ヴェルサイユ宮殿」に8㎞に及ぶ水道橋で水を運んでいました。

「マルリー宮殿」の設計・建設者は「ジュール・アルドゥアン=マンサール」(1,646~1,708年)。「ルイ14世」と関係の深い建築家で、「マルリー宮殿」以外にも、「サン=ジェルマン=アン=レー」の拡張工事を皮切りに、「モンテスマン侯爵夫人」(「ルイ14世」の愛人)の城など数多くの作品を残しています。「ヴェルサイユ宮殿」建設にも携わりましたが、この時は「ル・ヴォー」が主役でサブ的な立場であったとの事。

また、「ルイ15世」時代には彫刻家「ギヨーム・クストゥー」作の「マルリーの馬」が設置されましたが、その後数奇な運命を辿り、現在は「ルーブル美術館」にあります。

「マルリー宮殿」とその周辺の街は、「ルイ14世」「ルイ15世」の時代を経た後、「フランス革命」(1,789年)の革命家達の略奪に合い荒廃します。1,799年にはアレクサンドル・サニールと言う実業家が購入し紡績工場となりますが同工場も破産。その後は購入者が見つからず、解体され建築石材として使われるなど、崩壊を止める事が出来ませんでした。そして、現在その不動産は林業管理局の管理下にあります。

マルリー=ル=ロワ 庭園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵画「マルリー庭園」(1,724年)・・・水をふんだんに使った「平面幾何学式庭園」だが、その水は巨大な機械でセーヌ川から汲み上げられた。

 

 

La Machine de Marly par Pierre-Denis Martin, 1723.

La Machine de Marly par Pierre-Denis Martin, 1723.

 

 

 

 

 

 

 

「マルリーの機械」・・・巨大な水をくみ上げるための装置

 

マルリーの馬

 

 

 

 

 

 

 

数奇な運命を辿った彫刻「マルリーの馬」・・・現在は「ルーブル美術館」が所蔵

 

 

マルリー=ル=ロワ の紋章

 

 

 

 

 

 

 

マルリー・コミューンの紋章

 

 

ジュール・アルドゥアン=マンサール

 

 

 

 

 

 

 

「マルリー宮殿」の設計・建築者「ジュール・アルドゥアン=マンサール」

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,054

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第36回:「ヴィランドリー城」とその庭園

 

「平面幾何学式(フランス式)庭園」を紹介中ですが、今回からは「アンドレ・ル・ノートル」作品以外の庭を取り上げます。とは言っても、「平面幾何学式庭園」はヨーロッパを代表する庭園様式であり、王宮・宮殿・貴族の屋敷・城などを対象として設置され、膨大な数に達します。

勿論、その大部分を紹介するには紙数・資料等が不足し不可能ですが、著名な庭園だけでも可能な限り取り上げて行きたいと思います。まずは、お膝元ともいえるフランスの「ヴィランドリー城庭園」から。

「ヴィランドリー城」はフランスの中央部に位置するアンドル=エ=ロワール県(人口約60万人)内の「ロワール渓谷」と言う場所にあります。

この城の最大の特色は「ルネッサンス様式」の建造物であると言う事。「ロワール渓谷」には多数の古城が残されていますが、その中では比較的新しい部類の城ですが、同エリアの代表的存在でもあります。また、同城の庭は一時期寂れた事もありましたが、現城主の代になり、一般公開されその美しさを取り戻しています。

同城の歴史を辿ると、元は12世紀に造られた城塞。それを、フランスの王「フランソワ1世」の財務大臣を務めていた「ジャン・ル・ブルトン」が1,536年に建て替えました。まさに、「ルネッサンス時代」後半の芸術世代でその影響が大きかったのも当然の事。それに加え、「ルイ15世」の影響が色濃く反映していると言われており、城内には豪華絢爛たる装飾が施されています。

一方庭園は、「平面幾何学式庭園」の部類に属しますが、幾何学構成の植栽が主体となっています。従って、水路・噴水などの水関連施設で目立つものはほぼゼロ。主役の植栽には14世紀の古い文献によるデザインが取り入れられており、「露壇式庭園」内の構成のようなかなり濃密な部分も少なくありません。

樹木・草花の中で特に有名なものが全長52mにも及ぶ洋ツゲと、バラ園。また、毎年25万本が植え替えられると言う草花・野菜なども庭園を見事に彩っています。

紋章

 

 

 

 

 

 

 

「アンドル=レ=エロワール県」の紋章

 

 

ヴィランドリー城

 

 

 

 

 

 

 

「ヴィランドリー城」&庭園全景

 

 

庭園②

 

 

 

 

 

庭園遠景

 

庭園①

 

 

 

 

 

 

 

幾何学的植栽

 

庭園③

 

 

 

 

 

見事に刈り込まれた樹木

 

庭園④

 

 

 

 

 

 

 

庭に合わせたコンテナ

 

内部

 

 

 

 

豪華絢爛たる城内

 

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,053

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第35回:「サヴォイア家」の王宮と庭園

 

「ル・ノートル」作品紹介は今回が最後となります。そして、ここで取り上げるのはフランスではなくイタリアの<「サヴォイア家」の王宮とその庭園>。

<「サヴォイア家」の王宮と庭園>はイタリア・プエモンテ州内の都市「トリノ」(イタリア北西部・人口約87万人)にあり、昔からフランスとのかかわりが深い地域でもありました。

まず、「トリノ」と「サヴォイア家」の歴史について簡単に確認しておきます。「トリノ」は「タウリニー」と呼ばれる民族が居住していましたが、古代ローマ時代にその共和国領となり「カストラ・タウリノールム」と命名。つまり、「トリノ」と言う都市名は「タウリーニ」と言う民族名に由来すると言う事。

そして、1,536~1,562年の間フランスが同地を支配。その関係で、ピエモンテ(イタリア。古い時代の地名。「プエモンテ」と言う州名もここから付けられた)~フランス語圏スイスエリアの貴族「サヴォイア家」が同地を支配することになります。その後、1,706年にスペインと争った「トリノの戦い」でも「サヴォイア家」が勝利し、勢力圏をさらに拡大。1,720年にはイタリア最大の勢力を誇った「ハプスブルク家」との交渉で、シチリア島とサルデーニャ島を交換。こうして、「サルデーニャ王」となります。さらに、イタリア統一運動も主導しそれを成し遂げた段階で「イタリア国王」に。

このように、「ルネッサンス時代」以後「サヴォイア家」は、当時のフランスとも深い関係を持つ、イタリア屈指の名家となります。その結果として、「トリノ」とその周辺にも、王宮・宮殿など多くの文化遺産を残し、現在も同エリア屈指の観光地にもなっています。

<「サヴォイア家」の王宮と庭園>もその代表的遺産の1つで、「トリノ」中心部にある「カステッロ広場」に面して16~17世紀かけて建造。その間には「トリノ」の都市計画を手掛けた「アスカニオ・ヴィトッツィ」も設計・建築に参画(1,584~1,596年頃)。さらに、1,658年に建築家「カルロ・モレッロ」により一応の完成を見ます。ただし、その後も改修・増築が行われ、現在の形となったのは18世紀になってからの事と伝えられています。

庭園に関しては、「ベルサイユ宮殿」等でお馴染みの「ル・ノートル」(1,613~1,700年)が、1,697年に作庭しました。彼の生没年代からして最晩年の作品と言えるでしょう。

作庭依頼者は「カルロ・エマニエレ2世」で、この庭園最大の特色は、上下2つのセクションに分かれている事。また、左右対称形になっており「ル・ノートル」が創り出した基本構成が使われています。

さらに、改修工事はその後も行われ、かつ新しい彫像も設置されるなど進化を続け、「ル・ノートル」+現代感覚がミックスされた素晴らしい憩いの場として多くの人に親しまれています。

 

サヴォイア家・王宮

 

 

 

 

 

 

 

 

「サヴォイア家」の王宮・・・「カステッロ広場」に面して造られている。

 

トリノ・紋章

 

 

 

 

 

 

 

「トリノ」の紋章

 

サヴォイア家・紋章

 

 

 

 

 

 

 

「サヴォイア家」の紋章

 

 

サン・カルロ広場

 

 

 

 

「カステッロ広場」

 

 

内部

 

 

 

 

 

王宮内部・・・まさに豪華絢爛

 

庭園②

 

 

 

 

「王宮庭園」・・・「ル・ノートル」の作庭

 

庭園

 

 

 

 

「王宮庭園」・・・彫像がいつごろ造られたかは不明

 

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,052

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第34回:「フォンテーヌブロー宮殿」とその庭園

 

引き続き「ル・ノートル作品を紹介。今回取り上げるのは「フォンテーヌブロー宮殿」とそこに併設された庭園です。ただ、同宮殿には2つの庭園があり、1つは「ル・ノートル」が作った庭、2つ目は「ナポレオン」が活躍していた時代に作られた庭です。

最初に、宮殿・庭園の歩みを知るため「フォンテーヌブロー」と言う街と「フォンテーヌブロー宮殿」の歴史について確認しておきます。

「フォンテーヌブロー」はパリ郊外に位置し、いわゆる「パリイル=ド=フランス(パリ地域圏)」内にあります。つまり、フランスの中心部でその歴史的に翻弄されてきた街であり建造物であったと言う事。そして、同エリアの変遷の主役となったのが「フォンテーヌブロー宮殿」でもありました。

「フォンテーヌブロー宮殿」は、フランス最大級の規模を誇り、街を守る城としての役割も果たしていました。そのベースを築いたのは<ルネッサンス時代を代表する王>とも言われる「フランソワ1世」(在位1,515~1,547年)で、「マニエリスム様式」の象徴的建造物とも呼ばれています。

「マニエリスム」には「ルネッサンス時代」後半に生まれたもので、<自然を超越した芸術手法>と言った表現も使われ、圧倒的なパワーを内包した美意識がその背景にあります。従って、ルネッサンスの中心地は言うまでもなくイタリアですが、パリ近郊に作られたこの宮殿も、その芸術性に憧れ建造されたと考えて良いでしょう。

ただ「マニエリスム」の影響を色濃く受けながらも、その後フランス特有の要素が加わり少しずつ変化し現在に至った宮殿とも言えます。フランスの絶頂期とも言える「ブルボン王朝」。その象徴的人物「フィリップ4世」「アンリ3世」「ルイ13世」などもこの宮殿で育ち、時を経る間に少しずつフランス化して行ったと言う事。当然のことながら「ルイ14世」との繋がりも非常に強い宮殿でもあります。

そして、16世紀後半には「ルネッサンス庭園」と呼ばれる庭が作られ、その時初めて<幾何学模様の花壇>が登場したとされています。さらに、「ルイ14世」と関係が深い「ル・ノートル」がその庭園に手を加え、<ヨーロッパで最も広い花壇を持つ庭園>となったと伝えられています。また、同宮殿と庭に水を引き入れるため巨大な運河も作られ、権力を象徴するエピソードとなったばかりか、現在もその景観は運河無しでは語れないものとなっています。

その後、「フォンテーヌブロー宮殿」は幾多の変遷を経て、ご多分に漏れず「フランス革命」(1,789~1,799年)により荒廃します。しかし幸か不幸か、あの「ナポレオン・ボナパルト」(在位11,804~1,815年)が自己の権威の象徴としてこの宮殿を復活させます。そしてこの時、「英国式庭園」と呼ばれる庭が作られ、現在の<2つの庭を持つ宮殿>となります。

「英国式庭園」は、宮殿本体や「ルネッサンス式庭園」とは異なり、非常にシンプルな構成となっています。また、中央には「ディアン」と呼ばれる噴水があるため、「ディアンの庭園」とも呼ばれています。

今回は、「フォンテーヌブロー宮殿」の庭を「ル・ノートル」作品の1つとして紹介。ただし、他の作品同様、<長い歴史と変遷の中の重要な一幕として彼がかかわった>と表現すべきでしょう。

中庭

 

 

 

 

「フォンテーヌブロー宮殿」と「ルネッサンス庭園」のパノラマ写真

シンボルアーク

 

 

 

 

 

「フォンテーヌブロー」のエンブレム

 

フランソワ1世

 

 

 

 

 

 

 

「フランソワ1世」

 

フォンテーヌブロー宮殿

 

 

 

 

 

運河から見た「フォンテーヌブロー宮殿」全景

 

英国庭園

 

 

 

 

 

「英国式庭園」・・・中央の「ディアン噴水」にちなみ「ディアン庭園」とも呼ばれる

 

東屋

 

 

 

 

 

「英国式庭園庭」内にある東屋

 

現在

 

 

 

 

憩いの場ともなっている花壇エリア

 

マニエリスム

 

 

 

 

 

 

「マニエリスム」の象徴とも言われる絵画・・・写実主義とはかなり表現方法が異なる。

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,051

「世界のガーデン」第七章:「平面幾何学式(フランス式)庭園」

 

第33回:公園となった「テュイルリー宮殿」跡

 

引き続き「ル・ノートル」作品の紹介。この項では「テュイルリー庭園」を取り上げます。この庭は「テュイルリー宮殿」に併設されたものですが、同宮殿は1,871年の「パリ・コミューン」時に焼失し、現在は庭園部は公園となっています。また、宮殿自体は再建されていません。従って、「テュイルリー公園」と言った方が適切かもしれません。

また、「テュイルリー宮殿」は「ルーブル宮殿」(現在の「ルーブル美術館」)の西側に隣接して造られたため、どの程度その存在について知っているか否かは別として、世界中の人がその跡地と「テュイルリー公園」を訪れています。

「テュイルリー宮殿」の歴史を辿ると、1,563年にフランス王「アンリ2世」の母「カトリーヌ・メディシス」(当時摂政の地位にあり実験は彼女にあった)により建造がスタート。ただ、完成までには100年の時を要しており、この事からも贅を尽くした宮殿であったことが分かります。庭園に関しては、1,664年に「ルイ14世」の命で「ル・ノートル」が作庭し、現公園の元となる泉水設備・遊歩道などが整備されました。

しかし、同じく王宮としてセット利用されていた「ルーブル宮殿」も含め、1,683年に新設の「ベルサイユ宮殿」へ移り、その役割を終えます。ただし、「テュイルリー宮殿」はその後消失するまで重要な政府機関として活躍。「ルーブル宮殿」も同様ですが、現在は世界有数の規模を誇る「ルーブル美術館」として親しまれている事は周知の通り。

「ルーブル宮殿」に関しては、やはりパリ・コミューンで一部が焼失しましたが、美術館としての再生が決まったためか、修復が行われ現在に至っています。一方、「テュイルリー宮殿」に関しては、2,003年に再建計画が持ち上がりましたが、300~400億円の費用がかかるうえ、全額を寄付等の民間資金で賄おうとしているため、未だに目途が立っていません。

ルーブル

 

 

 

「ルーブル美術館」の航空写真・・・右端(西側)にかつては「テュイルリー宮殿」があった。

 

 

シャルル・フィショ」1858年

 

 

 

 

 

 

 

画家「シャルル・フィショ」が描いた「テュイルリー宮殿」(1,850年)

 

遠景

 

 

 

 

「テュイルリー宮殿」の外観(1,852~1,870年頃)

 

イラスト

 

 

 

 

「テュイルリー宮殿」のイラスト(1,600年)

 

ルイ14世の間

 

 

 

 

 

 

 

「テュイルリー宮殿」内にあった「ルイ14世の間」

 

 

位置関係jpg

 

 

 

 

 

 

周辺との位置関係(1,615年)

 

庭園図

 

 

 

 

「テュイルリー宮殿」と「ルーブル美術館」の位置関係(左=西側)の白い部分が「テュイルリー宮殿」でその他の着色された部分が「ルーブル美術館」

 

現在

 

 

 

 

 

 

現在の「テュイルリー公園」

 

次のページ »