みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,032

「世界のガーデン」 第四章:イラン以外のペルシャ式庭園①

第14回:世界の至宝「タージ・マハル」

引き続き「ペルシャ式庭園」を紹介。ただし、イラン以外の庭園を取り上げます。ペルシャ及びその後に繁栄したイスラム勢力は、西はヨーロッパ、東はインド〜東南アジアまで活動範囲を伸ばし、様々なペルシャ・イスラム様式の建造物を残したからです。

最初に取り上げるのは、世界の至宝とまで言われるインドの「タージ・マハル」。

「タージ・マハル」を造ったにはトルコ系の「ムガル帝国」(1,526〜1,858年)5代皇帝「シャー・ジャハーン」で、実は彼が寵愛した「ムムターズ・マハル」(1,631年死去)の墓廟です。着工は1,632年で、完成したのは1,653年。実に22年もの歳月を要した事になります。また、このような豪壮な墓廟を造った一因は、謀反討伐に同行しその遠征先で死去した彼女の、<後世に残る墓を造って欲しい>と言う遺言も一因と伝えられています。また、「タージ・マハル」と言う名前の由来は諸説あるとの事ですが、「ムムターズ・マハル」と言う名前が元になっている事は間違いなく、その意味は「宮殿の光」「宮廷の選ばれし者」と言ったもの。

「タージ・マハル」はインド北部のアーグラと言う都市にあり、南北560m×東西303mの敷地を持つ。全体構成は、南端4分の1が前庭、その北に大楼門。同門の南側には正方形(一遍296m)のメイン庭園があり、墓廟へと繋がっています(平面図参照)。なお、メイン庭園は中央に噴水(池)があり、そこから水路が十字に走り、完全に4等分されています。つまり、最も典型的な「ペルシャ式庭園」の構成となっていると言う事。また、全体も完璧なシンメトリーとなっています。

主要構造物についてもう少し詳しく記すと、「大楼門」は赤色の砂岩で造られ、大きなアーチを持ち、両側に八角形の大きな塔を配置。アーチの上には11個の丸屋根があり、ペルシャ・イスラム様式の典型的な構成だとの事。

最も重要な墓廟は白大理石で出来ており、正方形(一遍57m)だが、四隅がカットされており、実際には変則的な八角形となっています。また、高さは丸屋根最上部までが58mで、さらにその上には頂華と呼ばれる装飾物が設置されています。このため、目前から見上げると迫力が倍増するとの事。しかし、遠方から見るとバランスが悪くなり、それを防ぐため墓廟が置かれている基壇の両端に塔が設置され、全体のバランスに配慮した構成となっています。

墓廟の左右には集会所とモスクがありますが、これまたシンメトリーを崩さないように同形となっています。

以上のように、「タージ・マハル」は贅をつくしたと言うだけではなく、完璧な美を持つ建造物とも言えます。だからこそ、多くの人々が知る通り、世界の至宝・世界最高の美的建造物とも・・・

14:外景・ヤナーム川より

 

 

 

 

 

ヤナーム川から見た遠景・・・北側にある墓廟(中央)とその両サイドの集会所・モスクが見える。

 

14:平面図

 

 

 

 

「タージ・マハル」の平面図(左が北)・・・右(南)から前庭・大楼門・主庭・墓廟

 

14:大楼門

 

 

 

 

 

 

大楼門・・・墓廟側(北)からの景観。赤色の砂岩で出来ている。

 

14:庭園・廟より

 

 

 

 

 

 

主庭・・・墓廟(北側)からの景観。中央に噴水(池)・水路で4分割と言う典型的な「ペルシャ式庭園」。

 

14:廟

 

 

 

 

 

 

墓廟・・・世界で最も美しい建造物とも。白大理石で出来ている。

 

14:地図

 

 

 

 

 

 

 

 

「タージ・マハル」の位置・・・インド北西部のアーグラにある。

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,031

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園⑨

第13回:「アクアバリーエ庭園」!

イランにあり世界遺産に指定されている、9ヶ所のペルシャ式庭園紹介。今回がラストで、取り上げるのは南ホラーサーン州の州都ビールジャンドにある「アクアバリーエ庭園」。ただし、この庭園に関しても一般入手出来る資料は極めて乏しく、今回も「Pars Today」の力をお借りします。

「アクアバリーエ庭園」のある南ホラーサーン州はイランの東部に位置し、人口は約70万人。そのうち州都ビールジャンドに約22万人が住んでおり、同州一番の都市ではありますが、決して大都市とは言えず、首都テヘランからも遠く離れています。確かにホラーサーン州は歴史的にも文化的にも重要な地域で、周辺2州を含めたホラーサーン3州で1,119箇所もの文化指定遺産があり、加えて巡礼地・自然の名勝が多いなど、観光地としても注目のエリアとなっています。ただし、日本から訪れる人は稀であり、この点も素晴らしい庭園でありながら(日本では)あまり知られていない要因となっているのではないでしょうか?

「アクアバリーエ庭園」はザンド朝(1,750〜1,794年)〜ガージャール朝(1,779〜1,925年)にかけて造営されました。従って、ペルシャ式庭園の様式を守りながらも、独自のアレンジも加わっており、多様性と作者の個性・才能を強く感じさせる作品と言われています。

メインとなるのは敷地の中心部にある建物とその周辺。建造物の前には独特の形状をした池があり、そこに映し出された世界と現物が見事なハーモニーを創出し、特有の三次元世界が広がっています。加えて、庭園自体が斜面にある事、斜面の一番高い部分に建物がある事、周囲が壁で囲まれており外部とは異空間となっている事、シャープな直線が多く使われている事・・・などにより、ボリューム感がありながらモダンで重苦しさを感じさせません。

ペルシャ式庭園の場合は水をどのように使うかが重要ポイントとなりますが、同庭園でも池・大きな水路・小さな水路が見事に組み合わされており、目を楽しませてくれる上、あたかもせせらぎの音が聞こえるような雰囲気を創り出しており、特有の理想郷となっています。

「アクアバリーエ庭園」はおよそ4.5万㎡の広さがあり、前出のメイン建造物に加え、東端により古い建物があります。この建物は2階建てで、廊下・2つの中庭・馬小屋などから成り立っており、貴重な歴史建造物となっています。

中央部(メイン)の建物は1フロア面積約600㎡で2階建て+塔から成り立っています。そして、この建物には2つの博物館があります。2階は考古学博物館になっており、これもまた見どころの一つと言えるでしょう。この博物館には、先史時代・古代・イスラム期の3コーナーに分かれており、先史時代コーナーでは4,000年前の文化・産業、古代コーナーでは2,000年前の出土品・道具、そしてイスラム社会の歴史を知ることが出来ます。

1階は人類学博物館で、ホラーサーン州とその近辺の100年間の歩み・文化・産業・風俗等を知ることが出来ます。

南ホラーサーン州

 

 

 

 

 

 

 

イランの地図・・・ホラーサーン州はイランの東部に位置している。

4bprf401193c1717zvl_800C450[1]

 

 

 

 

 

遠景・・・真ん中奥にあるのがメインの建物

 

4bpr4d8243f5bd17zvr_800C450[1]

 

 

 

 

 

中央の建物アップ

4bprcd010a8b8817zvm_800C450[1]

 

 

 

 

中央の建物(別角度から)・・・塔も直線が多くモダンな感覚

 

4bprffd740da1617zvx_800C450[1]

 

 

 

 

中央の建物内にある中庭

 

4bprf35e3f96ff17zvy_800C450[1]

 

 

 

 

 

東側にあるより古い建造物

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,030

「世界のガーデン」 第三章 9ヶ所のペルシャ式庭園⑧

第12回:「パフラヴァンプール庭園」!

イランにある世界遺産指定のペルシャ式庭園を紹介中。今回はメフリーズと言う都市にある「パフラヴァンプール庭園」を取り上げます。ただし、この庭園も極めて資料が乏しいため「Pars Today」からの引用となります。

メフリーズはヤズド州メフリーズ郡の主要都市。と言っても人口は3万人を割り込んでいる為、観光客が訪れる機会も多いとは言えません。「パフラヴァンプール庭園」は素晴らしい建造物(庭)ですが、実際に目にした日本人は極めて少ないと推定されます。なお、ヤズド州はイランの中心部、しかも砂漠の真只中。詳細については、「第三章 9ヶ所のペルシャ式庭園⑦」(前項)を参照して下さい。

「パフラヴァンプール庭園」はメフリーズの南東部にあります。作庭されたのはガージャール朝時代(1,779〜1,925年)で、イランに現存する「ペルシャ式庭園」が最も多い時代の作品でもあります。また、ヤズド州は殆どが砂漠地帯ですが、同庭園のあるエリアは比較的水に恵まれ、カナート(地下水を使った灌漑設備)も充実している為、恵まれた地域にある庭の一つでもあります。

この庭園はイランの伝統的設計に基づき作庭されています。同時に、建物も含め<自然との調和>が魅力の一つにもなっています。

「パフラヴァンプール庭園」の歴史に少し触れると、前述のごとくガージャール朝時代の作庭ですが、同王朝と時代が重なる別民族の王朝・サンド朝(クルド系民族の国? 1,750〜1,794年)の特徴もあるとの事。王朝同士の交流があったためか、一時期サンド朝系民族が所有していたためか、理由は定かではありませんが、この点も見逃す事のできない特性と言えるでしょう。なお、「パフラヴァンプール」と言う庭園名は、ヤズド商人・アリー・パフラヴァンプールの名前が充てられたもの。従って、彼が作庭者か一時期所有していたと推定されます。

この庭園の規模は約5ヘクタールで、玄関・宮殿(3階建て・建面積約1,500㎡)・冬を過ごすための建物・管理人用の建物・公衆浴場・台所等から成り立ち、これらが美しい庭で結ばれています。ただし、ただ建物と建物を結ぶために庭園があるのではなく、むしろ庭園自体が主役でその要所に建物が存在すると表願したほうが適切。この点はイランの伝統的建造形式を踏襲しています。

宮殿は庭園の中央部にあり、広い池とセットになっていると言う構成を考えても、建物主・庭園従と言う考え方ではなく、庭園全体の構成がまず考えられ、それぞれの役割に応じた建物が配置された・・・と考えた方が自然であるため。このような発想は、ある意味日本の建造物と似ているかもしれません。

ただし、冬を過ごすための建物はパフラヴィ―朝(1,925〜1,979年)のもので、長い時間をかけて現在の姿となったことが分かります。また、水が豊富に使われ、池・水路が発達しているだけではなく、プラタナス・ザクロ・アーモンドなどの樹木がふんだんに使われ、植栽の美しさにも定評があります。また、庭園全体が(殆どの「ペルシャ式庭園」と同様)塀で囲まれており、このような形式を「サラセン式庭園」と呼ぶ事もあります。

4bpr24bc70405018622_800C450[1]

 

 

 

 

 

庭園遠景・・・豊かな緑がこの庭園の特色の一つでもある。

4bprbaa7c6547818621_800C450[1]

 

 

 

 

 

宮殿・・・建物、水、植栽の調和が素晴らしい。

4bprea048478bc18623_800C450[1]

 

 

 

 

 

別角度から見た宮殿

4bprdca44113a718624_800C450[1]

 

 

 

 

 

宮殿内部

4bpre5b7f4ed5518626_800C450[1]

 

 

 

 

 

中庭

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,029

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園⑦

第11回:「ドーラト・アーバード庭園」!

イランの世界遺産指定庭園。7番目に取り上げるのは「ドーラト・アーバード庭園」。同庭園はイランの中央部に位置し、砂漠の真っただ中にあります。ただし、資料が極めて乏しく、今回もまたまた<Pars Today>の記事を参考にさせて頂きました。

「ドーラト・アーバード庭園」はヤズド州の州都ヤズドにあります。ヤズド州は文字通りイランの臍とも言える中央部に位置し砂漠の真只中。ヤズドも典型的な砂漠の中の街で、しかも標高が約1,200mと高いため、冬はしのぎやすいのですが、夏は気温が40度を超える酷暑との事。

にもかかわらず人口は60万人を超え、州全体の70%以上の人が住んでいます。歴史も古く都市の根幹が創られたのは3,000年以上前。従って、伝統ある砂漠都市の全てを備え、特にヤズドのカナート(地下水路を活用した灌漑設備)は有名。また、「ゾロアスター教」信者が多い事でも良く知られています。

「ドーラト・アーバード」庭園は、「アフシャール朝」(1,736〜1,750年)終期〜「ザンド朝」(1,750〜1794年)初期にかけて造営されました。従って、260年程の歴史を持つ庭園と言えます。特に、「ザンド朝」時代には歴代王の滞在場所となり、重要な役割を果たしました。モハンド・タギー・ハーンと言う王の時代には、多くの植木が追加され通りへと繋がっていました。このため、通りは1,000本の樹と言う意味のザール・デラフトと呼ばれるようになり、幅5m・長さ20㎞に及んだと伝えられています。前述の通り「ヤズド」は砂漠の街です。そこにこのような景観が広がっていた訳で、ある意味驚異的とも言える光景がそこにあったと言う事。「ドーラト・アーバード庭園」の作庭当初は、街の外にありましたが、市街地の拡大に伴い、その中心部に位置するようになり、まさに市街地のオアシスになったと言う事。

メイン建造物は八角形の特色あるもので、3つの大きな部屋を持ち、中心部には大理石製の貯水槽があり、極彩色のガラスで装飾された玄関がそこに映し出されます。つまり、計算されつくした演出も同庭園の大きな特徴となっていると言う事。勿論、贅沢に水を使った構成も「ドーラト・アーバード庭園」の大きな魅力で、八角形の建造物前からわき出し、池に入り、さらに水路で繋がり別の複数の池へと流れ込み、まさに地上の楽園を創り出して行きます。同時に、幾何学的に正確な間隔で植えられた樹木とのコラボレーションも、庭と建造物の魅力を引き立てており、屈指の「ペルシャ式庭園」の一つと言えるでしょう。

ただし、「ガージャール朝」(1,796〜1,925年)になると、以前ほどには活用されなかった模様で、本格的な補修もあまり行われなかったようです。ようやく、1930年代に入り大掛かりな改修が行われ、現在の姿もこの時以来の物と考えて良いでしょう。

800px-IranYazd-SVG.svg[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤズド州の地図・・・イランの中央部に位置し、殆どが砂漠地帯。

 

カナート

 

 

 

 

 

 

「カナート」・・・砂漠都市の生命線となった灌漑設備

 

ヤドスの街

 

 

 

 

 

ヤズド・・・まさに砂漠の真っただ中に築かれた歴史的大都市

 

4bhk9f21f2c1ea1li5_800C450[1]

 

 

 

 

 

「ドーラト・アーバード」庭園・・・八角形の建物と特色ある塔

 

4bpre6c1129ecf17sxn_800C450[1]

 

 

 

 

 

「ドーラト・アーバード」庭園の遠景

 

 

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,028

「世界のガーデン」 第三章:9ヶ所のペルシャ式庭園⑥

第10回:東西2つの「シャーザデー庭園」!

世界遺産に指定されたイランの9庭園。今回は南部にある「シャーザデー庭園」を取り上げます。ただ、この庭園も日本にはなじみの薄い物で、資料入手が極めて困難。ただ、ありがたい事に前項同様「Pars Today」が詳しく報じています。従って、その殆どに情報を右の<Pars  Today 記事>(詳細は左をクリック)に頼りました。

「シャーザデー庭園」はイラン南部に位置するケルマーン州のマーハーンと言う都市の郊外にあります。ケルマーン州は大半を砂漠で占められています。ただ、「シャーザデー庭園」はティグラーン山脈(イラン南東部)の裾野にあり、超乾燥エリアですが標高が2,000mを越しています。従って、自然環境に恵まれているうえ、豊富な水が使える・一定の傾斜を活用できるなど、立地的にも優れた庭園と言う事が出来ます。加えて、精緻な構成も庭園の素晴らしさをより引き立てています。だからでしょうか?<イランで最も美しい庭園>とも評されています。

作庭時期は、「ガージャール朝」(1,796〜1,925年)末期で、9ヶ所の世界遺産庭園の中では比較的新しい部類となります。従って、典型的「ペルシャ式庭園」と言うよりは、それを基にして独自のアレンジを加えた独創的庭園と表現した方が良いでしょう。しかも、複数の為政者により手が加えられ、完成したのは1,930年頃。実際には、長い歳月と膨大な資金がつぎ込まれた珠玉の建造物であったと言う次第。

「シャーザデー庭園」」最大の特色は東西に2分されていると言う点。当然のことながら、西の庭園と東の庭園とでは、様相が大きく異なります。加えて、総面積5.5ヘクタール(奥行407m×幅122m)と広大な敷地を持ち、その中に王が滞在する建造物・大衆浴場などもあり、庭園自体にも贅が尽くされたものとなっています。傾斜を有効活用するのは、イラン庭園の基本技法との事ですが、主にイタリアで造られた「露壇式庭園」との共通性を感じ取ることも出来ます。

庭園入口の建物は2階建てで、それを通り過ぎると長辺200m程の池があります。しかもその池は階段状になっており、5つの噴水も設置されています。その美しさは言うまでもありませんが、「ペルシャ文明」以来の高い灌漑技術があったからこそ、このような庭園を建造することが出来たと言えるでしょう。

また、多くの「ペルシャ式庭園」がそうであるように、「シャーザデー庭園」も塀で囲まれており、周囲と明確に区分されています(このように、塀・建物で区切られた庭園様式を「サラセン式」とも呼ぶ)。つまり、周辺の砂漠と明確に分けられた夢空間となっているわけで、この点もまた他地域では味わうことが出来ない特有の魅力と言えるでしょう。

砂漠

 

 

 

 

 

 

ケルマーン州・・・同州は大部分が砂漠地帯。

ヤフチャール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケルマーン州で良く見られる灌漑設備ヤフチャール。

洲地図

 

 

 

 

 

 

 

 

イラン南部に位置するケルマーン州

庭園①

 

 

 

 

 

 

 

庭園遠景

庭園②

 

 

 

 

 

 

階段式水路&噴水

庭園③

 

 

 

 

 

 

豊富な水を供給する灌漑システム

庭園④

 

 

 

 

 

 

巨大な池・・・まさに人工のオアシス

 

 

次のページ »