みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ

 

「りょうさんの:ほぼ毎日、エクステリア&ガーデンメモ」・・・NO2,224

 

「日本庭園と日本外構 編」・・・「松尾大社松風苑」の3つの庭とは?

「重森三玲」作品。この項では最晩年の作「松尾大社松風苑」に造られた3庭を取り上げます。

「松尾大社」は京都市西京区嵐山宮町にある神社で、朝鮮・新羅系の豪族秦氏により、最初に社殿が建立されたのは飛鳥時代とされています。秦氏は酒造りとの関係も密接で、「日本一の酒造神」とも言われています。現在の神殿は1397年(室町時代初期・応永4年)に建造がスタートし、1542年(天文11年)に大修理が行われたといった記録があります。また、建築様式を「松尾造り」と呼ぶとの事。

現在の「松尾大社」は、本殿(重要文化財)、拝殿、釣殿、神庫、楼門、中門、回廊、境内末社、そして催場的施設・「松風苑」等で構成され、その「松風苑」に「重森三玲」作庭の3つの庭がセットされています。

「松雄大社松風苑庭園」は、丸1年の工期と1億円の巨費を投じて1975年完成しました。「重森三玲」の没年も1975年(3月12日)ですので、最晩年の作品と言うことになります。同庭園は、「上古の庭」「曲水の庭」「蓬莱の庭」の3か所に分かれており、各時代の特性を活かし、しかし、いかにも「重森三玲」らしい斬新なデザイン構成の現代庭園ということが出来ます。

「上古の庭」はその名が示す通り、「松尾大社」の社殿ができる以前の状況をイメージしたもので、森の中に巨石が配された、自然観を第一とした作品です。庭の奥、中央にある2つの巨石は「松尾大社」の男女のご祭神を表し、その周辺に茂るミヤコザサが人の立ち入りが困難な高山をイメージしているとの事。

「曲水の庭」は、言うまでもなく平安時代の皇室・貴族が築いた王朝文化の優雅な暮らしを表したもの。当時は寝殿造と言う建物と同庭園が多数造られ、そこで舟遊び・曲水の宴などが良く催されました。「曲水の庭」は勿論そのような暮らしを再現した物。ただし、「重森三玲」らしく、近・現代的なアレンジが施されています。

「蓬莱の庭」は不老不死・神仙と言った思想を反省したもの。このような石組・庭園構成は他の作品にも数多くみられる、「重森三玲」が最も得意とする分野でもあります。また、このような神仙思想は日本では鎌倉時代に最も流行した物で、源頼朝も「松尾大社」に献納を行うなど信仰対象としていました。また、枯山水では無く池を配してそこの石組を造った点も大きな特色の1つです。

このように以上3つの庭は、古代・平安時代(王侯貴族時代)・鎌倉時代(武家社会)等の時代の変遷を表しています。また、同庭園には吉野川の青石が200個以上使われ、その特性と色彩感覚が特有の世界を創り出しています。ただ、コンクリートを多用した技法、人工的なデザイン構成は現代的であり、かつ極めて個性的なものとなっています。その一方で、「松風苑」自体が多くの人が訪れる場所で、一般大衆の視線を強く意識した「サービス精神旺盛な庭」・・・筆者にはそう感じられます。この点に関しては、「岸和田城八陣の庭」等に通じるものを感じるのですが、果たして誤った見方でしょうか・・・

そこで本日の一口アドバイス。

「重森三玲最晩年の作品=松風苑。でも、大衆の視線を重視したサービス精神も?」

(みずき りょう)

310:神殿

 

 

 

 

 

松尾大社本殿

 

310:本殿

 

 

 

 

 

拝殿

 

310:楼門

 

 

 

 

 

楼門

 

310:上古の庭

 

 

 

 

 

 

上古の庭

310:曲水の庭

 

 

 

 

 

曲水の庭

 

310:松風苑庭園

 

 

 

 

 

蓬莱の庭パノラマ

 

310:蓬莱の庭

 

 

 

 

 

蓬莱の庭

ガーデンパーティ始まります♪

いよいよ、ガーデンパーティが始まります!くもり?雨?の心配な天気から一転、暑いくらいのいいお天気がきもちいいいです。

お店もたんさんあって、いつもとは違う雰囲気。

ワクワクします。

ご来店お待ちしております。

以津の夢   ガーデンアート    山川


みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ

 

「りょうさんの:ほぼ毎日、エクステリア&ガーデンメモ」・・・NO2,223

 

「日本庭園と日本外構 編」・・・「重森三玲庭園美術館」って何だ?

「重森三玲の作品を紹介中。この項からは、彼の晩年の作品2種をピックアップします。まずは、「重森三玲庭園美術館」から・・・

「重森三玲庭園美術館」は彼の旧宅を美術館として保存したもの。所在地は京都市左京区吉田上大路町34。ただ、いくら高名な作庭家とはいえ、昭和の人物の自宅が美術館になるとは不思議でもあります。でもそれには、理由があります。自宅自体が歴史的な建造物で、そこに「重森三玲庭園」がセットされたからです。具体的には、同家屋は享保(1716〜1735年)年間に造られた吉田神社の社家=鈴鹿家邸宅を譲り受けたもの。その建造物に合わせ彼が1970年に庭園を造りました。従って、自宅と言う条件であるため彼の個性が最も強く出された、晩年の秀作(「重森三玲」は1975年没)と言う事が出来るでしょう。

「重森三玲旧宅」は江戸時代・書院造の代表的建造物で、主屋、書院、をメイン建造物としていましたが、「重森」が茶席「無宇庵」(1953年)と茶席「好刻庵」(1969年)を増設しています。なお、主屋は正確な創建年は不明だが享保年間のもの、書院は1789年創建と伝えられています。庭園は1960年代に坪庭がまず作られました。その後、書院と茶席を結ぶ形の主庭が、前述のごとく1970年に作庭されました。つまり「重森三玲庭園美術館」は江戸時代の建造物+重森庭園が一体化された、歴史的・芸術的価値の高い作品と言う事が出来ます。

同主庭は中央に蓬莱(ホウライ)+東西に方丈(ホウジョウ)、瀛州(エイシュウ)、壷梁(コリョウ)の3島、つまり伝説の仙人が住む4島を配した枯山水庭園。当然の事ながら、方丈・茶席などの建物内部からの景観が重視され、じっくりと観賞する座式的特性も強く備えています。また、4仙島をメインとした構成は、他の作品を見てもわかる通り、「重森三玲」の最も得意とするものでもあります。ただ、その中でも立石を多用した石組は極めて豪壮で、雄大かつ男性的な作風を最も好んだのかもしれません。また、伝統的構成であっても、宗教観~それを超えた形而上空間=禅(哲学)的世界を絶えず意識していた。筆者にはそう思えてなりません。

そこで本日の一口アドバイス。

「重森三玲の個性が最も色濃く出た晩年の作品。それが、重森三玲庭園美術館?」

(みずき りょう)

309:坪庭と水屋

 

 

 

 

 

坪庭

 

309:書院と茶席

 

 

 

 

書院と茶席

 

309:書院

 

 

 

 

 

書院内部

 

309:茶席

 

 

 

 

 

茶席内部

 

309:茶席襖絵

 

 

 

 

 

茶席の襖絵

 

309:庭園全景

 

 

 

 

庭園前景

 

309:書院からの景観

 

 

 

 

 

 

 

書院からの景観①

 

309:書院からの景観②

 

 

 

 

 

書院からの景観②

 

309:茶席からの景観

 

 

 

 

 

茶席からの景観

♪スタッフブログ ♪ 遅れましたが・・・

こんにちは、リフォームからゼロ・エネルギー住宅(ネッ ト・ゼロ・エネルギー・ハウス)建築まで、厚木市のリフォームやましたです。

0529イチローさん  0529イチローさん02

羽村市にあるイチローさんのお店、「ホームクリエ」さんで21日に開催されたeggの研修会に参加してきました。何回来ても、楽しくて、発見のあるお店。「灯りの杜」の下で気心知れた仲間とのお勉強会も、また、楽し。

(株)リフォームやました
神奈川県厚木市上依知1366-1

電話 046-245-0481
フリーダイヤル 0120-45-0408
FAX 046-245-2246
http://www.ofuro-reform.com/index.html
http://www.gaikou1.com

6月の「egg-西日本地区定例会・スタッフ研修」 無料体験参加者募集中!

手話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月28日(木)「egg-西日本地区定例会・スタッフ研修」より・・・エクステリアショップの運営研修の一環として、「手話」にもチャレンジ!

eggの加盟店は、自社の発展と同時に、絶えず地域社会に貢献できる「エクステリア専門ショップ」を目指しています!

 

6月の「egg-西日本地区定例会・スタッフ研修」

無料体験参加者募集中!

 

*「egg-開発PT会議」

○開催日時:6月19日(金) 10:00〜12:00

○開催場所:(財)大阪市教育会館(パル法円坂)・8号室 大阪・森ノ宮

*「egg西日本地区定例会・スタッフ研修」

○開催日時:6月19日(金) 13:00〜17:00

○開催場所:(財)大阪市教育会館(パル法円坂)・8号室 大阪・森ノ宮

 

「無料体験参加」のお申込み・お問い合わせは下記E-mailから・・・

E-mail info@niwagatari.com

 

次のページ »