速報 5月の「東日本地区定例会・スタッフ研修」 無料体験参加者募集中!

「第8回 egg作品コンクール」入賞作品(詳細は後日発表)

ライフアップ①夜景

 

 

 

 

 

 

 

中庭のようなプライベートガーデン

 

不二②全景

 

 

 

 

 

 

 

外部視線を気にすることなく、充実のプライベートタイムを!

 

 

5月の「egg-東日本地区定例会・スタッフ研修」

無料体験参加者募集中!

*開催日時:5月17日(木) 13:00〜17:00

*開催場所:週刊エクステリア・東京オフィス

住所 〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町13-1 サンビル201

電話 03-5295-0801 FAX 03-5295-0802

 

無料体験参加のお申込み・お問い合わせは下記E-mail から・・・

E-mail info@niwagatari.com

 

防草におすすめです。

匝瑳市 T様邸です。

裏庭の土の部分の除草として

防草シートを張り

瓦チップを敷きました。

瓦を粉砕して敷石として

特に 防草に お役立ていただけます。

お値段もお手ごろです。

お問い合わせお待ちしております。

安心の擁壁。

安心の擁壁!!

名古屋市千種区のお庭ショップ・myガーデンです!
先日お客様から「安心なお家まわりを作りたい」というご相談を頂きました。
myガーデンの母体会社・株式会社ダイワは、公共工事やハウスメーカーの工事している土木会社なのでお家まわりの造成工事・擁壁工事は、お手の物。
特に↓の様な通常では高額になってしまうL形擁壁と呼ばれる擁壁もご協力価格で設置させて頂いております。
この見るからにしっかりした家まわりの土台になるL型擁壁は、敷地内と外に高低差がある土地・敷地内の傾斜の解消など家の基礎同様に安心した作りにすることが望まれる所におススメの擁壁です。
一般住宅の擁壁は、寸法や仕様がまちまちで会社ごとに違う作りになっている事も、、、
L型擁壁なら規格品なので安心して設置して頂けます!
お家まわりの土台作りもmyガーデンにご相談ください!

みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,087

「納得!エクステリア講座」第19回・・・「南欧風」デザインの特性と魅力!

エクステリア(住まいの屋外空間)のデザイン分類について検証中。今回は、「南欧風」を取り上げます。

<地中海の風、それは永遠の憧れ!>

既に述べた通り、現在、エクステリアデザインの主流派は「モダン系」です。ただそれ以前(20年程前)は、いわゆる「南欧風」が大流行しました。また、「南欧風」は<すたれた>と言う事では無く、根強いファンがいて、今も着実に一定規模の市場があります。また、ヨーロッパの地中海沿岸の代表的エリア・プロヴァンス地方の名を取り、「プロヴァンス風」と呼ぶ事もあるのは周知の通り。

補足するなら、ヨーロッパの地中海沿岸(≒南欧)エリアは、イスラム文化との関連性が深く(何度かイスラムからの侵略を受け)、次に取り上げる「中東風」とも相通じる部分も多いデザインとも言えます。

「南欧風」を語るには、デザイン特性の前に基本イメージをしっかりと頭に叩き込むことが重要。地中海の風・陽光・煌めく海岸線・広大な平地が少ない・素朴な暮らし・・・などです。そして、このイメージは<イギリスのコッツウォルズ地方>、フランスの<バルビゾン>などと共に、日本人に取り永遠の憧れでもあります。

以上の結果として作り出されたのが「南欧風」デザインで、白(日本では白に近い淡い暖色も)・柔らかな曲線・ラフな仕上げ・カラフルな草花・暖地エリアの樹木・・・などをキーワードとして上げることが出来ます。

ただし、①:本場「南欧風」と「日本の南欧風」には大きな相違がある ②:過剰装飾~悪趣味と言った結果を招きやすい・・・と言う点も見逃してはなりません。平たく言いうと、<本場の南欧風をそのまま日本に持ち込むことは、(日本人の性格から言って)不可能(あくまでも日本的南欧風)><過剰な曲線・装飾による悪趣味な作品が非常に多い>と言う事です。従って、<ハイセンスな日本的「南欧風」を創り上げる>これが成功のポイントとなります。

「南欧風」のエクステリアでも、クローズ・セミクローズ・オープン、3スタイルの選択は可能です。ただ、比較的クローズスタイルのウエイトが高くなり、しかもフェンスを使う頻度が低くなります。つまり、ブロック塀・門柱+左官仕上げ(塗り仕上げ)が多くなると言う事。だからこそ、A:塀を高く長くし過ぎて、倒壊の危険を招くようなプラン・施工は絶対に行わない B:左官仕上げが粗悪になり、短期間で表面劣化するような施工は行わない・・・以上、要注意!

そこで本日の一口アドバイス。

「日本人には日本の<南欧風>を! そして、どうすればハイセンスに纏められるか!」

(みずき りょう)

19:街並み

 

 

 

 

 

 

プロヴァンス地方の街並み・・・地中海に隣接する「南欧」は、日本人に取り永遠の憧れ。そこには、温暖な気候・降り注ぐ陽光・美しい海岸線・そして何より素朴で陽気な気質が。しかし、過酷で複雑な歴史も・・・

 

19:住宅

 

 

 

 

 

南欧の伝統的家屋・・・ブドウ畑に囲まれた邸宅。まさに「プロヴァンス風」の原点が。ただ、日本で作られている「南欧風」とは根本的に異なるものがある。

 

DSCF0016_R[1]

 

 

 

 

 

 

日本の「南欧風」外構・・・淡い色調・おおらかな曲線・そして何より明るく温かみを感じさせる空間。日本には<日本特有の「南欧風」>が根付き、そして今も多くのファンが!

 

速報 5月の「egg-西日本地区会合」は名古屋で開催! 無料体験参加者募集中!

 

<「egg-作品コンクール」入賞作品決定!>詳細は後日発表

不二②プレゼン

 

 

 

 

 

 

「第8回 egg-作品コンクール・作品賞」入賞作品の一例

 

不二④プレゼンA

 

 

 

 

 

 

「第8回 egg-作品コンクール・プレゼン賞」入賞作品の一例

 

1523660322406

 

 

 

 

 

 

メーカー(港製器工業)特別賞を受賞した河田さん

 

 

5月の「egg-西日本地区会合」

無料体験参加者募集中!

*開催日時:5月24日(木) 13:00〜17:00

*開催場所:「myガーデン」 名古屋市千種区

(終了後名古屋駅前にて懇親会)

 

無料体験参加のお申込み・お問い合わせは下記E-mail から・・・

E-mail info@niwagatari.com

 

次のページ »