eg-倶楽部 2019年・新年号 自然素材で+αの経年変化!

eg-倶楽部 2019年・新年号

お客様とお店をつなぐ「コミュニティー紙」 編集:egg 本部

 

写真:岡本太郎作品(1970年万博の象徴「太陽の塔」とセットで創られた作品)

1544562740562

 

 

2019年 明けましておめでとうございます。

 

2019年。新しい年の到来です。

活力あふれる素晴らしい一年にとなる事を祈念し、初日の出に代え、岡本太郎作品を表紙写真に使いました。1970年。あの大阪万博「太陽の塔」に関連し創られた<顔?>です。

「太陽の塔」関連の作品群は、文字通り太陽を表しているとも、その背景には縄文人のをイメージがある・・・などと言われていますが、貴方の見解は?

2019年第一弾の「eg-倶楽部」では、「自然素材」について検証したいと思います。多くの素晴らしいメーカー商品が開発られている昨今。だからこそ、<工業製品と自然素材のコラボレーションをどう行うか>が、エクステリア(住まいの屋外空間)にとり、より重要な課題となってきているからです。

 

自然素材で<+αの経年変化>を楽しもう!

 

工業製品と自然素材の決定的相違とは?

遅いか早いかの差はあれ、全ての物に経年変化はあります。だが、それがプラスとなる場合と、マイナスとなる場合がある事は、見逃してはなりません。しかも、自然とのつながりが深いエクステリア(住まいの屋外空間)では、屋内より経年変化の度合いが遥かに大きく、それだけに<プラスとなる経年変化をどう活かすか>がより重要な課題となります。

ここで重要な事は、工業製品(メーカー商品)と自然素材の特性。前者の多くは、施工時が最高(≒マイナスの経年変化。ただし、錆る事で味が出るアイアン製品など例外も)と言うものが大部分。一方、後者(生前素材)においては、時間の経過とともにさらに良くなる(プラスの経年変化。ただし、材料選び・使用方法等が大きなポイントとなる)ものが数多くあります。

ただし、現代のエクステリアでは、工業製品だけ・自然素材だけ・・・と言った極端な思考でプランを考える事は、現実的とは言えません。それぞれのプラス面を活かし、マイナス面をどうカバーするかを考えた方が、よりメリットが大きくなるからです。表現を変えれば<工業製品と自然素材をどう使い分けるかが「プロの技」>とも言えます。

DSC036451-column1[1]

 

 

 

 

 

7d716edd7b497dc6e0daab8b583d103b-column1[1]

 

 

 

 

 

写真上:施工当時 写真下:5年後

天然木「ウリン」門柱・植栽で主力構成されたオープン外構。5年を経過し門柱部分は自然と調和する見事なシルバーグレー(勿論、品質には全く問題なし)に。植物も適度に成長し、余栄素晴らしい作品に!

 

「工業製品優先」がもたらす弊害!

しかし、近年は<工業製品優先・自然素材軽視>の傾向が強まっています。理由は、工業製品(特に大手メーカー商品)に関しては、様々な間接的フォロー体制(優れたカタログと資料・使い方の指導体制・PRによる高い商品知名度、等)が完備しているが、自然素材に関してはバックアップが極めて少ないためです。お客様に対しても同条件である事に加え、<植栽に関する誤解≒植栽を行うと管理が大変、等・・・現実には使用植物の選定・その使い方等で、労力の大幅軽減が可能>と言う概念が、結果として、<工業製品を並べ、かつその周辺をコンクリートで固めてしまうだけ>と言うエクステリアが非常に多くなっています。

しかしこれでは、エクステリア自体が無味乾燥なものとなってしまうばかりか、<古くなるにしたがって見向きのしたくない状態>に至る可能性が強まってしまいます。だからこそ、工業製品と自然素材の使い分けに、もっと心を配り<時の経過とともに愛着が増す>作品作りを心掛ける必要があります。

 

天然木・石材・植物&工業製品≒ワンクラス上のエクステリア!

もう少し具体的に、<自然素材と工業製品のコラボレーション>について検証してみましょう。

自然素材の代表格は「天然木」「石材」「植物」の3グループです。

「天然木」に関しては、エクステリア用として優れた<樹種選び>が第1ポイント。「ウリン」に代表されるハードウッド類、「レッドウッド」「レッドシーダー」「サイプレス(豪州ヒノキ)」などの腐りにくいとされる針葉樹類などが著名。ただし、それぞれ特性が異なり、各長所をどう引き出すかが重要。つまり、何を選ぶかの次に<どう使うか(施工面も含め)>が、第2ポイントとなると言う事です。

補足するなら、以上は全て輸入材。これに対し、昨今特に<国産材を使いたい>と言うご要望が増えています。しかし、安易に一般的な国産建築材を使うと、腐るなどの支障をきたす事が少なくありません。ここで、私達(egg-加盟店)は、プロ中のプロがセレクトした純国産エクステリア材<日本の樹「杉(スギマサ)柾」>をご用意しました。興味をお持ちいただけた場合は、ご来店の上ご確認を!

エクステリア用の「石材」に関しては、「石英岩系」「石灰岩系」「砂岩系」「凝灰岩系」「安山岩系」「御影石系」などが主力(一部には、「玄武岩系」「粘板岩系」「大理石系」等も)。これらを適切に使い分けるには、それぞれの特性を熟知する必要があります。また、正しい施工(特に、前処理と言われる部分)を行わないと、大変な失敗につながる事も・・・

「植物」に関しては、樹種とそれぞれの特性・グランドカバーの種類と特性・芝生に関する知識、等が特に大切になります。例えば、シンボルツリーを1本植えるにしても、<管理が楽>と言う点を優先するのであれば、成長が遅い樹を選ぶ事が優先事項となります。一方、<カッコイイ・安い>を優先するのであれば、圧倒的人気の「シマトネリコ」などがお勧め。しかし、<安い≒成長が早い≒ある程度こまめな剪定>が求められます。

要するに、<適切に自然素材を組み合わせる>と言う事は、<ほぼ工業製品 Only よりも、プロの技を必要とする>と言う事。だからこそ、<優れたエクステリア専門ショップに相談する>のが大前提と言う事。勿論、私どもはプロとして<自然素材を有効に使う>と言う点に関しても、絶対の自信を持っております。

928d03aa343db3cf1dbd21544ef310e7-column1[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

c60fbe5b59e02f207ee04ad02c5407f1-1024x768[1]

 

 

 

 

 

 

写真上:アルミフレーム(工業製品)と木製立体トラス(自然素材)を組み合わせた門柱。植栽・火山岩との組み合わせもグ~ 写真下:シンプルな門廻り。植栽と天然石貼りがその魅力をさらにアップ!

 

 

「2019年 NEW  YEAR  フェア」開催中!

ただいま「2019年 NEW  YEAR  フェア」開催中!

新しい年をさらに活力あるものに! さらに、ガーデンライフを満喫するために、自然素材をどう活かすかを考えてみませんか。例えば、プライベートガーデンを充実させるために<目隠し工事>を行い、その内側に記念樹を植えてみるなど・・・ 私どもは、最高のプランをご用意し、ご相談をお待ちしています。

勿論、春以降の新築外構工事、ガーデンリフーム、ちょっとしたエクステリアのお悩みにも!

 

図面と現場。

お客様のご要望を伺い 現場を測量し お見積もりを出させていただいたうえで

工事のご依頼をいただきますが いざ 工事がはじまってみると

「ここに 配管があって 掘り下げられない」

「木の太い根があって 切ってしまうと 木が傷んでしまうかも…」など

思いがけない状況になることもあります。

そうなると ご依頼者さまと 再度のお打ち合わせを行い

お客さまのご意見を尊重しつつ

工事がスムーズに行くように工程を組みなおしたり

工事の変更などをお願いさせていただくこともあります。

お客さま皆様にご納得いただけるよう真摯にご説明させていただきますが

図面だけでの想像の状態では ご理解いただきにくい場合もあり

説明が難しいこともあります。

図面の書き方ももちろんですが 分かりやすくご説明できるよう

日々精進していかなくてはと 感じます。

ロッピーちゃん 訪問しました。

バイク倉庫の工事のご依頼を頂きました。

現場に 当店キャラクター「ロッピー」が 訪問中です。

広い駐車スペースのお庭との境界のスペースに

バイクと自転車とおうちのものを収納したいとのことです。

速報! 2019年1月17日「egg-西日本地区定例会」

 

SGO

 

 

 

 

 

 

 

 

ステンド・グラス・オーバーレイ(SGO)・・・憧れのステンドグラスくをお手頃価格で! しかも貴方だけのオリジナルを!

EPSON MFP image

バークレイのガーデンライト・・・プロも使う高品質+お手頃価格の照明器具。ローボルト・LEDライト・金属の本体

EPSON MFP image

高槻市の第三者委員会がブロックに引導・・・ブロックにNO! 国も同調!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月の「egg-西日本地区定例会・スタッフ研修」

無料体験参加者募集中!

 

*開催日時:2019年1月17日(木) 13:00〜17:00

*開催場所:浪速区民センター 大阪市浪速区稲荷町

 

無料体験参加・商品PR等のお申込み・お問い合わせは下記 E-mail から・・・

E-mail info@niwagatari.com

 

坪庭。

多古町S様邸 完成しました。

アプローチには 四国化成のリンクストーンを施工しました。

雷おこしみたいな感じですが 吸水性に優れています。

植栽のまわりに ヒメイワダレソウを植えました。

いまは 休眠にむかっているので おとなしいですが

春先からは 元気にぐんぐん成長しますので

いい感じのグランドカバーになってくれると思います。

 

裏庭には 築山をつくり コケを植えて お家に中から見るのに

ちょうどいい和風の坪庭ができました。

      

S様ご夫妻にとても喜んでいただけて こちらもうれしい限りです。

ありがとうございました。

次のページ »