みずきりょう の:エクステリア&ガーデンメモ NO3,035

「世界のガーデン」第四章:イラン以外のペルシャ式庭園④

 

グラナダ編②「ヘネラリフェ」と「アルバイシン」

 

前項ではグラナダにある「アルハンブラ宮殿」を取り上げました。同宮殿程有名ではありませんが、実は同じ市街にもう2ヶ所ペルシャ由来のエリアがあります。「ヘネラリフェ」と「アルバイシン」です。両地区とも、「アルハンブラ宮殿」とセットで1984年に世界遺産に指定されており、ここで紹介しておきます。

「ヘネラリフェ」

「ヘネラリフェ」はムハンマド3世(在位1,302〜1,309年)時代に別荘として建設された建物と庭園で、「アルハンブラ宮殿」の北に位置する太陽の丘にあります。しかも、元々「アルハンブラ宮殿」とは渓谷をまたぐ歩道で結ばれていたとのことで、深い関連性があった建造物でもあります。

また、規模はそれほど大きくありませんが、建物・庭園(中庭)共にイスラム様式を色濃く残しており、文化・歴史遺産・芸術性などの面で高い評価を受けており、「アルハンブラ宮殿」とセットで訪れる観光客も多数います。

特に、建物内の中庭にある「ペルシャ式の庭園は」<アセキアの中庭>と呼ばれ、細長い池を囲むように花壇・噴水・柱廊などがあり珠玉の空間となっています。しかも、保存状態も極めてよく、創建当時の面影が色濃く残されています。

今日の姿になったのは、1931〜1951年にかけて行われた補修作業後。歴史を大切にしながらも、地元の川で産出する白と黒の石を使ったモザイク歩道も加わりより素晴らしいエリアとなっています。

ヘネラリフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヘネラリフェ」のメイン空間とも言える<アセキアの中庭>

H噴水

 

 

 

 

 

 

 

 

噴水

 

H階段

 

 

 

 

 

 

 

太陽の丘に向かう階段

 

H側面

 

 

 

 

 

水路

 

 

「アルバイシン」

「アルバイシン」とは、「アルハンブラ宮殿」の西側にある丘陵地帯でムーア人(アフリカ在住のイスラム教徒)支配したエリアの事。当然の事ながらイスラム色の強く残った歴史エリアとなっています。

この地区は、白壁の建物と石畳が特色で、イスラム式の浴場(ハマムーン)・グラナダ考古学博物館・モスク(イスラム教の教会)を改造したサン・サルバドール教会などがあり、特有の雰囲気を作り出しています。

Aアルハンブラより

 

 

 

 

 

「アルハンブラ宮殿」から見た「アルバイシン」エリア

 

Aモニュメント

 

 

 

 

 

 

 

町中のモニュメント

 

A通路

 

 

 

 

 

 

 

石畳の通路

 

A街並み

 

 

 

 

 

「アルバイシン」の街並み

 

 

 

 

4月の「egg-定例会」 速報!

1585443434478

 

 

 

 

 

3月12日に開催された「egg-東日本地区定例会」の会場となった「E&G  HIRANOYA」の新店舗・・・イベント・セールごとにコーナーづくりを行い、進化を続ける店内!

 

4月の「egg-定例会」

 

*西日本地区定例会・・・中止!

○新コロナウイルスの影響を考慮し中止!

○5月〜6月に状況を見定め再開する予定

 

*東日本地区定例会・・・予定通り決行!

無料体験参加者募集中!

○開催日時:4月23日(木) 13:00〜17:00

○開催場所:「リフォームやました」(神奈川県厚木市)

 

無料体験参加 のお申込み・お問い合わせは下記 E-mail から

info@niwagatari.com

 

「木の文化」は、まだ生きている(飴村雄輔著) 連載第6回

<「木の文化」は、まだ生きている>・・・購読は左をクリック

 

2:伝統建築の理論と在来工法の実態①

 

2-1 伝統的木造軸組み工法の考え方とその理論

本来の日本建築「木組技術」とは果たしてどのようなものだったのでしょう。

日本には数百年、いや千数百年に及ぶ伝統的な木造建築物がまさに歴然と各地に残っています。これらは長い歴史の中で、それこそ幾度も大地震や水害に遭っており、それを乗り越えてきた建物です。では何故それだけの耐震性、耐久性をもっていたのか?伝統工法とは一体どのような力学理論の上に成り立っているのか?まず、その検証をしてみる必要があります。

日本建築とは柱と梁を組み合わせたいわゆる「架構式構造」が基本ですが、寺社仏閣や古い民家等の作りや納まりをじっくり観察してみると、その構造と様式は、大変よく考えられていることがわかります。まさに伝統建築物は先人たちの知恵の宝庫です。

ある日突然、天才が現れてこの建築構法を発明したわけではありません。大工棟梁は、建物の耐久性に対する工夫と知恵を凝らし、何代にも渡り試行錯誤と失敗を繰り返した上に、あみ出した技法を後世に伝えながら、膨大な時をかけて洗練された技術を築き上げてきたと考えるべきです。これが伝統建築技術といわれるものです。元々は、日本にも古くから神社建築などに代表される建築様式はありましたが、6世紀ごろ仏教の伝来とともに大陸から寺院建築の原型が伝わり、それが全国に伝わっていったと思われます。

しかし大陸と違って日本は地震国であり、また台風の通り道でもあり、当初はその伝来した原型のまま建てたのでしょうが、その後天災で何度も傷つき倒壊したと思われます。その度に当時の大工は知恵を絞ったのです。結果、伝来してから数百年かけて日本独自の災害に強い構造体に仕上げていったと考えられます。

 

歴史上の戦いで焼け落ちたものや、地震で倒壊したとか、風水害で大損傷したというはっきりとした記録の残っている建造物の跡地も各地に多く残っています。結局、再建されないまま歴史の中で消えていった建物も多くあったようです。かつての大工棟梁は、天災で倒壊していく様子を肌で観察体験し、検証し、その度に、建築技術を改良させてきたのです。

そう考えれば、再建されたものも含めて、少なくとも現存している建築物は、その後何度も災害を乗り越えられるように造られた建築構造物とみるべきです。ですから耐えて現代まで残っている古い建物にはそれだけの理由があるはずです。これらを細かく観察することで、伝統の軸組理論の本質を理解できるのです。

その伝統的な木軸理論を紐解くにはまず、木材という素材の特性を良く知ることに戻らなければなりません。木材の力学的物性、素材特性がわかればわかるほど、木を知り尽くした先人達の知恵と技が納得できます。

 

伝統木造建築力学の基本的な考え方とは何だったのか、を考察して、気付き学んだ事をいくつか紹介してみます。木造軸組の建物がどのような構造物か簡単に表現すると、常に揺れている構造物であるということです。

木材は鉄や石とは違って柔らかい生物体の塊ですから、しっかりと組み上げても外圧を受けると微妙に揺れ振動しているのです。揺れることで外圧を吸収し、揺れながら全体でバランスを取りながら安定状態に戻ろうとする弾性構造物なのです。現代でいう免震構造になっているのです。

体に響くような振動ではないのですが、厳密には常にその柔らかい微妙な振動状態で建物が存在しているとイメージしてみてください。ただし、揺れながら元の安定状態に戻るのは、その復元力の根源となる力がなくてはなりません。その強い復元力を発揮する条件とは何なのか。

これには大きく分けて三つの要素があると考えられます。

第一に、まず柱や梁などの構造部の継ぎ手がつながっている部分に確実に力を伝えられる仕口形状になっていることが大前提です。継ぎ手が緩くて部材がお互い密着していなければ力が全体に伝わらず、折角の復元力を生かした木組が機能しません。凸凹で組み合わせる継ぎ手部分の加工は、お互い微妙にサイズを変え、入り込むほどに密着するように工夫されています。また要所には、打ち込み木栓なども有効に使って継ぎ手を絶えず締め付けています。

図-05木栓を使って締め付ける継手

 

 

 

 

 

 

 

木栓を使って締め付ける継ぎ手

 

今日と明日は相談会♪

おはようございます。リフォームやましたの田中です。

コロナウィルスの影響で色々なイベントの中止が発表されておりますね(;^_^A

弊社でも4月に行う「春の大感謝祭」をどうするか検討中です・・・。

 

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、リフォームやましたはホームストア併設の会社になります。今までリフォームのホームページはありましたが、ホームストア側のページがありませんでした(;^ω^)

・・・が、この度出来ましたのでご案内させて頂きます!

 

https://hs-yamasita.net/

☝まだまだ「ホームストアヤマシタ」と検索するだけではなかなか出てきません(;^_^A

 

さて、今日と明日はエクステリア相談会です。

この2日間10:00~17:00の間はエクステリア相談の担当者が常駐しておりますので、お庭やフェンス、ブロックのお悩み事がありましたらご相談ください。

 

2020.2月表

 

 

 

 

 

 

2020.2月裏

 

 

 

 

 

 

 

「木の文化」は、まだ生きている(飴村雄輔著) 連載第5回

<「木の文化」は、まだ生きている>・・・購読は左をクリック

 

1:何故、木材は使われなくなったか③

 

戦後からの住宅事情と林業の変遷

 

まず、ここまで来てしまった戦後からの住宅と木材業界の経緯を検証してみます。戦後間もない頃、木材の流通源はもちろん国内林業にありました。

すっかり荒れ果てた山に、戦後復興の貴重な資源として、まず全国一斉に杉、桧などの建築用材となる針葉樹の植林が押し進められました。この時、それまでの混合自然林もかなり人工林に変更されていったようです。これは、それまでの自然林から採取した薪や炭が主材であった生活用燃料も、今後は一斉に電気やガスに変更していこうという国のエネルギー改革の大きな転換政策にも合致していたようです。

国有林はもちろん、民有林に対してもそれは国策として励行されました。木材市場は一気に活況を呈しましたが、植林した樹はまだ伐採期に至りません。そこで圧倒的に不足する住宅事情を抱え、政府は木材輸入を少しずつ緩和し、ついに1964年木材輸入を全面自由化します。

このころ住宅業界は団地型集合住宅を量産し、1970年代に入るとマンションブームとなり、住宅造成工事と分譲住宅ラッシュになります。輸入木材は一気に全国に広がり、内地材の相場は崩れていきます。それでも地方ではまだ昔ながらの和風住宅が求められた為、内地材は一定の需要があり市場にも結構流通していました。

このころから合板ベニヤがすっかり一般化され、これらの技術を駆使して新建材と称される合板下地にプリント紙や単板を貼った床材や内装材が流通し始めます。続いて石膏ボードやスレートの屋根材や外壁専用商品も登場します。

追いかけるように金属製品やコンクリート製品、その後樹脂製品もいよいよ登場し、住宅の内外装材は木材や土壁に代わってこれら工業製品がたちまち席巻していきます。

1974年にはツーバイフォー工法が登場します。1980年代からは北欧風の輸入住宅も上陸し、内部仕様はますます洋風化に移行し、新たな色とりどりの建材が生まれてきます。

このころ、木材林業は内地材の需要低迷と相場の落ち込みで、各林業組合も深刻な状況にありました。山麓の製材所の一部は閉鎖に追い込まれ、内地材から外材丸太挽きに転向していく工場も増えていきます。林野庁は戦後植林した国有林の間伐材の用途に困り果てて、住宅や各業界に提案を募り、一方、民有林ではほぼ間伐も出来ず放置状態になります。

 

1980年代に登場したプレカット工場は輸入材を主材にした構造材を使って大手ハウスメーカーと連携し量産体制に入ります。バブルが崩壊した90年代に入ると、プレカット工場はさらに全国に広がり、それまで木材の継ぎ手を自ら加工して家を建てていた大工達は急速に減っていきました。

2000年代、住宅は益々工業化を目指し、ハウスメーカーは工期短縮と仕様の統一化を図ります。プレカット工場の構造主材も変形の少ない集成材が登場し、広まっていきます。建材メーカーも競争激化の中にあり、分厚いカタログで販売網を広げ、ネット販売も始まりました。一部商社は輸入建材や特殊な輸入木材の取り扱いに走りだします。このあおりで国内の木材問屋や木材販売店、金物店などの廃業、倒産、転業が相次ぎます。

 

一方、国内の林業は一斉に伐採期が近づいているにもかかわらず需要の低迷は続き、伐採した丸太はパルプ、チップ用材として多く転用されていきます。

2010年代に入ると国内の伐採木材は集成材にも使われるようになり、バイオマス需要、さらに構造材用「CLT」にも内地材が転用されはじめ、今では柱や梁材を大きな丸太から綿密に計算して木取りを進めてきたかつての製剤技術もこの流れの中では特に必要とされなくなり、各製材所の体制も見直しと共に今では後継者問題が深刻化しているようです。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

 

 

 

これが戦後から現在までの住宅事情と木材流通、国内林業が歩んできた70年の激変の歴史です。簡単にざっくりと追ってみましたが、こうして歴史をなぞっていくと、戦後のひっ迫した住宅事情の問題解決と、急速な経済復興を目指した日本にとって、国内林業と木材流通業界を犠牲にしてきたのは、避けられなかった事情なのかもしれません。

そして高度成長期の住宅の量産体制への対応は、ある意味、輸入木材と建材メーカーのおかげで達成できたことであり、当時多くの人たちの夢であったマイホームを実現させた原動力にも大きな役割を果たしたことは間違いありません。

ただ、時代の流れでその後、仕方なく消えていった業界や、消えていった業種、業者や職人たちはともかくとして、この四半世紀の「ツケ」が今、結果として現代社会の中でどのような実態になっているかを、ここで、きちんと整理しておく必要があります。

でなければ、この流れを放置したままの延長線上には、取り返しのつかない大きな社会問題が待ち受けているような気がするのです。

 

次のページ »